【 更新情報 】

ランドクルーザー80の燃費&維持費

ランドクルーザー80の燃費&維持費についてですが、ランドクルーザー80は1ナンバーと3ナンバーと8ナンバーの3タイプがあります。
3タイプから車検や自動車税を分けると
・1ナンバーは毎年の自動車税は安価ですが毎年車検が必要になります。
・3ナンバーは毎年の自動車税は高価なのですが2年に1回の車検なのです。
・8ナンバーは毎年の自動車税は1ナンバーと3ナンバーの間位の価格であり、車検は2年に1回になります。
そうなるとランドクルーザーの一番お得な維持費は1ナンバーになりますね。 車検は毎年ですが、毎年払わなければいけない自動車税が地域で異なりますが18,000円程度になります。毎年車検でもユーザー車検をすればトラブルがなければ約¥60,000ほどで済むでしょう。
自動車保険もよく調べて保険会社を選べば、維持費は安くて済むのです。
あとは燃費ですよね。ガソリン代はディーゼル車でしたら燃費もあまり悪くないようです。ランドクルーザーのガソリン車は4.5Lですからさすがに悪いとしか言えません。
ディーゼル車ですとガソリン車よりは燃費も良く、燃料費も安く済みます。
維持費の面で欠点が二つほどあります。1ナンバーにされた場合、高速道路の料金が中型扱いとなり高くなるのです。高速道路をよく利用される場合はランドクルーザー80のオーナーになられる方、購入時に注意しましょう。
ランドクルーザー80はご存知の通り、その存在感もありますが、ボディーがやたらと大きいです。魅力でもありますが、その大きさゆえ駐車場料金が高いのです。
ランドクルーザー80は自分のライフスタイルにあった購入をしましょう。

ランドクルーザー80の中古車選びのポイント

ランドクルーザー80の中古車選びのポイントですが、ランドクルーザー80は初期モデルから通算すると15年以上が経過しています。ですが、人気の高いランドクルーザー80なのです。国産車とは思えない大きなボディーであり、海外の方も認めるその全く壊れないエンジンは有名なのです。走破性にも優れていて前後コイルリジットの採用で高性能であり、その豪華さはラグジュアリーカーとしても引けを取らない車なのです。
ランドクルーザーの人気は衰えてなく中古車市場でも高値で取引される事が多いそうです。中古車選びの参考にランドクルーザー80の分類をして見ます。大きく分類して3種類あります。
・初期型(発売期間1989年10月〜1992年10月)前身のランドクルーザー60からの大幅なモデルチェンジをしてデビューしました。
・中期型(発売期間1992年10月〜1995年1月)オートマティックギアが電子制御となりました。ブレーキローターが15インチから16インチへ拡大されました。車高を4cmローダウンしてオーバーフェンダー部分をワイドにしました。
・後期型(発売期間1995年1月〜1998年1月)ディーゼルエンジンが12バルブ方式から24バルブ方式へと変更されました。
これからランドクルーザー80の購入を検討するならポイントとして後期型にする事。 燃費を考えディーゼルターボ車を検討するのもいいでしょう。基本的にカスタムチューンされていますノーマル車を選びましょう。エンジンルームにはサビが少ない事を確認します。整備記録が残っているものであり、やはり走行距離は出来るだけ少なく10万キロ以下のものがよいでしょう。但し、ランドクルーザー80は世界も認める頑丈な車ですから多少は安心かのかもしれません。ランドクルーザーは中古車市場での需要はありますので値落ちしにくいのでいろいろと車屋さんを見て回る事をお勧めいたします。

ランドクルーザー80のカスタムパーツ

ランドクルーザー80は1989年にデビューし、それまでのランドクルーザーと違った丸みを持ったボディと内装の豪華なSUVとして人気があります。トヨタのランドクルーザーは豪華な印象のあるSUVなのですが、その分価格も高価なのです。豪華さとは打って変わりオフロード時の走破性も実力を持っています。デビューから今日まで、評価の高い人気を持っているSUV車なのです。ランドクルーザー略してランクル80はカスタムされる方も多く、ランクル80用のカスタムパーツも豊富に発売されています。ランクル80のパーツはネットショップやオークションでも検索するランクル80のオーナーにとって楽しみでもあるのです。カスタムするには自分のランクルのイメージや用途に合ったパーツを選ぶことが大切です。ランクル80のパーツ中には、純正パーツもありますし、他社から出ている専用パーツもあります。自分のランクル80の仕様や年式を確認することが大切です。
ランドクルーザー80のカスタムパーツにはバンパー、マフラー、ウインチバー、タイヤホイールなど沢山のカスタムパーツがあります。人と違う個性的なカスタムパーツを利用してカスタム化するのもよいのではないでしょうか?
購入についてはネットショップで確認するのもよいでしょう。ランクル80のカスタムパーツを見せているネットサイトは沢山あります。参考にしてどんなカスタムパーツがあり、どのようなスタイリングに見えるか知ることができます。
一層楽しいカスタム造りになるのではないでしょうか?