だれにも見られたくない 

November 30 [Thu], 2006, 0:50
誰にも見られたくない心の闇
本当に見られたくない
だからここに書いてるの

話そうかな
話さない?
どっちにしよう
客観的に見れば
私が友達見るみたいに
簡単な問題かもしれない

はぁ
しばらく自分で考えよう
これで卒論もTOEFLも精が注げないなぁ
やるしかないけど

終わったの? 

June 06 [Tue], 2006, 0:41

終わったの?

無になったの?

あのこの表情みたいに。
あるいはあのこの遠くを見つめる目みたいに。

無表情なあのこをあいつはゲームと言った。そうだったんだ。また一つ感性を学んだよ。子供の人間ゲーム。日焼けした、地の底の人間の生活をして、厳しい日々のあいつ。今日は母親の強さを感じたと言う。母親という女。その魅力。

ないものねだり。そんな感情。みんな自分のいいところを忘れて、ないものねだり。それでも、やっぱり、ないものねだり。
そこからの成長とあいつは言う。

そう、わからなくていいんだよ。私がわかってればいい。文脈も無く意味も無い言葉の世界にいる私と、言葉の世界に疲れたあいつの友達、京大のブンちゃん。

影よ、私の思いを受け止めてくれ。吸い取ってくれ。相棒、あなたはいつも抱えきれないほどのものを背負って歩く。生まれたときから、いったいどれだけの経験をしてここに来たのだろう。今の世は楽しいか?今までの数々の一生でどれだけ「経験」して、どれだけ悟ってきた?そして相棒、太陽があるときは明るすぎて人前には出ないんだ。私の後ろなんかに隠れたる。月夜の暗闇ではやっと安心して私と一つになる。それでさえ明るい月光には敏感に反応する。そんなに見せるのが怖いか?見られるのが怖いか?そうではない。明るい時だって暗い姿で存在する。それは一部の姿。それは本心をかすれる姿。それは。。。。


6月5日00:19のmixi〜〜今日は寒かった 

June 06 [Tue], 2006, 0:40

息つく間もなく書く文字。

大切なもの。
考えた、感じた。
大切なものは普段思っているものではない。普段自分が大切と感じているものではない。大切なものは、忘れているもの。根底に、あるようでないような、かすかにかすれる一瞬。その場面と同じ瞬間に遭遇したとき、大切なものは現れてくる。そのときに戻ったかのように、そこにいるかのように、幸せなままで、まだそれが幸せと気がつかないとき、もどらないとき。

キャバクラ嬢がコンビニに入る場面。若い母親が子供をベビーカーに乗せて店前に置いたままコンビニに入る場面。重なる二枚の透明なスライド。同じ角度で見ているコンビニ。見上げれば昨日よりもぼやけた月。見下ろせば今日は虚しい胸。

楽しいと感じるのは事象か、人象か。最近それがわかったかもしれない。そのあとの心のタンク。それに聞いてみれば答えてくれる。途中で聞いてもだめ。答えてくれない。心だって麻痺するときあるんだから。でも終わってからはすごく訴えてくる。それならもっと、前とか途中に言ってよと責めたいけど、それは言うこと聞いてくれない。私の芯だもん。

歩道橋で、ときを楽しみたいがために留めた足。歌を聴きたいがために下を見ていた。あいつにあこがれ、あいつになりたいと思ってかけた声。それでもあいつになれずに終わる会話。

自分で決めた持ち様。自分で決めた幸せ。決めたと言うより感じたの。それで私は満たされた。対象人が笑顔ならそれだけで満たされた。女も居場所も全てを構わず、笑顔なら、私は何でもしたい。21歳には大きすぎる魂。

それでもそう、自分で誓ったことでさえ、汚い物欲に負けて、虚しい後影を残して、これからも生きるのか?


 

May 31 [Wed], 2006, 0:35

弱いかどうか。その変化は
自分の心の持ちよう
自分で踏ん張るしか強くなれない
踏ん張ろうとしなければ
弱いまま。


離れていても、寂しくても、頼るのは、たやすい。
そこにある男たちの誰でも捕まえて、心の隙間に入れようとすればいいだけの話。
隙間にフィットする人ならばそれもよし。フィットしない人ならばそれもまた良し。ただいずれも私の人生線に長い点や短い点を残すのみ。

すべてのものを耐え抜いたときに得られる達成感。充実感。信頼感。根底に有る深いつながり。それはこの人生線を色濃く彩どるカラーとなり、私を形成するものとなり、私の一部となり。私が包むものとなり、私を包むものとなり。


行為が能動と受動の繰り返しで生ずるものならば、あなたは私に世界をくれ、世界は私にあなたをくれた。
そうして私はあなたに包容を与えんと欲する。


 

May 27 [Sat], 2006, 21:25

今日も高いヒールでツカツカと坂を下って、先に見えるものを期待してもやはり、空虚がいつものように見えるだけの星空。


つらくても充実して満たされている光との時間。満。
楽しくて身体的に満たされる影との時間。虚。


君は私の太陽。そして自由で気ままに去って行っては現れる。心をきつく掴んで中毒にさせるとパッと離す奔放。


明日のことは考えず今このときを考えよう。教わった輝き。得た喜び。それだけで、私は満たされるというべき。あの南米の音楽のように。あなたの旋律のように。海辺を歩くような弾き方で。あなたの生き方で。あなたの考えで。あなたの全てで、私を染めたる。


そうでさえ、太陽が無い夜は、綺麗な月にも気がつかないで、石に頼ってしまう。そこらへんの。

jean 

May 25 [Thu], 2006, 23:42
落ちてたね。何とかあがってきたけど。
こんなにもあがったり下がったりするのは起伏が激しい私ならではですな


自分なりに走ってもこけるんだぁ。私ひょろひょろしてるから。風にも吹かれたら飛ぶし、雨にも打たれたらペッチャンコになる。そんな季節を必死で、手探りで見つけるべきものを見つけようとする。実はすごくそばにあるのに、気づかないで必死でさがしてるんだ。その過程は、輝いていて、苦しいものなんだけどね。しかもこの過程を体験できる人はごくわずかよ。


今日 

May 13 [Sat], 2006, 23:54
明日、日曜日は学校で組んでるサークルのバンドが再来週にライブやるんで、サークル全体でそれにふまえて批評する日です。批評会。本番じゃないけど、本番よりもみんな耳を立ててきついコメントしようとしてるから気が気じゃない^^;
今日、土曜日は久しぶりに休みの日ができたので昼まで寝て、それから買い物しました☆ここ最近はメッチャ買ってご機嫌だけど、ちょっとお財布がかわいそうです。。。。
いいんだ!私はもっと自分に甘くても良いんだと思う!いつも自分を酷使してる分、自分へのささやかなご褒美も必要だと、こういうときは言い聞かせてるんだ♪そうじゃないと、いっぱい買い込んだ自分を責めてしまうんです(;;)
来週からは卒論の発表が始まるし、めちゃ長い英語の論文も読むんだ。それは明日が終わってから考えようかな。じゃないと圧力で寝れないわ。。。。

健太郎 

April 25 [Tue], 2006, 0:20
けんちゃん、いつ来るの?いつあえるの?うちらはどんな関係になるの?わからないね。このままの関係の方がいいとはおもう。でも抑えられない思い。理屈での納得と、感情での高まり・期待・心。
ひろがいるのに。でもひろは独立してるといった。私も独立しているね。

ひろ 

April 25 [Tue], 2006, 0:14
ひろが30日に来ると。昨日のメールで知った。今日急いでリンクスに電話。キャンセル不可。なので6時までバイト。ひろは5時に帰る予定。だめだな。あえないな。
群馬から帰るときにも、時間は無いらしい。会いたい。抱きたい。へこむ。
そしてママのmsn。英語の勉強を散々言われ、なんとか当たらずに耐えた。寝るといって切った。今日は促しが聞きたくない。へこんでるから。
今日は件からのメールもなし。私はひとり。いつもひとり。さっきひろとの電話で、何で棄てたの?と聞かれた。すてたのか?私が悪いよ。すげて私のせい。それでいいんだよね。それで全てがうまくいくなら。

私は外が黒で中が白と言っていたね。そしてけんちゃんの色が必要なのかもしれないと。だから惹かれあったのかも と。 

April 18 [Tue], 2006, 23:33
彼氏とはもう完全に性格が合わないとおもう・・・・こんなに合う人と いてからは。

彼氏への気持ちの変化と新しい出会い。相互に作用する。のかしないのか。

sun well over the rainbow

just one word.
nothing else.
i just need you in my life.
you can brought me happy.
you can brought me new senses.
you can,,,
but you are not belong me.
i know you feel me as much as i feel you.
but you are not belong me. not belong my life.
two life. two different life.
you are special man to me.but we living different way.
that is reality.


日記はその人とのこと。
合うよ。話も感じ方も。一線越える直前までたどり着いた。
ただ、生きる道が違うの。
そしてお互いが大切な故にそれ以上の関係に踏み込めない。一線はそこで区切られた。濃い二日間だったけどいろいろ考えされられたし、影響受けたよ。この人との事のあと、わたし以前より対処能力が上がったと感じた。
それが書きたかってん。ほんま下手な英語。

22日はナポレオン展に行くよ。関井美佳と3人で神戸に。たのしいのかなぁ。けんちゃん。好きというか、大切。そうか、そういうことなのね。やってないから、「大切」に思えるんかも。
いままで散々やって来て、やってもやらんでも同じだと思ってしまってた。やっぱりあなたが正解だよ。イッタ顔を見せてしまったけど、それは私の一面として認識して。まぁしてくれるやろうけどね、けんちゃんなら。
私は外が黒で中が白と言っていたね。そしてけんちゃんの色が必要なのかもしれないと。だから惹かれあったのかも と。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ranran686〜あのとき〜
読者になる
Yapme!一覧
読者になる