生まれ育ちはないが 

2009年06月16日(火) 16時47分

姜相で最も影響力の日本の民族的に韓国の住民()です。東京大学で政治学教授は、彼はまた、国の周りを、講義は普通のテレビ解説者であり、一流の時事週刊誌内の列があります。

ニュース写真
書き込み:カンの本のちから(パワー揺らめく)

彼の人生の中でガイド本のちから(パワー揺らめく)は、のコピーを販売している、カンなぜそれが今日の日本に住んでいるのでするのは難しいことができる、自由市場経済の想定にもかかわらず、給付と分析最先端の情報技術。

――一部をに沿って自分の学問的動機では、社会の仕組みを理解する彼は明らかに彼の背景には、社会には不利な少数派の一員として、彼の深い洞察力を属性に表示されます。

年には、熊本県、九州、日本には韓半島の南部から第二次世界大戦の勃発前に、移動貧しい韓国の親の息子に生まれた。―ときに厳しく差別された韓国人で栽培、カン哲夫長野県は、日本名で自身呼び出すために使われるは、ほとんどが日本での人種差別を避けるためにによって採択されたの練習。

しかし、最初の訪問の後、彼は年に韓国に戻って、彼は大学の学生だったときに、カン彼の日本語名を使用して停止し、自分のカンサンジョンコールを始めた。されたため、彼は韓国の先祖を受け入れることにした彼の自伝で説明している。

その後、東京の早稲田大学で初の学位を獲得した後、彼は博士号と同じ教育機関で、政治思想の歴史を専門に学ぶ。また、大学エルランゲンドイツのニュルンベルクでは、年代初め、日本の私立大学で非常勤ポストを飲む前に学んだ。

この直後には、年には最初のカンマスコミの指紋押捺を拒否したときは、日本のすべての外国人には必須とされ表面化した。

しかし彼の逮捕に抗議に直面したときは、東京のサポーターは、国際キリスト教大学で助教授のポストにカン手伝った。後は、湾岸戦争が勃発した年に、彼は定期的にテレビで政治評論家として登場も政治的な問題についての書籍を公開し始めた。

年には、姜教授の研究所社会情報通信研究東京大学としてのポストに任命された。―カン日本の一流大学で唯一のつの韓国の大学教授の遺跡は全部で約人の教授している。年以降、彼は大学で情報学部の教授のポストを開催構想している。

ニュース写真
前向き:カン年齢彼の両親と弟の写真を年に熊本県、九州、ここで彼は生まれた。カンジョン育った相での撮影で(前列左)

月日、歳の学者では、日本時間に、東京の文京区にある同大学の事務室で話をした。

あなたの本のちから(パワー揺らめく)は、読者に社会の発展のための情報技術の急速な変化とは、自由市場経済の拡大を強調したアドバイスをする。どうしてこのような話題について書くのですか?

昔から、人々は、技術開発ユートピアにつながると考えられている。社会の新たなフォームを作成し、現代の時代は確かに、人々は完全に別の将来的には、ユートピアのようなもの期待していた。―しかし、今日は表示ユートピアのユートピアでは何を参照してください。それが生きるのは難しいでは、なぜですか?このため、個々の生活のすべての情報と科学の顔には、値をしていないようですからだ。何が欠けている値は、社会の人々の生活の意味については、感情を共有する上での理想に基づいて形成されていないことをされています。

これらの政治問題であるため、政治権力と対立だけではない。政治、どのように公平に、どのように体の不自由な人々を助けることができる希少な資源を適切に配分し、どのような関係を形成、社会の価値観を共有し、どのようにお互いにサポートしています。政治のこのようなことについて、すべきパットの練習にしようとしている必要があります。しかし、ここで行き詰まった政治をしている。だからこそ、誰もが生きるのは難しい感じだ。

そのためには、私の本の中で、私は問題は夏目漱石(日本の小説家、)、マックスウェーバー(ドイツの政治経済学者や社会学者、)は、簡単に理解できるのに直面している説明文を参考にしようとしています方法。

今日では、多くの若い人々の不安に悩まされる存在で、自身はどうしたらいい質問だな?やなぜ生きるのか?あなたの若さで同様の経験を持っていましたか?

私は似たような問題を抱えていた。私は自分の国籍を、私のアイデンティティと思春期に関連するさまざまな問題については困っていた。しかし、ある意味で私の問題をクリアした。今日の人々の問題を参照して、大きな物語に接続するためにハードに直面している困難です。

例えば、私は自問自答して困っていたため、なぜ私はこの社会の中でこのように生まれたのですか?しかし、その後、試行錯誤を通して、私が私のナショナリズムのように、今はお互いに関連して見ることができると私の国、日本と韓国の国境に自分の場所排除しようとしています。

しかし、今日の日本で貧困にあえぐ若者たちのことにはいくつかの優先接続することはできません。前に、若者の社会運動と労働運動、革命と努力資本と労働の関係を変更するとの連帯感を接続することでした。しかし、現在すべての問題を社会の中で、個人に関連すると考えられている、自分自身をして解決する必要があります。

私も個人の責任をかぶるくらいだと思う。貧困の中で人々は労働組合に依存することはできません。政治家の人々を代表していません。地域社会が劣化しています。社会保障を削減されています。特定の人々を歓迎するため、社会を除外し、他の貧しい人々はほとんど、任意の場所に移動している。―例えば、大学の卒業生でも、一度も不定期になる従業員は、正規職を取り戻すのに苦労した成績が劣る人は使い捨ての労働者になることを余儀なくされています。

―現時点では、数字は年のリリースでは、多くの自殺者の約人が自殺した代の人々の間で流行している過去最高数。また、代と年代に多くの人々が自殺をする人だが、その数字は、若者の間でされているように増加されていません。この背景には、私の本も販売しているのは、私と考えています。

熊本では、生まれたあなたの両親は、韓半島の南部から来ました。あなたの両親について教えていただけますか?

韓国では、貧しい農家の長男だった私の父は、日本には年代に入って来た。まで、アメリカの空襲が始まったのは名古屋、ここで別の会社の工場の場所に避難されていた彼は、軍需工場で三菱東京の巣鴨地区に中古で働いた。しかし、名古屋、彼の息子、私の兄は、爆破されましたが死亡しました。日本の成人男性の大半は第二次世界大戦の終わりに、兵士、韓国人労働者としての役割をしていた。終戦前に、私の父を失うことになる日本を予言し、彼は韓国に復帰することを決めた。彼のように、彼は熊本には、軍事警察としての仕事をしていた弟が、見に行った。その後、兄の後も、韓国に戻っていたが、彼はそこで彼と結婚するとの取り決めによっては、戦争中に韓国から来ていた私の母と宿泊。

熊本場合には、韓国社会で育ったについて教えていただけますか?

これは、第三世界のようだった。韓国が日本の社会から除外された。日本の人々はとても貧しいが、貧困層もいた。この状況は徐々に、年代後半には、政府の上に戦後の時代を宣言したが変更されました。その頃、私の父は自分のリサイクル品事業を開始して、韓国社会のを変えたのだ。

あなたの本、あなたが非常に小学校で歴史を学んだときに感じて落ち込んでいる。なぜだ?

我々は、古代日本、大和と呼ばれ、韓半島の植民地政府が名前を教えていた。――最近その存在が、ではないと考えられ、歴史の政府のバージョンそして第二次世界大戦中に近隣の国々日本との関係はまだ私は学校で受けた歴史教育に反映された。それが多くの日本の人々は、当時の韓国人への軽蔑的な態度を主導した。今日、日本の数百万の韓国人は信じられないほどです互いの国を毎年、アクセスしてください。

ときに、早稲田大学の学生が、年に初めて韓国を訪問した。どうしてそんなことをするのですか?

私は学生時代、プロのプレーしたかったが、私は自分の夢をあきらめた野球をやっていた。その後、落ち込んでいた私は、生活の目的を理解できませんでした。早稲田での年目の終わり、韓国、人の豊かな弁護士が、私の叔父には私に連絡して、どうしてあなたをここで夏休みが来るのですか?だから私は行くことにした。

あれは何の訪問からの印象に残りましたか?

私はカルチャーショックだった。当時、韓国は独裁政権下で、社会矛盾に満ちていた開発され、人々が生計を立てるのに苦労した。私はその時のために韓国と日本の間のギャップに驚いていたのは、年に、日本のが西ドイツを超えた。しかし、一方、私は非常に快適でその国についてのようなノスタルジックな感じになった後、私は韓国にしてください。その後、ヶ月間滞在した後、私は後ろ髪を引かれる思いで出発した。

猫の身じたく 

2005年10月30日(日) 17時24分
物置の書庫をようやく一周し、通路ができる
ぐらいには片付けた。
過去の自分を振り返ると、その一財産とも思え
そうな本の山を、簡単には捨てられないでいる。
自分は記憶が並外れて不得意なので、捨てたら
自分の価値が減ってしまうような感覚もある。
そのエッセンスだけはきっとどこかに残って
いるのでしょうけど。

でも自分だって、きっといつかは死ぬ。
そのときに山のような本が残っていたとしても
その価値をわかる人はごくわずかでしょう。
むしろ誰が片付けるんだと、撤退コストの方が
たいへんだ。
せめて簡単に捨てられるぐらいにはしておこう。

人の書いたものに価値があるとすれば、
その本に価値があるのではなく、その情報を
必要な人に届けたことに価値があるのでしょう。

野外映画会 

2005年10月29日(土) 17時25分
友人の知らせで、近くの公園で上映という
ハウルの動く城を遅ればせ観てきました。
お話は千と千尋っぽくて新鮮味が薄く・・
とはいえ作品として洗練されており文句の
つけようがありません。
もうすぐDVD発売でもあったけど、やはり
スクリーンのほうが、同じ空間を共有して
観ている人がいるという趣があっていいな。
蚊は少なくなったけど、さすがに2時間野外と
なると足腰が冷える。
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像はぁああわわぁあわ!!!!
» 生まれ育ちはないが (2009年09月11日)
アイコン画像手マンの伝道師っすwww
» とある牧場主が (2009年05月11日)
アイコン画像じゃぶ
» とある牧場主が (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» とある牧場主が (2008年09月30日)
アイコン画像ちちち
» とある牧場主が (2008年09月25日)
アイコン画像50t
» とある牧場主が (2008年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rainfzk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる