吹きこぼしてもバーナーに入りにくいガスコンロ

April 18 [Mon], 2016, 15:15


ガスコンロで吹きこぼしてしまうと火がつかなくなって
困ることってありますよね。

そんな時にできることといったら、乾くのを待つくらいで、
ヘタにバーナーを外して洗うのもガスが漏れて怖いです。

取り外しに自信がない時はガス屋さんを呼んだほうがいいですが、
6000円前後お金がかかるといいますし、吹きこぼれてガスが
つかなくなるたびにガス屋さんを呼ぶわけにもいきません。

そうなってくるとガスコンロが使えないと困るので、
吹きこぼれたところをキッチンペーパーなどで吸い取ったり、
早く乾くようにあおいでみたり、自分で取り外しができないと
ただ待つしかありませんよね。

このようにガスコンロの吹きこぼしは意外と多くありますので、
バーナーに入りにくいガスコンロを選ぶのもおすすめです。

パロマのラクックはバーナー部分がトッププレートと一体になっているため、
吹きこぼしが入りにくくなっており、お手入れがラクにできるようになっています。

また耐久性の高いホーローで吹きこぼれてもおそうじが簡単です。
しかも魚焼きグリルはフタ付きなので焼き網のような油の飛び散りがなく
庫内の掃除もラクにできます。

調理での汚れがラクに掃除できるラクックのガスコンロについてはコチラ↓