大型連休も過ぎ去り

May 08 [Mon], 2017, 16:14

脳炎発症から丸3年を迎えたシュシュ。
靭帯の断裂からも1カ月が過ぎました。
日々の様子は、安定していて元気に動き回っては豪快に寝ています。


靭帯が切れてる左足も、ちょいちょい床につけたり体をかいたりはしてるんですが、ほとんどの時間はケンケン。
このままにしていていいのかなぁ。
ソファにも上がって欲しくはないけど、彼自身が大好きな場所なので快適に過ごしてほしいし…
日々心配は尽きません。




ソファの肘掛けにお腹を乗せて両足をピンと伸ばして寝ている様子。
足が楽なのかな。
痛みがなくて、毎日快適に過ごしてくれてるならいいけどな。




女王たーちゃんは、布団乾燥機をかけたフカフカにバスッと収まっています。
最近はここがお気に入りかな。
西日ではあるけれど太陽光も良く当たるので、気持ち良さそう。






寒がりで暑がりのノルウェージャン、もーちゃんは、窓辺の段ボールベッドを独り占め。
ニャンコさんみんなのお気に入り場所で、必ず誰かが入っている。
もーちゃん率が圧倒的に高いけれど。




連休も過ぎ去り、暑い夏がやってきますねー。
ワンニャンにとってはなかなか辛い季節。
今年もまたみんな元気に過ごしたいものです。

ワンコの十字靭帯断裂から一週間

April 12 [Wed], 2017, 22:41

7歳で壊死性脳炎の治療開始。
8歳で心臓病の投薬開始。
10歳で十字靭帯を断裂したシュシュです。


最初の2〜3日は、痛い方の脚を上げたままで、動き回ってる割には抱き上げると震えていたので痛かったのかなぁ。
痛い方の脚を軸にして用を足す子なので、しばらくはバランスが取れないまま床にジャジャッとしていました。
直径1mくらいに行動制限をして、トイレシートを敷き詰めていたので、自力で出す事が出来るのならむしろ有難い思いで経過観察。


3日目あたりから、痛い方の脚を床につけて歩くように。
ふとした瞬間に痛むらしく、急いでヒョイとあげたりする。
よく動いているので、うまく歩けるようにリハビリになっているなら嬉しい。


ちょうど一週間経って、割と普通に歩けるように。
痛い方の脚を軸にしてのトイレや、身体を?く事も出来てる。
ふとした瞬間にバランスを崩して座り込んでしまうのは相変わらず。
力の入れ具合が難しいようで、痛みは感じてないっぽい?


丸一週間が経ったので、試しに今まで通りの広さに戻してみる。
ソファにはペット用の階段をつけてみた。
一段毎の幅が狭くて使いにくそう。
登ってはくるけど、ソファの柔らかさが不安定で痛むのか、すぐに降りてしまう。
登らないに越したことはないので、本犬の居心地のいい場所を見つけてくれればいいと思う。


そして、9日目となる本日。


ふと見たら、ソファの上で寝そべっていた!
あーやっぱりこの子はソファが好きなんだなぁ。
その後も上り下りを繰り返し、ソファで寝たり、自分ちで寝たり。


だいぶ元通りの生活に戻ってきました。
あとはもう少しソファの上り下りに負担がかからないように工夫しないと。


病院の先生からは、普通と変わりなく歩けるようになるのは1カ月くらいはかかると聞いたので、バランスを崩さずに歩けるようになるのはもう少し先かな。
まだ時々痛い方の脚を上げているので、ソファから降りるときは特に注意して見ています。


犬って、凄いなぁ…。
生きててくれるだけで、日々元気を貰える。
有難い。

ワンコさん十字靭帯損傷

April 04 [Tue], 2017, 10:47

毎度お騒がせなシュシュ10歳。


脳炎、心臓病の薬を毎日飲みつつ、
白内障も始まっています。


そんな中、昨夜、突然左の後ろ脚のびっこを発見。
この10年で何度か捻挫をした事はあるのですが、今回は明らかに様子が違う。
全く地に脚をつけられず、ずっとケンケン状態。
動き回ってる割には、抱っこするとブルブル震えてる。


朝一で病院へ。
いつもよりちょっとひどい捻挫である事を祈っていたのですが…
レントゲンを撮ってもらったところ、
股関節には異常なく、膝の脱臼は両脚にあるらしい。
膝の脱臼は、小型犬には珍しい事ではないらしく、この程度なら問題ないというレベル。
そして。
十字靭帯の断裂がわかりました。






そりゃあ痛いわ…。


中型犬以上であれば、人間と同じように手術をする方がいいらしい。
もちろん小型犬でも手術をする子はいる。


でも、先生の経験上、手術をしてもリスクやデメリットがあり、
手術をしなくても、痛みが緩和されれば自分自身でうまく着地点を見つけて、普通と変わらないように歩けるようになるらしい。


そしてシュシュの場合。
3年前に発症した脳炎の治療薬として、免疫抑制剤を毎日服用しているので、手術にはかなりの危険が伴うとの事。
白内障が出始めた時と同じだ。


シュシュ自身が、痛みを感じず、毎日家の中で快適に過ごせるのならば、
手術はしなくてもいいと思いました。
白内障が分かった時も、
犬は目が見えなくても普通に生活できるというのを聞いたので、私達のエゴのためにリスクを背負わせるのは嫌だなと。


人間の病気でも、QOLを第一に考えると思うのですが、
物言わぬワンコさんのQOLを考えるのは難しいですね…。
ただ、最期のその時まで、快適に幸せに過ごしていて欲しいだけなのだから。






結局、数日分の痛み止めとしてステロイド剤を処方されて帰って来ました。
痛いくせに、ケンケンしながらいつも通りに歩き回るので、ケージ付近を段ボールの柵で囲って行動制限。
出来るだけ安静にしてもらって様子見です。


そして、案の定、心配で一晩中眠れなかった私は、あろうことか診察が終わった瞬間に貧血で動けなくなりましてσ(^_^;)
顔面真っ白、冷や汗ダラダラの状態で、一人でハアハアと荒い呼吸をしてました。
夫が朝一で一緒に行ってくれて良かった…。


シュシュは、小さい頃から病院にかかる事が多い困ったさんだけど、
優しくてとても良い子ちゃんなので、
これからも手がかかるのは構わないから、幸せに快適にまだまだ元気でいて欲しいです。
診察中も、あちこち触られて痛いはずなのに全く鳴かず、ただ震えて痛みを堪えていました。


なんて良い子なんだ!!



抱っこ猫とジェラピケ

March 18 [Sat], 2017, 14:37

ホワイトデーに夫に買ってもらったジェラピケ(ちょっとお高い部屋着というかパジャマ)。


すっかり抱っこさんが気に入って、膝から動かずお昼寝三昧。
毎日数時間単位の苦行です。


不思議だなぁ。
抱っこ嫌いな怖がりさんだったのになぁ。
怖がりは相変わらずで、顔まわりを触ると嫌がるし、爪切りも嫌い、何より手を触るとすごく嫌がる。
なので、ご機嫌で寝ている時に1日一本の爪切り(笑)


一本で終わらせると、直後は逃げるけどすぐ忘れるらしく、再び膝に収まる。
調子に乗って何本も切るとトラウマになっちゃうかなーと思い、1日一本までと決めています。




我が家の長寿記録、日々更新中のお姫様。
夏には14歳。毛並はツヤッツヤ。
あと5年は元気に暮らしたいね。

次から次へのワンコさん

February 21 [Tue], 2017, 2:03

土曜日夕方あたりから咳が出ていたシュシュ。
日曜日に軽くなっていると感じたのに、また夜中2時ごろになってしばらく止まらなくなる。
結局ステロイド剤を飲ませてしまった
…。
しかし、明け方にもゲッフンゲッフン。
眠っている時には静かなのに、寝起きに軽くカフッとなると続く。


私が側にいると止まらない気がして。
大丈夫よ〜と言いながら身体をポンポンしたり撫でたりするのだけど、心配の感情が伝わっているのかなぁ。なんて思って、放って置くことに。


寝室から聞き耳を立てていると、その後すぐに止まったものの、30分後くらいに数回ケホケホ。
それでも放っておく方がすぐおさまる気がする。


そのうちに私も寝てしまい、お昼前に起きて、遅めの朝ごはんを準備する。
充分にふやかしたカリカリ。
相変わらず食欲は旺盛でペロリと平らげる。


しばらく様子を見ていると、私が起きてからは全く咳が出ない。
あれ?なんで?


以前、気管に傷がついたであろう時は徐々に度合いが軽くなり、間隔が空くようになり、徐々におさまったのに。
明け方までゲッフンゲッフンしてた割に、ビタ止まってる。


原因はわからないけど、何かのカケラが喉に引っかかっていたのかなぁ。


それ以降、夜になっても、もちろん夜中になっても咳き込む事なく。


なのですが、実は夕方病院に行くハメに…。


午後になってからふと見たら、右目だけをショボショボさせて開きにくい様子。
ギュッと瞑った目からは涙も出ている。
なんだ!?どした!?
いやいや待て待て慌てるな!


多頭飼いで、犬猫混ざっている我が家では時々あるのです。
どこかにぶつけたか、誰かにペシッと殴られたか。
大抵一日様子を見てれば普通に戻ります。


でもなぁ、いつもより痛そうで、2〜3時間経っても状態が変わらない。
オヤツや抱っこをチラつかせるとパッチリ開くし、白目部分に充血もない。
見たところ目蓋付近にも傷はない。
だけど、ものの数秒でギュッと瞑ってしまう片目だけ。


なんだろう?
目の中にまつ毛やゴミが入ったか、
もしくは眼球自体に傷がついたのか…。




昨日からお泊まり出張だった夫が夕方には帰って来たこともあって、病院に行く事に。


雨ザーザー&緊急事態につき、我も我もと吠える黒い方(くぅ)はお留守番。


病院では、右目に薬液を入れて診てもらったところ、角膜には傷が無いので、様子を見て、明日になってもショボショボしてたら結膜炎用の目薬を処方すると言われました。


やっぱり誰かのパンチがちょっと当たったのかな…。


日付が変わる頃には全く普段通りに戻っていました。


これにて、週末の騒動は一段落。




咳も目のショボショボも、以前に経験があり、様子見でも大丈夫という判断はしていたのですが、
歳をとってきていることと、目の病気やケガは命に関わる事もありえるので、
無駄になっても病院には行くべきだと思いました。
咳の方は、緊急手術とかの状況にならない限りは結局2-3日様子見になると思うので、病院はそれからでもいいかもです。
うちは咳をした時間とどのくらい続いたかの記録をつけていました。(無駄になったけど笑)あと動画。
これが結構大事。


同じことが起きた時に、緊急か様子見かの判断が出来るし、
病院に行った時も説明が楽。


どんな時でも、様子を見てみようと思った時点で、遡って記録をつける事をオススメします!

ワンコさんの咳

February 20 [Mon], 2017, 1:46

昨日から突然咳をし始めたシュシュ10歳。


夜中の1時過ぎにステロイド剤を少しだけ飲ませたら静かになったので、そろそろ寝ようかと思った朝5時半、再び咳き込みまして。
しばらく様子を見ていたので、完全なる昼夜逆転になりました(笑)


やはり、何かの拍子に喉が炎症を起こしたのかな。
今日も定期的に咳き込み、一度出ると10数分続いてたのですが、
夕方あたりから咳の状態が軽くなり、間隔も短くなってきました。


咳が出ている間は喉に負担をかけないように柔らかご飯。
缶詰のストックがなくなっちゃったので、充分にふやかしたカリカリをあげました。
遅めの夜ご飯の後、少しだけむせるように咳が出たのですが、それ以降は何事もなく。
素人の勝手な判断でステロイド剤を飲ませるのも怖いので、このまま様子見で良さそうなのは有り難や。




そして、今日も今日とて抱っこさんの、たーちゃん。
今もお腹の上で爆睡中。


まだまだ体感は寒いけど、季節先取りのニャンコさんは春を感じているのかな。
コタツの中は暑いようです。


モーちゃんも突然抱っこさんに変貌して、同居9年目にして初めて抱っこで寝てくれました。


旅立ったニャンコさん達が乗り移ったみたいに、色んな懐かしい挙動を見せてくれるので、日々泣き笑いですね。

眠れぬ夜の抱っこ猫

February 19 [Sun], 2017, 2:54
なんと年明け一発目のブログが2月も下旬(笑)


何かあった時だけ更新する備忘録です。


昨年秋に亡くした白猫くんへの悲しみも薄れ(寂しさはまだまだモーレツにありますが)
なんとなく穏やかに過ごしていました。


ポメラニアンのシュシュも、脳炎の投薬から三年目、心臓病の投薬から二年目。
毎月病院で診察してもらっていますが、安定して元気にしてくれています。


ところが。
昨日土曜日の夕方、病院から帰宅後にゲッフンゲッフン咳が出始め。
心臓病の悪化でも咳が出ることはあるらしいんですが、病院で心臓の状態を診てもらったばかり。


夜になっても1時間おきくらいにゲッフンゲッフン。


なんだろうな…。


思い起こせば以前にもこんな事がありました。
麻酔を使ったMRI検査の後、おそらく気管に傷がついたであろう時と、
鼻に異物が入ってゴフゴフしてるうちにいつの間にか取れた時。
動画で咳の具合を見てみると、全く同じ。


ブログを確認してみると、いずれも3日ほどかけて徐々におさまったと書いてある。


これは様子見しかないですなぁ。


もしも消化器系のどこかで何か異物が引っかかってる場合だと、麻酔をかけて開いて診るしかないんだそうで。
できれば、それはやりたくない。


咳き込んだ後も本人はケロッとした顔で、食欲もあるし、咳以外はいつもと同じ。
なので、様子見です。


念の為、いざという時の為にもらってあるステロイド剤を飲ませました。
1日上限の1/3。
これで炎症もおさまってくれるといいのだけど…。
飲ませてから一時間経過して、咳は出ず良く寝ていてくれます。


でもなぁ、まだ心配で眠れない間も無く午前3時。


寝ちゃおうかどうしようか迷っていると、最近になって突然抱っこ好きになったニャンコさんが、膝の上を独占。
昨年秋に弟くんを亡くした、たーちゃん13歳です。
これまた無下にできず、眠気と重さに耐えているところ。






他の子はみんな爆睡中で羨まし。

ようやく平穏の日々

December 16 [Fri], 2016, 21:45







白猫ちーくんを亡くして早2か月。
いまだ突発的に泣いたり、毎日腕枕で寝ていたので寒い布団の中が身に沁みたり。
でも。
ふと。
私達から見たら13歳なんて早過ぎるって想いはあったけど、あの子にとってはあのくらいの寿命で良かったのかもしれないね、って。
夫ともしみじみ話しました。
何よりも、私の腕の中でちゃんと看取ってあげられたこと、その事に満足しなくちゃいけないのかもしれない。


犬猫達との暮らしは、日々快適に穏やかに楽しく過ごさせてあげる事も大事だけれど、飼い主の一番の仕事は、全力で共に生きそしてちゃんと看取る事だと思うのです。


ちぽちゃん、今頃どうしてるかな。
またこの腕に抱く事が出来たらいいな。

まるで虐待みたいに

November 29 [Tue], 2016, 17:18

弟くんを亡くしてから早1ヶ月。
メンタルやられて異常行動が出ていた、たーちゃんも落ち着いてきて、普通に過ごす日々になりました。
以前よりはかなり甘ぞうになってるけど(笑)




弟のちーくんの闘病中は、とにかく何でもいいから食べさせたくて、
猫缶もオヤツタイプの一般食、ササミ、魚…色々出していました。
そんな時に一人でモリモリ食べていた、たーちゃん。


ちーくんが旅立って、ふうっと落ち着いた頃、ふと見ると、たーちゃんが大きくなってる(笑)
13歳のお婆ちゃん、食欲があるのは良い事だけど、こんなに急激に太っちゃダメでしょー。
って事で、シニア用のカリカリ(総合栄養食)。
しかも腎臓サポートやら尿路下部予防のもの。
おそらく美味しくはないはずです。
それでも、それしかないとなると、渋々食べてる良い子ちゃん達。




賢いたーちゃんは、猫奴隷のお父ちゃんが在宅の時はうまく甘えて美味しい物(猫缶、オヤツタイプのカリカリ)を出してもらうのです。
お母ちゃんは絶対に出さないので、要求しても無駄だと思ってるみたい(笑)


しかし。ここ数日、夜になるとやたら鳴くのです。
誰か(お父ちゃん?)を探すように、扉の前で鳴くことが多い上に、たーちゃんの鳴き声はまるで悲鳴。
虐待でもされてるかのような鳴き方なのです。


お腹空いてるのかな?
カリカリは出てるけど、美味しいのを出せっていう欲求かな?
と思い、無視していました。
これもある意味虐待になるのか!?


とにかく鳴き続けるたーちゃん。
そんな時に、ちょっと抱っこしたら、すぐに落ち着いて寝始めたのです。
…あれ?
もしかして…
寒いって怒ってた?




ワンコさん達が悪さをするので、コタツは数年前から出さなくなりました。
その代わり去年からホットカーペットを導入したのですが、普段から毛布を置いているので、余程寒い時しか点けていなかった。


急いでホットカーペットを点け、毛布と最近お気に入りのリラックマパジャマで猫ベット風に場所を作ると…
まんまと入り、まんまといつまででも寝ています。


はい、虐待終了。

ぬくぬくニャンコ

November 24 [Thu], 2016, 12:38

54年ぶりですって。11月の大雪。




丸まったニャンコと過ごすぬくぬくの幸せ。






昨日は、人生初の東北仙台に行って、たっぷり牡蠣を堪能してきました。




松島の光景に魅了され、移住したい気持ちが沸々。
でもなー。






闘病中のワンコさん居るし、お家大好きなニャンコさんも居る。
信頼できる病院の側からは離れられないんだよねー。


いつかの老後は仙台に住みたいなぁ






とりあえず今夜は牡蠣飯!!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:らいにゃ
読者になる
ライル:キジトラ♂
1996年生まれ。6/12拾う。
2006年8月から、悪性リンパ腫、慢性腎不全と闘病。
2008年9月30日没。(享年12歳)
おそらくこの先も、生涯で1番愛した猫。
別名:ライぼん、ニャイ...etc

たーちゃん:キジトラ♀
2003年5月生まれ。保護された野良ちゃんの子供。
8/13我が家に。
白猫かーちゃんから生まれた唯一のキジトラちゃん。
プライドがかなり高い。年下君たちには絶対心を許さない。
別名:はーちゃん、はちゅ、はち、姫...etc


ちーくん:白猫♂
たーちゃんと4つ子で誕生。随一の甘ったれの食いしん坊。
寝顔が誰よりもブサカワイイ。
別名:ちぽた、ちぽり、ちぽこ→ぽこ、ぽこた...etc

シュシュ:ポメラニアン♂茶色
2006年9/10生まれ。ショップ出身。
素直と健康だけが取り柄のちょっと抜け作。
一応血統書はあるけど、偽物風味満載。
お客様には1番人気。
得意技:お手、抱っこ、待って、いいこ
別名:ちゅったん、ちゅり、ちゅりり、ぷい、ぷいちー

のんたん:ノルウェージャンフォレストキャット♂
2008年5/18生まれ。ショップ出身。
暴れん坊将軍。
ちぽ、シュシュの上をいく食いしん坊。ずっと食べてる。人の分まで食べる。
ベッドの高さでも乗れないことがある。かなりどんくさい。
別名:のんこ、のんた、ぽんた、たぬ吉


くぅ:ポメラニアン♂黒白
2012年7/3生まれ。ショップ出身。
ギャン鳴き噛み癖の治らない極悪犬。
間抜け顔のブサイクのクセに、まるで穢れのない瞳で我々を虜にする悪魔。
胸と4つ足の先っちょが白い、ちょっと珍しい毛色。
シュシュより一回り小さいので、ふたり並ぶと可愛さハンパねぇ‼
別名:くた虫、黒虫、くーたおー
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像らいにゃ
» 猫団子祭り (2014年12月15日)
アイコン画像Kuro
» 猫団子祭り (2014年12月15日)
アイコン画像らいにゃ
» やっと落ち着けるのかな? (2014年06月07日)
アイコン画像里華
» やっと落ち着けるのかな? (2014年06月07日)
アイコン画像らいにゃ
» 小型犬の宿命か (2013年05月16日)
アイコン画像みち
» 小型犬の宿命か (2013年05月15日)
アイコン画像らいにゃ
» 小さな幸せに涙が滲む (2013年04月02日)
アイコン画像みち
» 小さな幸せに涙が滲む (2013年04月02日)
アイコン画像らいにゃ
» 明日は雨かしらねぇ(笑) (2013年03月22日)
アイコン画像みち
» 明日は雨かしらねぇ(笑) (2013年03月22日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE