どたばたスペイン4 〜ピカソとダリと、ときどきごはん〜

December 23 [Sun], 2012, 1:29

4日目。
ここのホステルは朝、食堂で屈強なおじさんがプラスチックのしっかりしたタッパーに駄菓子みたいなパンをポイポイ詰め込み、オラ持ってけ!ドリンクはサーバーから飲めよな!という方式でした。
スーパーのお総菜にも、100均で売ってそうなわりとちゃんとしたタッパー使ってたけど、(後日写真に載せます) あれ捨てちゃうのかな・・?
で、朝食3日目にしてしみじみ感じたこと。

朝とりあえずチョコ(とパッサパサのパン)食っとけ!みたいなのいくないよ・・・(´・ω・`)
チョコパンにこれまたチョコラテ合わせで朝から舌が痺れてきたので、冷蔵庫から昨日の血のソーセージ出してビスケットパンにはさんで食べました。


隣のベッド?のロシア人のお姉さんとお話したよ。医学生とのこと!


今日は日曜日でピカソ美術館が学割無料!ということなので、早めに出て美術館の方へ向かいました。


UDON屋さんのメニュー。なんで海外の日本料理店って値段すごいのか。


いいこ!!



待機列なっがΣ(°Д° ) 日本人多い!
開館前なんですけどね… そりゃ日曜日だしね・・・


どたばたスペイン3−3 〜建築と、軽食と、日本のマンガ〜

December 22 [Sat], 2012, 15:49

ということで時間があるので、ガウディの建築を見に行ってみようと思います。思いつきです。

いいかげんお腹もすいてきたのですが、お金もないので、効率よくバルセロナ名物を食べたい。
教科書で見て超気になってたスペインフードその2、クレマ・カタラナを求めてメイン道路をうろうろ。(そこまでは地下鉄使いました)
カサ・ミラ下?にあるカフェ外のメニューで発見!ちょっとお高いですが、せっかくなので入ってみます。
というかしばらくそここそがカサ・ミラと気付かなかった。


クレマ・カタラナ[←カタルーニャのクリーム]

・・・さすが名前の通り、カスタードクリームです! うん、ゆるゆるプリン。
ちゃんとしたカフェでして、「お飲み物は?」と聞かれてしまったので、
一緒にカプチーノを頼みました。あわせて9.4€・・・


さてこれがカサ・ミラ。





山をイメージしてると言われれば「なるほどー!」となる。
でもバトリョ邸よりこっちのほうが洞窟っぽいな。
中には入ってません。(入場料がかかるため)
しばらくぼけーっと眺めたあと、つぎへ。



どたばたスペイン3−2 〜エンカンツのノミの市〜

December 05 [Wed], 2012, 2:04

さて、良いお値段の入場料ですが、そろそろ足も痛くなってきたところで、
名残惜しくサグラダファミリアを後にします。


「歩き方」の地図の隅っこのところに、『エルス・エンカンツのノミの市』というものを見つけました。
ノミの市とか・・・すてきなひびき・・・!
指を使って地図上で距離をみたところ、1kmほどあったようですが、行くことにしました。歩いて。

こんな感じ


どたばたスペイン3−1 〜さぐらだふぁみりあ!??!〜

November 23 [Fri], 2012, 23:35

いろいろありすぎた初日を過ぎたスペイン3日目。

部屋の人がまだ眠る中(スペインの朝は遅い)、私は荷物をまとめて
変更後の次の宿へ移動します。
移動する前に食べた朝ご飯。ここはオレンジとりんごと洋ナシ?のようにフルーツが山盛りになっててすごかったです。食べたのはカップケーキと食パンと桃ジュースでした。

毎回、『地球の歩き方』にカモフラのカバーをつけて持ち歩くんですが、(持ち物ページ参照)
今回はコミケでもらったセラムンイベントのチラシを巻いていきました。
それを見て今日の予定を立てながら朝ごはんを食べていると、
ドイツから来たという女の子(同い年くらい)が「Oh!sailormoon!」と笑ってくれたので
「そうだよ。知ってるの?」と聞くと、「大好きよ!ねぇ見て!ガイドブックをsailormoonで覆ってるわ!」と、同行しているボーイフレンドに報告してくれました^^ちきしょううらやま。



海岸のトイレ前。

岬を抜ける時、どっかのおっちゃんに朝から家に連れ込まれそうになった。
スペイン3日目にして悟ったことは、とりあえず全世界のおっさんに通用するということだけはわかった^^


どたばたスペイン2−2 〜濃すぎる初日後編〜

November 23 [Fri], 2012, 20:37

続き。

さきほど、「後半をお楽しみに」ってありましたね。
30分くらい海辺でうろうろしてて、ふとipodが気になって、一度確かめに行きました。


・・・・・(゜v゜;)ン!?
そいえばあまり目印という目印も考えずに置いておいたのですが、
海岸の端から端まで何往復しても・・・・

ipodも短パンもスニーカーもない\(^o^)/
1時間ほど探しても見つからず。辺りはうっすら暗くなって探しづらくなってきました。
パニックになり一度ホステルに戻り、砂だらけの水着姿でもじもじしながら、ルームキーを無くしたことをスタッフに言いました。
とても困惑されて多額の保証金をぶん取られてもう泊まれなくなる・・・!ことを覚悟していたのですが、私の半泣きの報告を聞いたスタッフのお兄さんは
「そうなんだ!財布は?パスポートは無事?それはよかった!荷物丸ごと盗られる人も少なくないからね!君はラッキーだよ!^▽^」
と、鍵を無くしたことをひたすら謝る私に笑って新しいカギを渡してくれました。
もともとカギに保証金(〜5€)が課せられているので、それが返って来るか来ないかの差だそうです。

最悪の事態を考えた私は、電子辞書を部屋のロッカーから出してとりあえず救急救命センター?のような所に行き、
屈強なライフセイバーのお兄さんにたどたどしいスペイン語で事情を話しました。
水着のまんま。ゴーグル首に下げて。
まあ観光地のスリなんて日常茶飯事で、「うーん、届いてないねえ、ごめんねー」という感じ。
そ、そうですよね・・・と落ち込む私が日本人と分かると、聴取?してくれたお兄さん(イケメン)の顔がぱぁぁっとなり、
「ところでカタルーニャはどう!?いつまでいるの?!君は日本のどこからきたの??あっそう言えばそこにいる僕の同僚は去年まで日本に行っていたんだ!ねえマリア??あっ何か聞きたいことある?ていうかもし・・・(ここでちょっと照れる)もし良かったらでいいんだけど連絡先教えてよ!」

私もなんかもうよくわからないテンションになっていたので、「日本の漫画が売っている本屋」を聞き、
「もし見つかったら連絡してくれ」とhotmailのアドレスを教えてその場を後にしました。
ハイテンションライフセーバーさんかっこいい。あんまアテにならないのは知ってた。



wifi天国スペインで、心の友ipodを失くした私。
テンッションドーーーーーーン↓↓ですよ。

はい。それから1ヶ月ずっと落ち込み続けました。
海で泳ぐときは気をつけようね!


−−−−−−ここまでずっと裸足移動−−−−−−

そうはいっても、いつまでも芸術の街バルセロナを裸足でうろうろするわけにもいきませんので、
近くにサンダルを買いにいきました。
ていうか私の荷物持ってった人、いくらPumaとはいえ23cmのレディースをどうするつもりなのか。

土産屋のようなところで少々お高いビーサンを購入した私は、
再び海岸に戻り、海を眺めながら途方に暮れていました。
すると、4~50代くらいのおじさまが「隣に座っていいか?」とニコニコして言ってきたので、
はぁまぁどうぞと横(歩道?と砂浜の境界に座っていた)を譲りました。
聞くとそのおじさんはチェコ出身、海岸から見える高級ホテルに勤務しているそうです。
持っていた缶ビールを一口くれたんだけど、これがまたおいしい!
感激していると、おじさんは私を誘って近くのスパーに行き、ビール買ってくれました。
1缶1€とか安いな!


ビール買ってもらった


そのあとは英語とスペイン語を混ぜつつ、私のことや日本のことをいろいろ話したりしてて、
そのうちおじさんが「夕飯を食べに来ないか」と言い出しました。
まず落ち込んでてあんまり食欲もなかったんですけど、いろいろ危ない話も聞くし、
第一今さっき置き引きにあったばかりなので、そう簡単に信用できません。
「あなたの家じゃなくてどこかお店ならいいよ。」と言うとなんで?なんで?と聞いてくるので
「いや、いろいろ危ないから・・・」みたいにごまかして、じゃあスシを食べに行こう!ってなって、
寿司好きだけどスペインに来たのに寿司かー・・・って思いつつついて行くと、
さっきの観光地系レストラン通りでおじさんの知り合いのシェフに会い、談笑。
そのシェフのお店で食べよう!となりました。
値段高そうだったけどまあスシよりいいかなーと思っていると、
おじさんが「一回家に帰って着替えたい」と言います。
どうやらその間、私もおじさんの家まで行く流れになっている。
私もそこで「私はここで待ってる」って言えばいいのに、その時はなんでかついてっちゃった。
たぶんあんま状況を理解してなかった。


おじさんのアパートはサグラダファミリア近くの、ものっそい山の上にあって、ビーサンでヒィヒィ言いながらついてったんですけど、
おじさんのスキンシップの濃さよ!
もうこの時点で「あーこれはやばいなー」と思ってました。まーたおじさん引っ掛けちまったと。
アパートに着くと案の定「あがってなんか飲みながら待っててくれ」と言うので、
そこは断固として「ここで待ってる」と、アパートの門の外で待ち続けました。
着替えてくるっつったのに、待つこと40分。1回インターホンから呼ばれたんだけど、あがれと言うので断って。
辺りはすっかり暗くなり、通りかかる犬の散歩する人も怪訝にこのアジア女を見ていきます。
ホステルの表門は10時にしまってしまうのに・・・
30分経って、あと10分来なかったらもう帰ろう、と思ってたらギリギリで降りてきました。
もう食欲なんか全然ないんですが、手を引かれながらとりあえずおじさんについていくと、
「ここはいい店なんだよ」と、近くの中国人経営のバーに入ります。
あれ???さっきのレストランは???
おじさんは中国人の若いバーテンに挨拶をして、そのバーテンのお兄さん、私がアジア系だと気づくと
困ったような笑いで会釈してくれました。
おじさんはビール2つを頼み、私にひとつ飲ませます。
さっきも2缶くらい飲んでたのでそんなに飲めないよ・・・!

とうとうそのおっさんはピーナッツをむしゃむしゃしながら私に求婚してきました。
「妻になってほしい・・・本気なんだ・・・・」
いやいやいやいやいや。本気なんだじゃねえよ。
とりあえず唇についてるピーナッツを拭け。話はそれからだ。

最初は「ホステルの門限があるからもう帰らなくてはいけない」とかなんとかやんわり断っていたのですが、そのうち頭にきて、
「僕のことが嫌いなの・・?」「うん!嫌い!!!これ払うからもう帰る!」と、
ビール代2€をカウンターに叩きつけてバーを飛び出しました。

それからの私はビーサンで山を転がるように駆け下りて、ホステルまで数キロを猛ダッシュ。
暗くて道もよくわかんなかったけど、下りゃあなんとかなるだろ!!みたいな。
そもそも私今日ビール飲むつもりじゃなかったってかipod失くしてもうひたすら節約しなきゃ!
と思っていたのに、おごられるどころかビール払っちゃったよ!ここまで来るのに地下鉄使っちゃったし!
アジア女子なめんなふざけんなよ!

おっさんさっき「君みたいな学生よく見るよ、ほら」とか言いながらアジア系の女の子に話しかけて、その子が「韓国から来てて、スペイン語わからない」と言うと、私に「韓国人もいいけど日本人が一番いいよ」なんつってたけど、きっと明日からは「アジアなんか駄目だ」とか言い出すんだろうなあどうせ。


ホステルは案の定表門が閉まっていて、同じく遅れてきた人の後ろから忍び込んで入りました。
その夜はシャワーを浴びる気力も出ず、そのまま寝ました。

どたばたスペイン2 〜濃すぎる初日前編〜

November 23 [Fri], 2012, 18:27

スペインの朝がやってきました。


夜はよく見えなかったけど、ベランダがカラフルでかわいい!

向こうの部屋のベランダに出てたお兄さんと目があって手を振ったり。

昨日シャワーで洗った服と下着はどうにか乾いたので、着替えて、朝食場所へと向かいます。
(スペインの格安ユースは朝食付きのところが多くて有難かったです!)

ここの朝食はこんな感じ。

洋梨が山盛り…!!
唯一ハムとサラミが出たホステルでした。サラミ大好きです幸せ。


詳しくは編集中の別ページにまとめますが、スペインの(ユース)朝食事情。
パン、フレーク、ミルク(+ココア)、カップケーキ… は定番です。
基本、パンにはジャムかチョコなので、甘いもの多めです。飽きます。


とにかく初のスペイン飯(?)を十分堪能した私は、早々に市街地に出ました。
実は寝る前に、この日から4泊するはずの海辺のホステルを1泊にし、残りをもっと安いホステルに変更したのです。

たいていどこでもWi-Fiがあるので便利ですね。

……便利ですね!(後半をお楽しみに)

とにかく、この日のホステルに確認に行かねばと。



ユースにあった図書室。


そこかしこにいた。かわいい


でまあ挨拶して出て数分歩いてからの、


「ここどこだー!」状態。

いやね、空港周辺地図、地球の歩き方に載ってないんですよ。載ってたら昨夜迷ってないし。まあ、ちゃんと調べない私が悪いんですけど。
地名同じの駅がどこかにあるはずなんですが、見渡した感じ、無い。さっきのホステルで聞いてから出れば良かったと思っても戻るの面倒!加えて

…朝から日照り攻撃!?

結局、私のニガテなバスに頼りました。バス停にルートマップがあったので読み込み、これだろ!というバスで、着きそうな時間に降りてから考えることにしました。ワイルド。


そういえば私、いきなりカタルーニャ語圏に我が身を突っ込んでましたね!荒修行!(メキシコ行ったのでスペイン語圏初ではないのですが)
カタルーニャ語は日本でいう「関西弁」みたいな… ※あくまで私の勝手な印象です
方言というよりは、話者の多い、メジャーなスペイン地方語です。なので空港からなんとなく表記が違います。(もちろん共通カスティーリャ語も併記されています)
バス停におばあちゃん方がいたんですけど、カタルーニャ語で話されたら…!?といらん心配をして何も聞けませんでした。


ドコドコ乗ってたらなんと!こんな風景が


エスパーニャ広場、とアナウンスがあったので余裕で降りられました。ふふん。←
この建物、この時は「ヨーロッパキタ…!」とバッサリ撮ったのですが、後で元闘牛場とわかりました。


ここからは分かりやす〜いメトロの看板と、分かりやす〜い?路線図があるので大丈夫!(ドヤ


メトロ10回券を購入し、
謎の自動改札に苦戦しつつ地下鉄へ。
10回券だけタッチ式なんて聞いてないんだからね!!
ホステルはどうやら岬にあるので、岬の根元(?)の近い駅で降ります。
降りた後案の定「どっちや!」となりましたが、
今回の私には100円方位磁石たんがついてる!
それに従い岬の方角へ行きました。ら、

古めの集合店舗住宅(ヨーロッパでお馴染み)がズラーッと。
まんまとトラップにはまった私は、
合っているはずの名前の道で合っているはずの番地近くを5往復。


スパーがあった


ついに根負けして道行くおじさんに訪ねると、なんだかもっとずっと海側。

少々疑いつつ指された方向に歩いていくと――



海だーーーーーー!!!!

輝く青い海、砂浜、埋め尽くす海水浴客、走る人…
テンションMAXを振り切った、海無し県出身田舎娘。
探していたホステルは岬の先端にありました。ロケーション最高やないか。なんだ予約サイト地図。
もうこれあとで泳ぐ。絶対泳ぐ。ここだけのために水着持ってきたし!


さてさて、間違って付属のレストランの人に話しかけながらもチェックインと日数変更と部屋にいたカップルに挨拶を済ませ、いざ・・・歩くよ!(`・ω・´)


海沿いはまさに「観光地!」って感じ。



興奮でノドからからだったので、スペインではじめて買ったものはこれ。
何軒かあったんだけど、朝早すぎて一軒目の人に「まだ凍ってない・・・」って断られた。



ゴシック地区の入り口にある証券取引所。



「ママ!見て!ひこーき雲だよ!」


ママじゃないですね。
意欲に(1492)燃えた我らがコロンブスさんです。コロンブスの塔。
ほんとは上まで登れるみたいです。
ああああ望遠レンズ(壊れてお留守番中)欲しい!


ゴシック地区の中に入っていきます。

 
この手のコス大道芸人さんスペインにいっぱいいた。


あと、漢字ブームも続いてるっぽかったです。


市場があるらしいので行きたいと思います!
市場見るのこうふんする





ふおおおおおおおおおおおおおお!
(テンション最大)

サン・ジョセップ市場といってバルセロナ最大級の市場だそうです。

人いっぱいいる。



かたつむり(カラコルム)。食べてみたい。エスカルゴ?


かといってこれ背負って残り20日間以上歩き回るわけにもいかないし。

  
海沿いだから魚おいしいんだろうなーー(海なし県民)
何度『日本の税関はナマモノだめなんだよ・・・!』と自分に言い聞かせたことか。


このつるし豚、その後スペインのどこに行ってもあった。3500円くらい。



市場のすぐ隣にはスーパーマーケットがあった。いいのかなー。


・・・このチョコの量ですよ。ほんとこの国の人チョコ好きな。
去年のスペイン語会話の先生(白髪ダンディスペインおじさん)が、
「チョコレート最高>ω< チョコさえあれば何もいらない///」と言ってて、
かわいー!なんつってたんですが、いま納得した。


案の定カリフォルニアロールしかなかったので、
「違うんだよなあ・・・」と一人でニヤニヤしてた。


おかゆも味噌汁もあるし、ビバ日本て感じですな。



ふと目に入って、だいぶ広告張られていて気になったもの。
後日買ったのですが、だいぶ後になって、カタルーニャの夏の風物詩である
オルターナといわれる、カヤツリグサのミルクだとわかりました。



さて、食品見るの好きだけど観光しよう観光。



バル・・!バルセロナのバルは高くて行けないけど絶対いつか行くからね・・・!

ちがうちがう。
ゴシック地区の中心地にあるカテドラルに行きますよ。入り組んでて迷ったよ。
 

SUGEEEEE!


何よりもこのカテドラル周辺の、ゴシックの町並みがほんと素敵。






どっかのお兄さんが写真撮ってたので。見にくいけどこれ、壁にカタルーニャの紋章がある。



カテドラル周辺に流れる音楽を辿ったらここについた。
メキシコもそうだったけれど、音楽が溢れる国でした。



我が誕生月をつっこんだアウグスト様の遺跡。



スペインのラッキー。暑いねえ?


さて、日本だとそろそろ暗くなってもいい5時。
泳ぎたいので←、そろそろ海岸に戻ろうと思います。
地下鉄10回券を3日間もたせたいし、歩きます。


ちょっと大変だったけど海に着いた。よし。


走ろう!


いや、ランニング好きなんですけど、海を見ながら、ランナー多いとこで走るとか最高じゃないですか?!今日しか海沿い泊まらないし!
とは言っても少ない服が汗だくになるのが嫌だし、やはり泳ぎたいので、
水着+短パン
というスタイルで、iPodのNIKEを着け、走ってる人たちを適当に追いかけました。


母が受験期に作ってくれたお守りと。
お守りはこの直後に謎の逃亡。

暑いけど道は平らで風もあり最高!でも暑さで早々に疲れ、あと気持ちがはやりすぎて、すぐにぼっち海水浴にシフトチェンジすることに。
すでに4時ころですがまだ真っ昼間の日差しです。
コインロッカーなんてないので、ポケットの中にipodとルームキー入れて、その短パン脱いで、たたんで、砂浜の隅っこに置いて、上にスニーカー乗せておいて、ちょっと不安だけど、いざ海へ。

であのー、ぼっちで泳いでたんですけど。
波が、高い!
ちょっと命の危険を感じた。
あとスペインの海岸、セミヌード多いです。
セミヌードっつか10人に一人は素っ裸で全身焼いてる。おいでませスペイン海岸!


続きます・・・

更新するよ!

October 03 [Wed], 2012, 2:20
絶賛さぼってますね!


6月末にタイ・シンガポール旅行、

9月は1か月かけて念願のスペインぐるっとしてきました。

正規の日付で(※8/30〜9/24)スペイン一周記を書いていこうと思います!

飽きずにがんばれえいえいおー

どたばたスペイン1 〜夢の国への道程〜

August 30 [Thu], 2012, 14:23

余裕をもって昼頃の飛行機。
さて、約5年半夢見た地、スペインへいざ!ブエンビアッヘ!(フランス語ではボンボヤージュ)

(飛行機チケット、持ち物についてのページを作成予定です。)

今回の航空会社はスイスインターナショナルエアラインズ
6月になんか勢いで、意外と安かったので購入したものです。
スイスのおもてなしはどんな感じなのでしょうか…!?



電球が壊れてる

あの・・・上にある個別用の電球、私のだけなんかアルミホイルみたいなのかぶさってるんですが…?



寒い

いやこれはまあお決まりというか、私必ず長袖を手荷物にするの忘れるんですよね。
去年に続いてずっと毛布にくるまって12時間。

あと乾燥。 ノド乾いてドリンクをひたすら受け取って飲んでいました。
隣のお兄さん(邦人の方か中韓の方かわからず)マスク出してて、うらやま・・・!と思った。ほんとに。
お兄さん機内食とかいろいろ受け渡ししてくれたり親切にしていただきました。
機内食はおいしかったです!

雑談。
ふだん映画やドラマを全く観ないのですが、まあ長旅だし、ライト付かなくて(笑)本(試験参考書)読めないので、
私でも観れそうなコメディ映画狙いで、パッと選んで観たのがこれ
『ザ・ベスト・エキゾティック・マリーゴールドホテル』 (2011 イギリス)

泣きました。 いや面白かった!
舞台はインドで、役者はイギリスで。インド人いけめん!
あ、吹き替えです^^

スペインへの直行便でメジャーなものが未だに無いので、チューリヒで乗り継ぎします。
スイスですよ!!!
スペインが好きになる前はその自然情景のイメージから絶対行ってやると公言していたスイス!
まさかこんな形で実現するとは!(乗り継ぎだけ)
夜7時のスイスですが、景色くらいは見られるのでは・・・?!




(´・ω・`)

まあしかし喉が渇いて仕方ないので、
貧乏旅ですが空港の売店で水を買うことにしました。
見えたのは500ml 3スイスフランの水と1.5スイスフランの水。
スイスフランの相場はよくわかりませんがユーロと同じくらいじゃないですかね。(適当)
まあ1.5CHFのを選びますよ。スイスフラン持ってないのでたった150円かそこらにクレカ使いますよ。
スペインでもあったのですが、クレカ自分で機械に入れて〜番号押して〜取る!っていう方式で、
無事買えた!と思いきや
空港内放送で呼び出し。(川゜Д゜)
なんか名前呼ばれてるーー!?
「えっ・・・やっぱり乗り換えの人もなにか手続きすべきだったのかな・・・」と焦って
チェックインカウンターのお姉さんに「あの、今名前呼ばれたんですけど・・・(英語)」と伝えると
お姉さんちょっと考えて電話して確認取ってくれて、

店にカード置き忘れてたみたいです。

や。もういいわ。なんか1ページ目から恥ずかしさのあまりへこんできたわ。
そんで水。そう、苦労して手に入れた水ね。
ミネラルヲーターってこたぁアルプスの山脈の雪解け水かぃ〜??



くっそまずい(^p^)
いや、ここまでくるとそろそろネタを疑われそうなんですが、1ページ目からネタかましたりしませんよ。
なんかラベルにでっかく「OK」って書いてあって、たぶん商品名だと思うんです。
全然オーケーじゃねえよ。
2口目が限界だった。ブログを読んでわかる通り、私相当にケチ&貧乏性なんですけど、

水、捨てました。

着くのは23時頃の予定だったので、1泊だけ空港のすぐ近くの安いユースホステルをとっていたのですが、
雨のせいか乗り継ぎ便が遅れ、「日が変わってチェックインなんてしたら…怒られるのでは・・・?」と
ガタガタビクビクだった私はもう気が気ではありません。

それにしても、スイス航空、
お腹いっぱいになります^p^
大食い田舎娘、出されるがままに美味しく頂いていたのですが、
スイス〜スペイン間の2時間に出たボガディージョか(容量的に)極め付けでした。おいしかったけど。
あと、ターミナル間の移動楽しいです。アルプスの動物の声が流れたりパラパラ絵が出たりする移動トロッコが。

さて、そんなこんなで23時半ごろバルセロナ空港に到着。


来たよスペイン!
予定してた地下鉄は望み薄ということで、バスで空港脱出します。
うう・・・わたしほんとこの「バス」トラウマだし嫌いなんですよね・・・日本でも極力乗りたくない・・・
だってどこで降りたらいいのかわからないじゃないですか!!

とりあえず、印刷していったホテル案内の英語を読み解きつつ、そのバスに乗り、
でかいリュックでうわぁ・・・と思われながらも、地図と見にくい夜景とにらめっこ。
なんと初めの停留所っぽかったので、運転手さんに、「こ、ここ?ここ!?」と確かめて
変なところで降ろしてもらい、逃げるように去りましたヒィヒィ。
あとは地図を見つつ、英語を読みつつ進んでいけばいいはずなのですが

ホステルない(´・ω・`)

その道路には居るはずなのに・・・!?
もう重いし、暗いし雨っぽいし、周り集合住宅とか学校で怖いし、
目があったタクシーのおっちゃんに道聞いちゃいました。

通り過ぎてた。

いや・・・!予想を反して立派なユースで、気付かなかったんだよぅ…!
学校だと思ってた・・・


どこもそうだったのですが、夜遅くても、ふつーに入れてもらえました。
8人ドミトリーとあったけど、部屋には私一人だけ。

部屋いっぱいある





部屋と部屋の間に格言(?)があって、それぞれカタルーニャ語、カスティーリャ語、英語で書いてあり、
私でもわかるようなもので、面白そうなのを撮ってきました。
ツナミはツナミなんだね。


シャワーカーテン。かわいい


とりあえず、無事にたどり着いたので良かったです。
ドタバタ精一杯の1か月修行が始まります。

突発ばっくぱっくI

June 16 [Sat], 2012, 23:53
8月9日(現地時間)※編集中


突発ばっくぱっくH

June 16 [Sat], 2012, 23:51
8月8日(現地時間)※編集中

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:織音
  • 性別:女性
  • 誕生日:8月21日
  • 血液型:O型
  • 現住所:東京都
  • 趣味:
    ・音楽
    ・料理
    ・語学
読者になる
空と旅と自然と激辛と激甘が大好き 

LOVE 1000 はじめました

↓は何も書いてません^^
最新コメント
http://www.pornotubes.fr
» Tweetme vs Tweet ATOK (2014年09月05日)
Roger Vivier Shoes
» Tweetme vs Tweet ATOK (2014年08月14日)
Toryburch 店舗
» きょほうなしたると (2013年11月02日)
moncler doudoune
» Tweetme vs Tweet ATOK (2013年10月30日)
フェラガモ アウトレット
» 其処に立つ理由 (2013年07月25日)
ゆきえ
» 旅に出る (2011年08月26日)
かれん
» 旅に出る (2011年08月23日)
しおん
» 多忙 (2011年07月19日)
かれん
» 多忙 (2011年07月17日)