【 更新情報 】

 

変化してきた最近のランドセルの動向

ランドセルの定番と言えば、以前は男の子は黒で女の子は赤でしたが、最近のランドセルは、カラフルで高島屋が12色、イオンは24色など、さまざまなカラーを出しています。ある調査によると、女の子は最も人気がピンク系で47・5%、次に赤が32%、青系も7・5%だそうです。男の子は昔から変わらず黒が62・5%を占めていて、その次に青系が18%です。

また、キャメルなどの茶色系も人気になってきていますが、これは、高学年になっても飽きなかったり、どのような色の服を着ていても合わせやすかったりすることが、人気の理由です。中には、服の色に合わせられるように、ランドセルのデザインや色の違いで、2個も購入してその都度使い分けている親子もいるようです。

最近の人気カラーは、青色系で商品の約4分の1は青色系になるようです。女子児童もピンク系よりも青系を選ぶ傾向が強まっています。やはり個性を大事にする時代のために、赤や黒といった以前の定番色を選ぶ児童が減少しているようです。

色の好みが多様化していることから、オレンジや、セピア色などを選ぶ児童もいます。以前では、信じられないような時代になってきました。

素材では、人工皮革製と天然皮革製がありますが、加工技術の進歩により、人工皮革製と天然皮革製の丈夫さはあまり差がなく、人工皮革製が主流となっています。売れ筋の価格帯は、高島屋のある店舗の場合ですが、4万5000〜5万5000円となっています。ブランド物ですと、8万円以上するものもあります。

ランドセルはほとんどが、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚の方から贈答されるケースが多く、自分の子供さんに買う方は約25%程度だそうです。しかも近年は、ランドセルの贈答率が増えている傾向にあります。

親御さんは、安全面への関心が非常に高いということで、現在では、防犯ブザーを装着する金具は標準装備になりつつあります。また、暗い場所で車のライトなどに反射する反射材をつけているものも多くあります。

ランドセルの選び方

最近では、さまざまなランドセルがあり、その中からひとつ選ぶとなると、大変困ってしまいますよね?ランドセルは、毎年買い換えるような消耗品ではありませんから、基本的に、小学校生活の6年間、ずっと使い続けるものです。それでは、ランドセル選びのポイントを少し紹介します。

購入するときに、まず第一に丈夫さと使いやすいさを充分に確認することが重要です。一番安心できるのは、ランドセル工業会の「保証」マークのあるランドセルを選ぶことです。このマークのあるランドセルは、社団法人日本かばん協会が認めた、品質を保証できるランドセルということです。

素材ですが、革か合成皮革のクラリーノかを決めましょう。しかし、どちらにしても大事なのは、表面の加工が強いかどうかです。加工がしっかりしていれば、傷やシワになりにくいものです。また、中の仕切りが2つのものが一番使いやすいようです。仕切りが3つの方は、それぞれのポケットが狭くて、教科書を入れにくくなってしまいます。

女の子に人気のキャラクターものですが、使い始めの頃は気に入っていても、何年かすると飽きてしまう場合もありまので、将来のことを考えて選ぶようにしましょう。それにキャラクターの使用料だけで、かなり値が高くなっていますので、できれば避けた方がいいでしょう。どうしてもキャラクターものがいいと言うのなら、筆箱や手提げかばんなどの小物にすべきです。

ランドセルを選ぶコツとして、まず、背負い安いかが重要ですので、売り場に行ったら、子供さんに実際に背負わせてみてください。背負ってみて、肩が痛かったり大きな負担がかかるようなら、それは子供に合わないランドセルということです。体に負担をかけたり、トラブルの原因になりますので、注意が必要です。

また、ランドセル毎年モデルチェンジをしますので、決まった量しか生産しないため、遅くても2月末までに買った方が良いでしょう。モデルや色によっては、品切れしてしまうこともあるそうです。

ランドセルの正しい使い方と手入れの仕方

ランドセルを長持ちさせるための正しい使い方を紹介します。まず、背負いひもを適当な長さに調整することです。きつくしすぎては、身体を圧迫することになり疲れてしまいますし、逆に、ゆるくしすぎると背負ったときに違和感がでます。ランドセルと背中の間に、子供の手が入るくらいの隙間ができるのが理想です。

近年では、交通安全のために、黄色いランドセルカバーを無料で配っていますが、ずっとかぶせたままにしておくと、はがすときに革の表面が傷ついてしまったり、剥げたりしてしまうことがあります。少なくとも週に1 回は、カバーを外すように心がけてください。また、冬にランドセルをストーブの周りに置いたりしなよう注意してください。その熱で、ランドセルが変形してしまう場合があります。

長く使い続けられるようするには、ランドセルの手入れが大切です。ランドセルが雨や水に濡れてしまったときに、そのままにしておくと、革が硬くなりひび割れてしまうことがあります。濡れたときは、すぐに乾いた布で拭いて、日陰に干してください。また、夏に汗をかいたときは、よく拭いて日陰に干してください。さらに効果的なのは、10日に1度くらい、全体をクリーナーやシリコン液で拭くと良いでしょう。

次に、汚れが目立ってきたときの手入れの仕方ですが、天然皮革のランドセルの場合は、専用のクリーナーで汚れを拭いたあと、シリコン液かワックスを、布などにつけてよく全体を磨いてください。そして最後に、湿気を吸い取りやすい布で、空拭きするときれいになります。

また、合成皮革のランドセルは、汚れた部分を中性洗剤を使って拭いてから、よくしぼった布で水拭きをします。そして、天然皮革と同様に、シリコン液やクリーナーで拭きます。

最後に、ランドセルの表面が硬くなってしまったときの対処法ですが、保革油を少し塗り込むと、だんだんと柔らかくなってきます。しかし、保革油をつけすぎると、革が柔らかくなりすぎてしまうので注意が必要です。自分で手に負えないようなときは、購入したお店でアフターサービスを利用するようにしてください。

学習机を選ぶときのポイント

初めて学習机を購入する時というのは、小学校に入学する時だと思います。その後、中学校、高等学校まで使い続ける人が多いのではないでしょうか。

人は成長するにつれ体型も変わってきますし、その体型に合わせて学習机使用方法も変わってくることと思います。また住宅事情によって机のレイアウトを変える必要があるかもしれません。

以前の学習机といえば、デスク本体の右側に3段ほどの引き出しが付き、デスクの天板の奥に書棚が配置されているようなものが主流でしたが、現在では、3段ほどの引き出しのついた収納スペースはワゴンとして独立し、書棚も本体から取り外すことが可能であるタイプも多くなりました。そのため、子供の成長に合わせて学習机の配置を変えることができますし、学習机のレイアウトも変更できるようになりました。

このような、自由にレイアウト変更が可能であるタイプを選択すれば、長い期間使用できることになります。
学習机を購入する際には、学習机のサイズも重要なポイントの一つになります。学習机を購入したのち、スペースが確保できずに四苦八苦するということもよく聞く話です。部屋のサイズや間取りをよく考えて、置く場所を決めてから選んだほうがいいでしょう。

その他に、外からの光をできるだけ効率的に部屋に取り込めるように窓の位置や、電源からの延長コードが複雑にならないようにコンセントの位置など考えなければいけません。また、兄弟で共用している部屋であれば、将来学習机は増えていきますので、将来のことも考えて部屋のレイアウトを行ったほうがよさそうです。

デザインを優先するあまり、機能性に欠けている学習机もありまが、機能性に優れていれば勉強の効率も上がってくると思います。実際に学習机をしていくのは子供ですので、子供の立場に立って学習机を選んであげましょう。

学習机のチェアーも大切

学習机に向かって勉強する際は、必ずチェアーに座ることになりますので、学習机を購入する際は、多くの人がチェアーも同時に購入すると思います。チェアーの選び方は、どのような基準のもとに行ったらいいのでしょうか。

子供の身長は毎年確実に伸びていきますので、身長が伸びるごとにチェアーを購入するわけにはいきません。したがって、多くの人が、身長に合わせて高さを調整できる機能を備えたチェアー選んでいます。

勉強の進み具合や効率は、チェアーの座り心地が影響することがあります。そのため、正しい姿勢で座ることができるチェアーを選ばなくてはなりません。正しい姿勢で座るために座面の高さと身長がマッチしていないと、目の高さと天板の位置が適当ではないため、読み書きがしにくくなるばかりか、視力の低下につながります。

また、座面の奥行き寸法が正しく確保されていることも大切なことです。座面の奥行きが必要以上に深いと姿勢が悪くなり、猫背になる可能性があります。逆に浅いと身体を支える面積が小さいものとなるため、身体が安定しません。

さらに、正しい位置に背もたれがあって背中を支えることも重要なポイントになります。長時間座り続けても疲れないためには、正しい位置で背中を支える必要があります。

学習机を選ぶ時は、デスクのデザインや機能性に目を奪われてしまいがちですが、このようにチェアー選びも非常に重要なことであることが理解できると思います。

学習机のライトも重要

学習机には必ずライトがついてきます。
学習机の色やデザインや機能性は検討するけど、ライトのことはあまり考えがいかない、という人は多いのではないでしょうか。しかし、このライトは重要なポイントです。勉強する時には勉強に適した明るさがあり、読書をする際には読書に適した明るさがあります。

どのくらいの明るさが必要なのというと、日本工業規格では照明に関する規格が定められていますが、ごく普通の暮らしには300ルクスの照明の明るさが必要といわれています。また、読書に最適な明るさは500ルクスから750ルクスぐらい、勉強に必要な明るさは750ルクスから1000ルクスが適当であるといわれています。

つまり、学習机におけるライトは500ルクスから1000ルクスの明るさを確保する必要があります。
さらに、インバータ付きのライトであれば、光がちらつくこともないので目が疲れません。学習机のライトには一般的に「電球色ライト」と「昼白色ライト」がありますが、学習机には「電球色ライト」が適しているようです。電球色であれば集中力が高まり、リラックスすることができると言われているからです。

また、学習机のライトの中には「電球色ライト」と「昼白色ライト」を切り替える機能が付いたものまであります。ライトもデスクと同様に、よく考えて購入したいものです。