らんちゅうの餌の選び方/えさのやり方

迫力ある頭、太い筒、上品で力強い泳ぎ…
自分が狙ったらんちゅうができる。
今回DVDでは、らんちゅうの形質を頭・胴・尾型の3つに分類しました。
とくにそれぞれの特徴について理解を深めてもらうため、
実際に泳いでいるらんちゅうの映像に山田さんご自身の解説を
付け加えて
収録しました。
これを見れば、理想のらんちゅう作りも思いのままです。
らんちゅうにとって本当によい餌とは。
らんちゅう飼育の要である餌。
DVDでは、
山田さん自身が実際に使っている餌についてはもちろんのこと、
その餌を使う根拠や餌についての考え方、餌やりの方法
など、
根掘り葉掘り伺い、インタビュー映像におさめています。
これを見れば、
あなたは何がらんちゅうにとってよい餌なのか理解できることでしょう。
肉瘤ののった
迫力ある頭のらんちゅうに育てることも思いのまま!
らんちゅうの頭は、親の系統が非常に重要だと言われています。
だからといって、系統だけでは理想の頭にはなりません。
餌やりと水換えを一工夫するだけで、鰓に肉瘤ののらない
スカッとした龍頭のらんちゅうを作り上げる
ことも夢ではないのです。

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:http://yaplog.jp/ranchu-123/archive/16
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山田芳人
読者になる
現在、私は愛知県の西春日井郡で印刷関係の仕事をしながら、
趣味でらんちゅうを育てています。

2004年の日本らんちゅう協会全国大会で、私の育てたらんちゅうが、
当歳魚部門の東大関と西大関の両方、
さらには二歳魚部門の西大関に選ばれました。

また、2008年の日らん全国大会でも当歳魚で日本一を獲得することができました。