2006年02月21日(火) 1時48分

明日から2泊3日(予定)で実家に帰ります。

お土産希望者はご連絡を

ニューヨークの恋人 

2006年02月17日(金) 23時50分



見てしまった…

いいよね〜

メグライアンは「巡り会えたら」のころから好き

見かけによらないとか言われますが、
こう見えて結構恋愛映画とかも好きなんすよね

三月には「耳を澄ませば」も金曜ロードショーでやるらしい、

ッハΣ、その日交流会じゃん!(←ヨコハマ弁)

…向こうで見れるかな?

へ?これから? 

2006年02月14日(火) 21時05分
毎度のことながら突然連絡してきて
無理なことを言うのはやめてください。

2時半にメールで、これから広島に来いと
言われても流石に無理ですよ…

ひさしぶりのメールがなにかと思えば、
「だって今日は2月14日でしょ?」とか言われても…↓

そんなこと言うくせに今までくれたことないし

いつも、思うんだけどさ…

遊んでるよね? 絶対俺で遊んでるよね!?

こっちが無理なの時に限って、わざとやってるよね!?

はぁ…

そうは言っても何とかしようとしてしまう自分…

弱いな〜俺…

すいません、明日朝から用事があるので
今日は無理でした、申し訳ない

あと、今月で仕事初めて4周年だし今度なんか
送りますから許してください

おめでとう(?)、大変だろうけど無理しすぎないようにね。

変わらぬ意味 

2006年02月13日(月) 2時55分
最近、時間ができたので(無職の状態なので)、
久しぶりに小説やエッセイなんかを読みふけってる。

今は本屋で見つけた「1リットルの涙」を購入し、
数年ぶりに読み返している。

この本を読んでいるとなぜか幼い頃のことを
思い出す。

「ガンバレ」誰かにそう言われるその言葉の
どうしようもなく残酷な響きを思い出さずにはいられない。

みんなのできることができない…

誰かの助けなしでは何もできない…

誰かの優しさが逆に自分の心を壊していく…


そして、誰かや自分とは違う何かを背負っている人と
自分自身を比較して自分を慰めてる…

誰かに何かに甘えることでしか
自分を慰められない…

そんな自分が余計に惨めになる…


僕達は皆、子供だったのだろう。

でも、僕達の前にある現実は
あの頃の僕らにはとても残酷だった。

たとえ自分自身のことは受け入れることができても、
家族や他の誰かの存在は重くのしかかる。

「ありがとう」、そのたった一言を言う資格さえ、
自分にはないとすら思ってしまう。

自分さえいなければ、この人たちはこんな思いを
しなくてもすんだのに…


結局、何も変わらないよ。


今日も、どこかで誰かが涙を流している。

でも、その涙を拭うことも、
その涙を止めることもできないのなら…

一体自分には何ができるのだろう?


してあげるではない。

押し付けるでもない。

何ができるのだろうか。


綺麗ごとと言われたっていい、
理想論といわれたっていい。

やりたい事なんて、結局それしかない。

もし、誰かのためにできることが、
ほんの一滴の涙を流すことでしかないなら…


僕は今日も誰かのために涙を流すよ…

だから、明日もそう言える自分でありたいんだ…

アフレル 

2006年02月09日(木) 22時12分

このシャカイには様々な言葉がアフレている。

それは、いつもひどく曖昧で
現実とかけ離れた響きが宿っている。

誰かが喋る言葉は、どこか夢みているようで
他の誰かに届くことはない。

いつも人は誰かに独り言をつぶやく。

そして、その多くは何の意思も覚悟もない。

ただ、そこにあるのはジダイへの憂いか
ハリボテの夢か。

誰かが誰かに何かを望むことはなく、
誰もがその孤独を束の間の喧騒で紛らわしてる。

誰もが自分のちっぽけな自尊心と孤独への恐怖を
上辺だけの偽善で取り繕う。

そして、その偽善は、いつかどこかで、
必ず他の誰かを傷つけ、時に何かをコワしてる。

ねえ…
あなたの言葉は嘘ですか?本当ですか?

そうやって誰かが誰かへ無言で問いかけてる。

歪み 

2006年02月09日(木) 21時53分

歪んで、捻じ曲がってしまったものは
もう、二度ともとに戻れないのだろうか。

いつの間にか、自分の気持ちさえ、
どう表したらいいかもわからなくなってた…

不器用とかそういうことじゃなく、
ただ、それ以外の方法を知らないだけ…

傷つける、そうわかってる。

だから、ただ自分にできることは、
ただ歪んだ嘘を自分につきつづけることだけ…

今まで、そうやって生きてきたから、
他の方法なんてわからない…

移ろい 

2006年02月09日(木) 4時37分

時は必ず移ろい、
人は時に流れゆく。

それは、当然のことだけれど、
時に残酷なほどの速さで移ろい行く。

だからこそ、人は愁うのかもしれない。
だからこそ、人は祈るのかもしれない。

今という時が移ろい行くことを…

人は生涯、その矛盾抱えてゆくのだろうか…


だから、願わくば、
せめて愁うべく明日がやって来ますように…

 

2006年02月09日(木) 4時12分

旅路はるけくさまよへば

破(や)れし衣の寒けきに

こよひ朗らのそらにして

いとどし心痛むかな

                 伊良子清白

匂い 

2006年02月07日(火) 5時56分
タバコを吸い始めたのは十二のときだった。

生まれたときからヘビースモーカーの父親の
煙を吸っていたし、かっこつけもあったけど、
何より地元じゃ普通のことだった。

喫煙癖も8年にもなると生活の一部になってる。

どうなんだろう? 

もう、そろそろ肺癌かなんかで死んでも
おかしくないのかもしれない。

高校に入ってからの1年半の間は、
嫌なことがあったときに少し吸うだけだった。

17の冬怪我もあったけど、腐った連中や
家族の顔を見るのもいい加減嫌になって
知り合いのツテで新宿でバイトを始めた。

たった1ヶ月やそこらだったけど、今でも
鮮明に思い出せる。

あの人に出会ったのもそのときだった。

そういえば今のタバコを吸うようになったのも
この頃だった。

今になっては別のメーカーにしたり、
やめようとしたりしてもなかなかできない。

あの人と対等に見られたくて背伸びしてた。

今になってみれば、それこそ子供じみてるけど、
何でもいいから共通点が欲しかったのかもしれない。

馬鹿みたいだけど、このタバコの匂いを嗅ぐたびに、
いつもあの人がそこにいるみたいに錯覚してたんだ。

今はもう、あの人の顔もなかなか思い出せないし、
特別思い出そうなんて考えもしない。

写真も、あの人からもらったものも全部捨てた。

もう、このタバコを吸ったところで
特別何かを想うこともなくなった。

ただ、思い出すのは自分の原点、あの街で、
色々な人に出会って、あの人と過ごして、
腐ってた自分をもう一度やり直そうと決めたこと。

だから、このタバコは俺にとってのスイッチ。

腐ってるとき、浮かれてるとき、苛立つとき、
どんなときでも自分自身をもう一度リセットして、
つまらない考えや凝り固まった頭や感情をゼロに
もう一度ゼロからはじめるためのスイッチ…

だから、いつかこのタバコが必要なくなるまで、
この匂いが俺のスタート…

アート 

2006年02月06日(月) 5時15分

<術(アート)>

人にはそれぞれ様々な表現方法がある。

写真、絵画、造型、音楽と人によって
全く形が違うけれど、全ての人が持っているものだ。

それは、自分自身の性格や性質、感性などを表す。

そう、ツールとしてのただの<技術(スキル)>
ではなく、あくまで<術(アート)>。

必要に迫れて、それが好きで、理由はみな違うが
何かを追求し、突き詰め、洗練することによって初めて
自分の一部になるもの。


喧嘩から芸術やスポーツまで今まで多くに関わってきた。

でも、それらは俺にとっては多くの意味で、
良くも悪くもスキルでしかない。

おそらく、今もっている俺自身のアート、
それは広義の意味での<マネジメント>。

けど、それだけじゃ足りない。

まだまだ、足りない。

それはまだ、自分の感性の全てを形にするためには
スキルにしかなりえない。

もうゼネラリストへの基盤はできた、そのために
時間も労力もかけてきた。

これからは俺自身のアートを作り上げる。

この世界で、自分自身にしかできない、
そんな<芸術(アート)>を…
最新コメント
アイコン画像ゆっか
»  (2006年03月07日)
アイコン画像なまけ
»  (2006年02月22日)
アイコン画像後輩M
»  (2006年02月22日)
アイコン画像なまけ
» へ?これから? (2006年02月17日)
アイコン画像うっちー
» へ?これから? (2006年02月14日)
アイコン画像shiho
» 匂い (2006年02月08日)
アイコン画像ヒシミラクル
» 朝? 夜? (2006年01月22日)
アイコン画像ちんさん
» 朝? 夜? (2006年01月22日)
アイコン画像むつき
» 決別 (2006年01月22日)
アイコン画像ゆっか
» もう? (2006年01月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rainwalk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる