好きだけど上手く書けない・・・

May 15 [Tue], 2012, 14:00
「さて、笹部君を吊って次の日です。獅倉総悟君が無惨な死体で発見されました。
それでは会議を始めてください。」

「霊能結果。…笹部君黒」

董香ちゃんの言葉に周りがざわつく。

やっぱり、来たなこの展開!
この展開で占い師である獅倉君が噛まれると言うことは…

「次に吊る人物は確定したね」

ずれた眼鏡を直しながら蒼柳君は呟いた。
その途端に皆の視線がただ一人に集中する。
それは、

「…何かな?」

引きつった顔の結花ちゃんだった。

狼に噛まれるのは白の村人のみ。
そして噛まれたのは占い師である獅倉君。
この事から考えると、彼は少なくとも狼ではない。

「皆何であたしを疑うのかな?」
「そりゃあ獅倉が噛まれたからだろ」
「…それで?」
「まず、アイツが笹部を占って直ぐ噛まれた。
つまり人狼サイドからしたら邪魔だからだろ。しかもこんな序盤に当たるとは思わないだろ。
だから自分が当たる前に噛んだ」

丘蔵君の淡々とした説明に結花ちゃんは表情を曇らせた。
そして深い、とても深い溜め息をつく。

「ふむ。だけどそれだけで私を疑わないで欲しいな。一応占いの結果もまだだけど」
「そうだね、私もまだ相方の生存言ってないや。
因みに相方は生きてるよ。凄く元気そう」
「そっか。響ちゃんは白だよ」

響ちゃんに満面の笑顔で伝えると、結花ちゃんは直ぐに表情を引き締めた。

「そして慎君のへの反論だ。
狼には占い師が不必要なんだよ、だから噛んだ」
「…だったら何で最初に犠牲者が出ないんだ?」
「…狩人か」

苦い顔で蒼柳君が言った言葉に結花ちゃんは頷いた。

「人狼は最初から占い師を噛むつもりだった。だけど狩人が邪魔をした」
「俺が狩人なら間違いなく共有Coした佐野を守るけどな」
「確かに、普通は翔くんの言う通りだね。
だけど人狼も同じ事を考えてるって予測したら噛まれるであろう占い師を守らない?」

余裕の笑みを浮かべながら結花ちゃんは言った。
今自分が置かれている立場なんて関係無いって感じだ。

でも…

「机上の空論だ。私が人狼でも結花ちゃんが言った事くらいすぐ考え付くよ。
さらに狩人が守ったとしても成功は半分だ、下手したら私は噛まれてるよね?」
「えっと、だったら狩人に聞いてみたらどうですか?」

おずおずと言った感じで森崎さんが進言する。

「私も賛成、狩人なら誰守ったか分かるし」
「俺も、いっそ狩人が出てきた方が良いんじゃね?」

森崎さんに続くように董香ちゃんと柚咲君が進言する。
…この場合は、

「私は反対させてもらうよ」

考えていると、凛とした優葵ちゃんの声が聞こえた。

「今狩人が出たらそれこそ白石さんの思うつぼだよ」
「…なるほどな」
「…そう言うことか」

一体何が分かったのだろう。
頭の回転が速い蒼柳君と響ちゃんは納得したように頷いていた。

「つまり狩人が出たら次に噛まれるのは狩人だ」
「この流れに乗ってしまえば特定出来るもの」
「待ってよ、その言い方は私が人狼だって言いたいの?」

「まさか、君は狂人だろう?」

「そこまで、これより投票に入ります」



しまったああああぁぁぁ!!
今回議論だけで何も決めてない!

だけどこの流れなら結花ちゃんに票が入るかな?

軽く頭を抱えながら私は投票を終わらせた。
暫くして氷華が戻ってくる。

「それでは結果を発表します。白石さんに十票、柳音さんに一票。
よって今回は白石結花さんを吊ります」

…そういえば、やけに票が揃ってるなってこの時に考えた。

参加者

蒼柳俊太
上野董香
丘蔵慎
垣本鈴奈
河原優葵
菊川湊太
笹部亮
佐野琴音
獅倉総吾
白石結花
筑祢翔
森咲彩
柳音響
柚咲英太

GM
古川氷華・木坂秀


残り、10

************
さて、前回言いそびれた訂正ごとがあります。
全部の人狼小説に関する記事を訂正したのですが、ちょっと書きそびれたことがあったのでここで書きます。
書きそびれたこととは「投票」についてです。

前回の投票システムは廊下に出て箱にカードを入れるといった形でしたが、
訂正後は廊下に出るという点は変わりませんがGM(氷華)に吊る人物の名前を言うという事になりました。
誰が誰を指定したという情報は開示しません。
ちなみに吊る人物の指定や、占う人物、守る人物もGMに言うという事になりました。

箱とカードという設定は少々時間がかかりめんどくさいですし、学校で放課後にやっている設定なのでどうかと思いました、
その点ノートに書いていくのは便利かと思ったのですよ。

まあ、この位なのですが・・・。
ちょっと私が上手く伝えられないというのが悔しいですね・・・。
ただ、相変わらず質問があれば答えられる範囲で答えようと思います。
では。

久々に人狼続き

May 07 [Mon], 2012, 11:47
「さて、菊川君を吊って次の日です。
では会議を始めて下さい」


今日の犠牲者は?

その事を口にしようとした瞬間に、勢い良く手が挙がる。

「はい、霊能CO。菊川君は白です。」
「董香が霊能者ね?対抗は居る?」

言いながら周りを見ると、皆黙っていた。

「分かった。じゃあこの先出てきても信頼しないから」
「あの、何で対抗が居るか聞くんですか?」

おずおずといった感じで鈴奈ちゃんが聞いてきた。
そしてそれはそても簡単な質問。

「この先出てきたら困るの。それに対抗が居なければ少なくとも董香は本物と見て良い。
仮に本物が潜伏しているなら今までの結果を判断材料に出来るし両方吊れば狼が片方引っ掛かるから」
「なるほど」

鈴奈ちゃんは納得したように頷く。
そう、占い師が占い理由を言うのと同じでこっちも信用勝負。
対抗が居るならすぐに出ないとあまり信用されないからね。
ゲームの性質上村人の役職で潜伏してて良いのは狩人か共有者くらいだし。

自分の頭の中で納得すると、私は占い師に視線を向ける。

「次は占いの結果を教えてほしいな」
「まずあたしからね。
慎くんを占って結果は白だったよ。
理由はメタだけど人狼経験者みたいだから」

・・・。
なるほど、そう来たか。
だとしたら結花ちゃんは白?

・・・いや、それだけで決め付けるにはまだ材料が足りない。

「正直先に白石が言ってくれて助かった。真似されたり反対言われたら困るからな。」
「どういう意味?」

皆が不審そうに獅蔵君を見ると、彼は口を三日月にして不敵に笑った。

「狼見っけ。笹部を占った結果が黒だ。
理由は狐狙いでグレーの奴を占っただけ」

獅倉君の言葉に皆の視線が笹部君へと向けられる。
とうの本人は困ったような笑みを浮かべるばかり。

「まあ俺は村人なんだけどな。占いでそう出たのなら今日は俺か。
じゃあ吊る奴決めたし別の事話さね?」
「別の事?」
「ああ。察しの良い佐野さんなら分かるだろ?」
「…投票時獅倉君に入った一票。今日の被害者が居ないのは狐か狩人が護ったのか。
それで次の占い指命かな」

まるで正解と言いたいのか笹部君はにっこり笑顔で拍手してくる。

「正解。まあ結局は判断材料無いから話しても無駄なんだけどね。
普通に考えて獅倉に票を入れるのは対抗の白石だよな」
「確かにそうだけど。実際に佐野さんから指示は無かったわけだし菊川君のは願望でしょ?
第一白確だから共有者が中心になるだけで強制権はないはず」
「つまりアレか。白石は俺が狂人か狼だと思うから指示に従わず吊っときたい訳か」
「あら獅倉君察しが良いのね」

見えない火花が二人の間で散ってる。

「取り敢えずその不毛な争いは止めて。
占いの指示はグレーの人を任せる。狐を狙ってほしい。

後また不毛な争いを続けるようなら占い師であろうと吊ります。
そしたら確実に人狼サイドに連なる者が吊れるので。
今それをしないのはなるべく占い師は残しておきたいから。確かな証拠が無いと吊りたくないの。
でも不毛な争いをして審議をややこしくする様なら誰であろうと吊ります」

最後の言葉は皆に向けて言ったもの。
ただ吊るのはよっぽど場を掻き乱す人なんだけどね。

「今日吊るのはやっぱり俺?」

皆が黙り込んだ中、少し困ったように笹部君が言った。

「…判断材料が少ない今それがベストだから。…不満?」
「否、別に良いんじゃね」

「そこまで。これより投票に入ります」

木坂君がストップウォッチを押すと同時に氷華は言った。
今度は私が一番最初に投票に行く。

「や!初心者とは思えぬ活躍だね」
「活躍って…私は何にもしてないよ。それより・・・」

私は投票と用事を済ませると、視聴覚室へと戻った。
その後皆無言で投票を終え、集計を終えたGM二人がやって来た。

「投票結果が出ました。
笹部君11票、獅倉君2票です。よって笹部君をつりました」

淡々と氷華が結果を告げる。
獅倉君への票が一票増えていて、思わず本人の顔を見ると苦笑いを浮かべていた。

参加者

蒼柳俊太
上野董香
丘蔵慎
垣本鈴奈
河原優葵
菊川湊太
笹部亮
佐野琴音
獅倉総吾
白石結花
筑祢翔
森咲彩
柳音響
柚咲英太

GM
古川氷華・木坂秀


残り、12


―――――――――――

さて、ちょっと面白くないので前回と今回ので訂正を加えました。

・共有者のメモ内容を隠す
・最初の役職紹介も隠す
・最後に参加者一覧と残りの人数表示

本文はほぼ変わってませんが、この二つをやる事によって今まで白確だった二人もグレーの存在になって頂きました。
ただ、本編に書いたように共有者と出たらほぼ白確だと思って良いでしょう。
人狼に共有者を偽るのは難しいので。
それに今回初日犠牲者は役職持ちではありません。
故に共有片割れだけの状態でスタートって事は無いので、必ず対抗が出てしまうわけです。
そして人狼が共有者をやるには必ず二人組みでなければなりません。
これが共有者を偽るのが難しい理由です。

第一共有対抗状態になればもちろん相方に出てきてもらいます。
その方が信頼を得られるので。
その上で共有者ローラーを行えば確実に人狼二人は吊れますからね。

以上の理由で共有者がほぼ白確なんですよ。
ただあまりにも頭の良い偽共有が居たらどうなるか分かりませんが。


しかしつたない文でごめんなさい。
間違い箇所の指摘、解説して欲しい場所などご要望があれば何なりと言ってください。
文字が見やすくなるような指摘でも構いません。
皆様に楽しんでいただけるよう最善の努力が出来ればなと思います。

では、追記にて遅れてしまいましたがコメを返させて頂きます。

おめでとーーーーーーー!!!

April 14 [Sat], 2012, 14:59
白石君誕生日おめでとう!!
久々の更新ですが遠慮なく祝います!!謙也君はなんだかんだで祝いそびれてしまったので。

無駄が無く、努力家な白石君って素敵ですよね。
友人との間だと良く変体扱いされたりヤンデレ化しますけどそんな所も大好きです。
なんというか彼を見てると幸せになります。
爽やかな笑顔や真剣な表情を見ると全力で応援したくなります!!

そろそろ自分が気持ち悪くなってきた気がするので、追記にpixivに上げた絵を載せます。

今日は卒業式でした。

March 10 [Sat], 2012, 13:00
兄の。
いや、三年経つのって随分早いですね。
本人も高校生活が終わるのが不思議な感覚だと言ってました。



最後に、謙也さんの誕生日まで後


靴って書くのが大変ですね。もっと練習せねば・・・。
しかし金ちゃん似てない・・・orz

カウントダウン!!

March 09 [Fri], 2012, 22:04
謙也さんの誕生日まで後、



資料無しだからミスってたらどうしよう・・・。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:風瀬 桜佳
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1996年2月5日
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:小中高生
読者になる
小説を書いたり、読書をしたり、絵を描いたりするのが好が頭の悪いやつです。(ォィ

ただ今テニスの王子様(主に四天宝寺)に夢中です。
かなりグダグダですが、暇つぶしに見てもらえると幸いです
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像辛嶋匁
» 好きだけど上手く書けない・・・ (2013年06月01日)
アイコン画像スーパーコーラ
» 今日は卒業式でした。 (2012年04月16日)
アイコン画像りま
» PC弄るのを止めることにしました。 (2011年12月23日)
アイコン画像egg
» 気がつけば (2011年04月14日)
アイコン画像しらたまきゅうり
» 気がつけば (2011年03月18日)

携帯小説