壁紙に落書きさせないようにするにはこの方法 

July 24 [Sun], 2016, 6:04



お子さんが賃貸住宅の壁に落書きをしてしまい焦っていませんか?


子供は自分で動き回れるようになると
常に見張っていないと何をするかわかりませんよね。


落書きもその一つ。
ママと一緒にお絵かきしていてちょっと目を離したスキに壁に芸術的な絵が・・・
こんなことも珍しくないと思います。





ママとしては子供の好奇心を妨げたくないので
本当は思い切り描かせてあげたいですが、いかんせん住んでいるのは賃貸住宅です。


子供がしたこととは言え落書きなどは100%入居者の責任になってしまいます。
それにやっぱり退去の時に高額な修繕費を請求されることが一番の心配ごとだと思います。


でも国交省のガイドライン的には壁紙は6年経つと価値はゼロ円になり、
壁紙を張り替えたとしても入居者負担はなくなります。


言い換えれば、落書きがあってもなくても6年間、
人が住めばどのみち壁紙を張替えるということですね。





ですのでお子さんが落書きをしたとしても
入居して6年間がたっていれば心配することはないと思います。


6年に満たない入居期間でも大家さんによっては壁紙を張り替える物件もありますので、
その場合も入居者負担は少なくて済むこともありますが、
これはその時になってみないと分からないものです。


それに多くの場合、賃貸住宅に使われている壁紙は安価であり、
張替作業がし易い素材になっていることが多く、
材料費も作業費もそこまで高額になることはありません。


それよりも、備品を壊わす、ボヤを起こす、謝って流してしまい詰まらせる、
壁に穴を空ける、などのことのほうがよっぽどお金がかかりますので
そっちの方を注意しないといけません。





でも壁に絵を描くことが教育上問題あるかどうかはさておき、
ママとしては、思い切り、自由に、好きなように描かせてあげたいという気持ちを持っている人も多いと思います。


でも賃貸住宅ではそれが叶わない・・・


そんな時は壁紙用のシールで遊んでみても面白いと思います。
キャラクター、動物、電車、お花、飛行機、食べ物など
沢山の種類のシールがあり、貼り付けるのはもちろんのこと、
剥がすことも簡単にできるので、賃貸住宅の壁紙にも使えるシールです。


またお子さんの身長計のシールもあるので、部屋に貼って成長を楽しむこともできますし、
壁全体に張り巡らすと大幅なイメージチェンジができて
子供部屋の模様替えが簡単にできてしまうのもポイントです。


その他、壁紙の破れや落書きなどの上に貼って
可愛く隠すこともできるのではないでしょうか。


壁紙シールのリンクを載せておきますので、
お子さんの落書きに困っている人や、
子供部屋のデザインを考えている人は是非チェックしてみて下さい。


壁紙用のシールの詳細や使った人の感想はこちらから確認できます
↓↓↓↓↓↓↓↓