アスタリフトのスキンケア

February 14 [Thu], 2013, 17:43
こんな経験ありませんか?

以前撮った写真がいつのまにか色あせている…という経験です。

写真の色あせの原因は、活性酸素による“酸化”現象です。
フジフイルムは、写真プリントを色あせから守るために、製品または成分の“酸化”を制御する技術の開発に力を注いできました。
酸化防止の技術には「ナノテクノロジー」が必要です。
写真フィルムの研究は「コラーゲン」、「ナノテクノロジー」の研究でもありました。
この技術をスキンケアに応用しました。

スキンケアに重要なことは、必要な成分の働きはそのままにし、お肌の必要な場所へしっかりと届けることです。
これは、写真フィルムとよく似ています。
さまざまな働きをもつ成分を、働きはそのままで超微粒子化し、とても薄いフィルムの中の必要な階層へ安定して配置することで、すぐれた写真フィルムが作られます。
こうした独自の「ナノテクノロジー」をフジフイルムは切磋琢磨をして磨き続けてきました。

アスタリフトのスキンケア、「トータル・コラーゲンケア」フォトジェニックスキンのカギは、お肌の「コラーゲン」です。
そこでアスタリフトが目指すのは「トータル・コラーゲンケア」。
お肌のコラーゲンをすこやかに保つために、お肌に総合的にアプローチします。

http://www.kandeland.com/

ラクトフェリンで健康で綺麗にダイエット

January 07 [Wed], 2009, 14:23
遠い昔から、これほどダイエットの方法やダイエットサプリメントが数多く紹介されたものは無いのではないでしょうか。

そしてラクトフェリンは母乳中のタンパク質の約10〜40%を占めています。
出産後の母親からでる初乳は、数日間しか出ない貴重なもので、病院では、たとえ母乳が出にくい母親からも、この初乳を搾乳してでも赤ちゃんに飲ませようとしてるほどの素晴らしい成分がふくまれています。
出産後の数日間だけでる母親の初乳に多く含まれている成分です。

母親の初乳に多く含まれている成分ラクトフェリンを、ダイエットサプリメントに成功させました。
その方の体質や性格という個人的な要素がダイエッテに左右するからだと思います。

ダイエットに関しては、女性の永遠の悩みです。それほど、これが「ダイエットに最適だ」という方法は、有りません。

ラクトはミルク、フェリンは鉄を運ぶ、というところからきています。そしてその成分がラクトフェリンという訳です。
ラクトはミルク、フェリンは鉄を運ぶ、というところからきています。唾液にもごく少量含まれてはいますが、日常の食生活からは、なかなか取りにくいラクトフェリンですが、その貴重な成分を活かし、飲みやすいサプリメントにしてダイエットに貢献しようというのがラクトフェリンダイエッテなのです。

ラクトフェリンは多くの哺乳動物の乳に含まれています。
一言でいいますと、母乳などに含まれる微量の多機能たんぱく質ですが、1939年に牛乳から発見され、ラクトフェリンと名づけられました。
一言でいいますと、母乳などに含まれる微量の多機能たんぱく質ですが、1939年に牛乳から発見され、ラクトフェリンと名づけられました。

とりわけ赤ちゃんを出産した直後の3日間に出る人間の母乳に多く含まれています。

生まれたばかりの赤ちゃんに「母親の初乳に多く含まれている成分ラクトフェリンを、ダイエットサプリメントに成功させました。
そこで、ここでは人間の原点に戻って、科学的にも実証されているラクトフェリンでのダイエット方法を考えてみたいと思います。

サプリメントの一種では有るのですが、母親の母乳や牛乳から発見された画期的なダイエッテサプリですそれではラクトフェリンとはどんな成分なのでしょうか。
出産後の数日間だけでる母親の初乳に多く含まれている成分です。そこで、ここでは人間の原点に戻って、科学的にも実証されているラクトフェリンでのダイエット方法を考えてみたいと思います。
そしてその成分がラクトフェリンという訳です。遠い昔から、これほどダイエットの方法やダイエットサプリメントが数多く紹介されたものは無いのではないでしょうか。

出産後の母親からでる初乳は、数日間しか出ない貴重なもので、病院では、たとえ母乳が出にくい母親からも、この初乳を搾乳してでも赤ちゃんに飲ませようとしてるほどの素晴らしい成分がふくまれています。

サプリメントの一種では有るのですが、母親の母乳や牛乳から発見された画期的なダイエッテサプリですそれではラクトフェリンとはどんな成分なのでしょうか。
ラクトフェリンはまさしくこれら外敵からの攻撃を防ぐ防御因子のひとつなのです。その方の体質や性格という個人的な要素がダイエッテに左右するからだと思います。
唾液にもごく少量含まれてはいますが、日常の食生活からは、なかなか取りにくいラクトフェリンですが、その貴重な成分を活かし、飲みやすいサプリメントにしてダイエットに貢献しようというのがラクトフェリンダイエッテなのです。そしてラクトフェリンというその成分を、飲みやすいサプリメントにしてダイエットサプリメントに成功させたのです。

そしてラクトフェリンというその成分を、飲みやすいサプリメントにしてダイエットサプリメントに成功させたのです。
ダイエットに関しては、女性の永遠の悩みです。それほど、これが「ダイエットに最適だ」という方法は、有りません。

ラクトフェリンのダイエット効果

January 07 [Wed], 2009, 14:21
ラクトフェリンは体の中で酸化した鉄イオンと結合し、これを除去します。
その結果、以下の効果が認められています。

1.抗酸化作用
2.抗炎症、抗ウイルス作用
3.免疫調節作用

ラクトフェリンに関する研究は、日本をはじめ世界中の科学者によって始められております。
そしてその報告内容は以下のとおりです。

1.日本肝臓学会:C型肝炎、B型肝炎
2.日本癌学会:大腸癌をはじめ様々な抗癌作用に関する報告
3.日本ヘリコバクター学界:

ヘリコバクターピロリ菌の除去アレルギーに対する改善作用、胃潰瘍の原因といわれるヘリコバクターピロリ菌の除去などの報告そしてそれ以外にも、抗菌・抗ウィルス作用、腸内環境の改善、貧血の改善、活性酸素の除去など様々な分野にわたる研究報告が行われています。

ラクトフェリンの健康効果は以下のとおりです。

1.活性酸素の抑制
2.抗菌、殺菌効果
  ラクトフェリンは鉄イオンと結合して細菌が生きて行くために必要な鉄分を奪い、細菌の生存や増殖を抑制します。
3.整腸作用
  ラクトフェリンは腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌の増殖を助けます。
4.C型肝炎
  ラクトフェリンは肝炎ウイルスを包み込んで活動を抑えます。
5.ピロリ菌の駆除
  ラクトフェリンは胃、十二指腸潰瘍の原因となるヘリコバスターピロリ菌を包み込み、胃の粘膜にヘリコバスターピロリ菌が付着するのを防いで腸を通過させ、これを体外に排出します。
6.ダイエット効果
  ラクトフェリンには以下の実験により、ダイエット効果(内蔵脂肪低減効果)が認められました。
(1)ラクトフェリンを成人12名に対して1日あたり300mg相当分を2ヵ月間経口摂取させる。
(2)摂取期間中のウエストサイズおよびCT撮影による腹部脂肪面積*2の変化を経時的に測定。
(3)測定結果は腹部CT断面の内臓脂肪面積:22%減、ウエストサイズ:4%減という平均値が得られた。

これによりラクトフェリンには内蔵脂肪低減効果、すなわちダイエット効果があることが確認されたわけです。

ラクトフェリンは熱や酸に弱いという性質があります。そのため通常の食品ではラクトフェリンそのものが胃の中でほとんど分解されてしまいます。
そうなるとラクトフェリン自体の吸収率が非常に悪くために、ラクトフェリンを効率的に摂取するにはサプリメントによる摂取が効果的な方法といえます。

ラクトフェリンで夏までにダイエット

January 07 [Wed], 2009, 14:20
ラクトフェリンは生活習慣病などにお悩みの方に最適の健康成分です。中でもダイエット効果があるとされ、おなかのぽっこりが気になる方や、ウェストのサイズが気になるという方、メタボリック症候群が心配…という方にとても人気の高い健康成分なのです。

ラクトフェリンは多機能たんぱく質で、出産後のお母さんの初乳や新鮮な絞りたての牛乳にもたっぷりと含まれています。「多機能」といわれているのは、今までに様々な研究の成果によって色々な機能があることがわかっており、医療の分野はもちろん、多くの分野から注目を集めているものです。

今年の夏はおなかのぽっこりを気にしないすっきりボディでいられるように、ラクトフェリンダイエットを始めてみませんか?。ダイエット効果を目的としたサプリメントも市販されているので、手軽に毎日ラクトフェリンを補うことができますね。

ラクトフェリンは体内ではほとんど生成されないため、食品で補うことが必要なのです。

ラクトフェリンとはなんでしょうか?ラクトフェリンはヨーロッパの学者によって、1939年に牛乳から発見されたごく微量のタンパク質のことです。そしてラクトフェリンは赤い色をしているため"赤いタンパク質"と呼ばれました。

ラクトフェリンはまさしくこれら外敵からの攻撃を防ぐ防御因子のひとつなのです。とりわけ赤ちゃんを出産した直後の3日間に出る人間の母乳に多く含まれています。

ラクトフェリンは多くの哺乳動物の乳に含まれています。そしてラクトフェリンは母乳中のタンパク質の約10〜40%を占めています。

生まれたばかりの赤ちゃんには外部から侵入する様々な細菌やウイルスからの攻撃に対して免疫力がありません。

P R