インプラントの人工歯根はチタンが多い

June 02 [Thu], 2016, 17:04
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って生活を送ってください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足の影響が多分にあります。
高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rajerstn0neihh/index1_0.rdf