栄養と食品の関係について

October 21 [Tue], 2014, 13:51
食品と栄養とは、密接な関係にあると言われています。ものを食べることは、生きるために必要な栄養を得ることです。食品の知識がない状態では、栄養の欠乏や過剰が起きることがあります。体調不良の原因が、栄養の偏りや不足にあるという場合もあります。この頃は、食事だけでなく、栄養補助食品を栄養摂取に利用する人がふえています。栄養所食品は、手軽に栄養素が補給できるものとして、多くの人の人気を集めているようです。最近のサプリメントブームは、なぜ起きているのでしょう。食品だけでは栄養が得られないものなのでしょうか。食品加工技術は日進月歩の勢いで技術開発が進んでおり、おいしいレトルト食品も多くなりました。出来合いの料理や、温めるだけの加工品などを食事にすることも、珍しくなくなっています。野菜の栽培には農薬をたくさん使うようになったために、野菜そのものの栄養が少なくなっているともいいます。健康のために必要な栄養を今の野菜から得るためには、より多くの野菜を食べなければならないということになります。食べ物のみで健康のために必要となる栄養を補給するためには、大食いにならないければいけないわけです。野菜を使って料理をつくるのも手間がかかるものですから、料理の時間がない人は、別の方法を探さざるをえません。一つの家庭の単位が少人数になっている影響から、レトルト食品や加工品を使って、手軽な食事をしている人も少なくないと言われています。現代人の食生活では、なかなか栄養を確保しづらくなっています。そのため、サプリメントを活用して栄養を補給する人がふえているのです。ミュゼ 宇都宮店
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rainsman9999
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/rainsman9999/index1_0.rdf