続き。 

August 31 [Thu], 2006, 5:01
結果的に言おう。
これ以上は言い訳に聞こえる。
あたしは彼が好き。
あの人以上に彼が好きなコトに気付いた。
だからあなたを選べなかった。
今まで本当にありがとう。
あなたの気遣いを感じ取ることができなくてごめんなさい。
あなたが健気にしていたのに、気付けなくてごめんなさい。
フったコトに対して理由をはっきり言わなくてごめんなさい。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。
何度誤っても足りません。
だけど言い訳もしたくないから。
あなたが何を言おうと、何を思おうと、何も言いません。
すべてはあたしが悪いんだから。
あなたはあたしを嫌いになってくれて構わない。
もう会話をしてくれなくても構わない。


あーもぅ…これ以上はなにも書かない。
あの人がこの記事を読んでいるコトはないと思う。
まぁだから書けるんだけどね。

あはは
やっぱり言い訳じみてるなぁ。
これ以上書くとホントに言い訳ばっかりになるのでこれで終わり。

悲惨な会話。 

August 31 [Thu], 2006, 4:10
実はですねぇ、あたし、浮気相手がいたのですよ。
なにを唐突にって思うかもしれない。
でも彼に疲れてた時に優しくしてくれた人で。
まぁ要するに流されてたんでしょうね。
1ヶ月未満の短い恋愛でした。

その人とはエミュ鯖で知り合ったのですが、
あたしたちの周りがギクシャクしているコトに薄々気付いてたのです。
向こうはどうだか知りませんけどね。
で、リアルでもエミュ内でも友人のFが本鯖でやはりリアルでも友人であるMに相談をしたコトから始まったのです。
ホントはもっと前から始まっていたのかもしれないけど…。
Fが言うには、エミュ内であたしが相談しているKに彼もいろいろ相談しているらしく、
そのKはFにそぉゆー状況なのを相談。
そして、FはMに相談。
たまたまMとそういった話し合いをする時間をもてたため、
あたしはその事態を聞いてしまいました。
Kがあたしと彼に板ばさみにされている。
凄く困っている。どうすればよいのか。
そういった相談だったそうなんです。
まぁ確かに、Kにはあたしも彼も相談しているってのは知ってました。
だけどK→Fになってるとは知らず。

あー まぁ そぉいった事態の1部を聞きました。

でね、くっつきそうでくっつかないKとあたし。
でもあたしには彼がいる。

まぁなんて言いましょうね。
1番の解決法は元鞘になるコトだろうと解釈したわけです。

で…浮気相手と別れたのですが、あの人はとっても傷ついてしまいました。
もっともフラれたら傷つくのはわかりきってるコト。
あの人の日記、ラジオ、いろんなトコで傷ついた様子を語っているっぽいです。
もっともラジオは滅多に聞けないのでわからないですが、スレ見てる限りはそんな感じです。

ホントにごめんなさい。
もうあの状況だと誰も傷つけない方法が思い浮かばなかったんです。
だけど…「恋人になるにはやっぱり抵抗が…」そぅ言われたら悩みます。
それでもあの人が好きなら彼を捨ててでも行けばよかった。

続き。 

August 11 [Fri], 2006, 2:28
そうこうしているうちに、今日の午後入ってすぐくらいに彼からメールが。
「結婚してみない?」と、いきなりのメールでした。
普通に考えればリアル結婚なのですが、そのときROをしていたのですぐにRO婚と理解しました。
2ndプリとアサクロどっちにしよう、やっぱりプリかなぁー・・とか悩んでいると
「むしろ両方v」と言われてしまい…。
まぁ確かにそれもよいですよ。
本鯖よりzは集めやすいし、プロに揃ってますから。
でも彼は結婚にお金がかかるコトを知らなかった…。
だから2キャラとか言ったのですね。
まぁすでに2キャラ分は揃えたのでよいのですが。
って、あ!衣装とブーケは1キャラ分だった…ので、また金集めだ……。

まぁそんなこんなで大変な1日を送っておりました。
今日はバイトだったので、それがなければ集まってたんですけどねぇ。


友人もいろいろ増えましたよ。
初ROって子を装備やらなにやら支援、2次職までの支援、と1日でやっておりました。
だーって無装備(初心者修練場でもらった装備のみ)でレベル上げしようとしてるんだもん!
そりゃ支援したくなるでしょ…倉庫には使えそうなのあるんだから…。
あたしがシーフ時代お世話になった友人お手製の武器と、
拾い集めたり露店で買ったりとした装備をそのままプレゼント。
お手製の武器は(滅多なコトでは)壊れないので4つあるうちの1つをプレゼントなのですよ。
いやーもうね、あたしより強いのなんのって!
93のプリより打撃あるっつーんだから笑うしかないでしょうw
そんなクリエ初めて見たよ。
まぁあたしのプリは殴りではなくなったので打撃なくてよいのですがねw
ヒルとSPが高ければそれでよいのです。


あー なんかシーフ作りたくなった。
むしろ男アサシン。
女の子で作って性転換しようかな。
うん、そうしよう。
資金集めは彼ができるまででいいんだからまだ時間はある。
まだまだ遊んでこよう。
普通にいけば5時にはアサシンになれるな♪♪

この25日間は…。 

August 10 [Thu], 2006, 2:03
このサボっていた空白の時間は、いろいろありました。
ROはしっかりやってますよ。
エミュレーターで。
やっぱりROは捨てられなかったなぁ。
本鯖でシーフ作ったんだけど、どうしても上がりが悪くって。
まぁ武器も大したもんじゃないし、仕方ないんだけどね。

で、エミュにいる間の話をば。

本鯖辞める数日前からエミュにいました。
やっぱり最初は聖職者って思って、モンクを作ったけどうまくいかず消去。
次にシーフ。
コレは思いの外うまくいったのでそのままアサシンに。
その子はそのまま友人達の手伝いでアサクロにまで成長いたしました。
めっちゃ可愛い子です。親バカです。
で、お次は商人。
やはりこの系統も苦手なので苦労するかなぁ、とか思ったのですが、意外にもすんなりできました。
そのままBSに育て上げました。
転生はまださせてません。
ってか、たぶんさせたら育てるのが大変なのでやりません。
で、次はプリ。
念願のプリなので1stはそのままプリでいてもらうことにしました。
で、2ndプリはハイプリに育てるつもりです。
もう少しで発光できるので楽しみですね。
まぁどのキャラももう少しで発光なのですがw
そのあとはクルセ作ったりWiz作ったりで8キャラくらい?作りました。
そのうちプリ2アサクロ、商人の4体にまで絞りました。
あまりいても自分には育てきれないし、置いておくだけ無駄かなぁと。
あー そだ。
BSは1stがいたのですよ。
でも、まだ実装されていないWPに入ってしまい、抜けられなく…。
でもG倉庫にcやら武器やらなにやら入れてたので消せずにいたのですが、
心優しい友人がパッチをくれました。
おかげでその子は復活。
でも2ndBSの方が情が大きくなってしまい、その子はアイテムやzを移動させ消去。
初G作りとか思い入れはあるのですが、
やはり使わないのでは持っていても仕方ないので消してしまいました。

なにもかもさぼりです。 

July 16 [Sun], 2006, 0:49
もう何日RO本鯖に触れてないことやら…。
とある友人のブログを見てからどうしても本鯖で楽しむことができなくなってしまいました。
あんなに楽しかったGなのに、マスタの一言一言が気になる。
正直言ってG抜けてもいいと思ってます。
嫌なことから逃げてるって思われてもかまわない。
このまま楽しめないまま本鯖を手放すのならG抜けて新たに馴染めるG見つけてもいいじゃないか、
そんな風に思ってしまいます。
でも仲良くしてくださったみなさんとは友達登録したいなぁ、なんて甘い考えしてるんで
それが終わってから抜けたいです。
それが叶わないならいつかどこかでって出会いでもいいです。
寂しいですけどね。

まぁ元々ROやりはじめたのだって彼を待ってる間の暇潰しとか
一緒に楽しめるもの、ってことで始めただけだし。
彼が本鯖をやらないのであればあたしにもやる意味はない。
もう、終わりにしてもいいのかな。
本鯖のことを考えただけで苦しいよ。




このブログを友人が見ていないことを前提でちょっと吐露。

あたしね、あなたにROを教えてもらえて凄く嬉しかった。
毎日がすごく楽しくて、暇潰しに使うなんてもったいないと思うくらいだった。
きっとことの始まりはあたしがあなたをGに誘ったことからだと思う。
あなたがあんな風に思ってるなんて知らなかった。
ごめんね。
無理強いして。
でもせっかく入ったGだし、楽しんでってよ。
あたしはもういなくなるからさ。

いろんなこと言おうと思ってたのに言えなくなっちゃった。
言葉が上手くまとまらないよ。
でも…貴方に迷惑をかけてしまったこと、それだけは謝ります。
ホントにごめんね。










昨日、彼と付き合って1年になりました。
早いなぁ。今までいろいろあったなぁ。
悔しくて涙したことも、嬉しくって笑ったこともいろいろ。
せっかくの1年なのにお互いバイトだねって笑いあったね。
でも前日デートしたからいいじゃない。
これからもよろしくね。

もんもんもん。 

June 20 [Tue], 2006, 15:38
気分的に悶々してる今日この頃。

昨日は深夜すぎまでGMさんと狩りしてました。
おかげさまでBLv3つJLv2つupしました。
すっごく楽しかったです。

昨日はたまたまだったので土精でやりました。
うにょうにょしてて段々ナメクジに見えてきたのは自主規制w
でもホントすごくよくしていただいてます。
この広いROの世界で今のGに出会えたコト、奇跡に近いのではないでしょうか。
マスタ様々ですね。

そうそう、お知らせし忘れてました。
あたしはスルト鯖にて活動させていただいてます。
「空葉 凛」としてやっています。
アコです。
別キャラは「夜璃依」商人です。
お見かけした方はよろしくです。
まぁ人知れずこそこそやってるブログなので知ってる人がいっぱいだったらビックリですがw

うちのGはROを始めてから1ヶ月とか2ヶ月とかの人たちばかりだそうで。
リアル年齢は上下様々なのですが、RO暦はさほど差がないそうです。
マスタでさえ休止中を含めても1年未満。
リア友だけが2年近くやってます。
その子もうちのGに入ったのでいろいろ勉強させてもらってます。

そんな面白おかしいG、日々楽しんでます。


今日もやろうと思ったのだが・・・メンテ時間が延長してます。
終了予定は未定だそうで。
今日はバイトだから5時には学校出なきゃなのになぁ。。。
帰宅してからもあんまりプレイする時間はありませんですよ。
こんなことなら昨日の夜のうちにもっと遊んでおくべきでした。

本当の蒼い空。 

June 05 [Mon], 2006, 11:38
「空の蒼さは…場所や、時間や季節、天気なんかでもとてもよく変わります。そして、どれもきれいでした。その時はきれいと思えなかったのも、今思い出すと、きれいと言える気がするんです。……今まで、ボクがいろいろなところで見てきた中で、これこそが“本当の蒼い空”と呼べるものは、ボクには見当たりません。……だから、“そんなものはない”。今のボクは、そう思います」
キノの旅V 時雨沢恵一著 から抜粋


以前アニメで見てずっと気になってるものです。
やっと小説の方でも見られたので文章を抜粋してみました。
なにか不都合があれば消去いたしますので。


「本当の蒼い空」あたしもずっと考えていました。
青空を見るたびに、「本当の蒼い空」ってなんだろう、どんな感じなんだろう、って。
今回この文章を読んで「あぁ、“本当の蒼い空”って人それぞれが感じるものなんだ、
それぞれが違う空なんだ”」って思いました。
スポーツの時間に読んでいたことは内緒ですがw





今あたしには彼氏がいます。
付き合ってもうすぐ1年。
彼はあたしよりも“あたし以外の女”と話をしてる方が楽しいみたいです。
あたしとはもう楽しみを見出せないんでしょうね。
そんな彼とは別れるべきなんだと思う。
でも…別れたくない。
あたしは今でも大好きだもん。

月が替わった金曜日。 

June 02 [Fri], 2006, 11:18
今日はバイトです。ハイ。
今度の水曜には久々の深夜勤が入るので今から眠気と戦っております。
早いですがw

昨日はROのGMさん(通称お兄ちゃん)とリア友2人とあたし(計4人)で天津へ狩りに行きました。
でもお兄ちゃんは通行証持ってなかったからもらいに行きました。
あそこ、狐追い出す(?)のがあるじゃないですか。
友人曰く、あたしは5回でできたんだけどお兄ちゃんは…20回近くやってました。
みんなで見守ったり励ましたり運あげたりしてたのですが、
結局最後は自分で使った聖水が効果ありだったようで(´∀` *)
無事みんなで天津へ狩りしてきました。

そこでの出来事はもうホントに笑いっぱなし。
一番長くやってる(と思う)友人に案内してもらい、他3人は天然ボケで御一行してました。
途中でお兄ちゃんはバイトに行くので切り上げ。
あたしらも少しやって切り上げにしました。

うちのGMはホントに変人です。
変わり者しかいません、ってくらい変ですw
まぁそんなだから入ってすぐのあたしでも馴染めたんですけどね。
仲良くしてくださるGMさんに多謝です。

以前いたGには社会人さんばかりで時間が合わず、結構寂しい思いをしておりました。
でも今回のGは同じ学生さんばかりなので時間が合い、気も合います。
たぶんGがなくならない限り、あたしはココに居続けると思われます。
そのくらい気に入ってるんですよ。

あのGに誘ってくださったお兄ちゃんに1番多謝v

人知れず。 

May 26 [Fri], 2006, 18:12
移動、という形で始めてみました。
どこから移動してきたかは秘密ですw
名前を見てピンと来た方ももしかしたらいるかもしれませんね。
あ、でもこの名前じゃ来ないか。笑


今後はラグナロクの話やら心情やらいろいろと書いていこうかと思っております。
更新は不定期です。

頑張っていろいろ追加したりしようと思ってますので、
どうぞお付き合いくださいませ(´∀` *)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rainsmile
読者になる
Yapme!一覧
読者になる