プリンセス・トヨトミ

April 09 [Mon], 2012, 22:39




原作の面白さが、いまいちあの時間では伝わりづらいかも…。

どんどん話がつながっていく面白さがあるんだけど、時間の関係上、飛ばしたり説明不足だったり…みたいな。

キャストはすっごくよかったんだけどなぁ。

鳥居役は原作でも微妙だったから、かえって性別逆転、綾瀬さんでよかったかも。

堤さんと中井貴一さんが役柄逆でもよかったかも。

最後の銃声のくだり、あったっけ?


66点。

ALWAYS 3丁目の夕日 64’

November 28 [Mon], 2011, 21:34


  ただただ、温かい映画でした。

  創作で、ベタかもしれないけれど、震災の後、こういう優しさだけの映画も必要だと思いました。

  いつもは、ベタだ〜とかいって笑うけど、今回ばかりはただただ、優しい世界に浸りました。

  笑って、泣いて。



  気分がふっと軽くなる。そんな映画でした。



  97点。

パラダイス・キス。

November 19 [Sat], 2011, 12:46
漫画友達とまわし読みしたなぁ…と思いながら視てました。

かなり端折ってはあるんだけどね。


それにしたって、向井理はジョージにしては日本人顔すぎるでしょう…。
確かにイケメンだし旬だし、ちょっといいかも、と思ったが…やっぱり顔が外人並みに濃くないとジョージとは言いがたい…と、書店で漫画を見て再確認(笑)

それにつけても、イザベラの実写化は難しいよねぇ…。
きれいだったし、似てたけど、声がどうなんだろう。声を想像したことがなかったので、「…おぉ…」って妙に構えて見てしまった…けどきれいです。

それよりもなによりも、ひでぇ…っておもったのは主人公の紫ですよ…。

モデルとしての歩き方じゃないし、やっぱり品がないよなぁ…。
綺麗だなぁって思うんだけど、歩いたりポージングしているのをみると、「おいおいおい…」と思ってしまう…。
ポージングワンパターンだし、半端だし、「え!?」みたいなのもあるし…。
最後も「お前への拍手だ…」って、いやいやいや、あんな歩き方で拍手はないだろうよ…。

北川景子ちゃん、お嬢様とかそういう役が多いんだけど、それにしては正直品がないよなぁ…。
かわいいんだけどね。綺麗だし、かわいいし…でも、しぐさがいちいち気になるわぁ…。

…という、なんだか複雑な気分で観てました。

60点。

武士の家計簿。

July 30 [Sat], 2011, 20:49
武士の家計簿。

江戸時代末期。加賀藩に一人の若き侍が居た。馬鹿正直で、真っ直ぐな融通の利かないその男の武器は、そろばん。


堺雅人と仲間さん主演…!!
私の大好きな女優さんと男優さんですよ!ナイスカップル…癒し系☆
とか思ってましたが、なかなかどうして違和感のある夫婦…(笑)

でも素敵夫婦でした。
愚直なまでに融通が利かない真っ直ぐな旦那さんと、それを包み込む明るい奥さん。

いいわぁ…☆

それにしても、松坂慶子はマジで貫禄が凄いなぁ…(汗)

家計が苦しくなると、やっぱりあそこまでしないと駄目だよね…難しいわぁ。
でも途中で気がつかないかなぁ?息子の晴れ舞台にお金が足りない…まで行く?

拾ってきてつじつまをあわせちゃいけないんだね。
何だか経理をやっている身としては、そうなんだよねぇ…帳尻だけあってても駄目なのよねぇ…でもそれが難しいのよねぇ…と何だかどっちに同情したらいいかわからない(笑)

堺さんがよぼよぼになっちゃうのが(しかも若干ボケてるし)哀しいですが、幸せな最後だったんだろうなぁ。
それにしても奥さん、旦那が死んで20年も生きたか…!!

75点。

ちょんまげぷりん。

July 22 [Fri], 2011, 20:58
ふざけたタイトルですが、見終わると(読み終わると)これ以上無いタイトル!!

原作本も面白かったんだよね〜でも映画もなかなかです。
しかも後から見て気がつきましたが、マルモの福くんが出てるんだね。
相変わらず泣き虫な役ですが、泣き顔が確かによく似合う…(笑)

ともさかさんも主役の錦戸さんも上手。
江戸時代の人と暮らすとこうなるわな…的な面白さがありました。
特に風呂入った後に、「…やっぱりヅラじゃないんだ…」とともさかさんがにこりともせず言うところ。
笑うだろ〜あの落ち武者感(笑)

クスクス笑えますが、最後はなかなかに感動します。

最後ですが、あの池に入るシーンは、もうちょっとこんなに技術が発達しているんだから、うまいCGがあるだろうよ…とビックリしましたが、それ以外はお勧めです。

88点。

僕と妻の1778の物語。

March 03 [Thu], 2011, 19:09
僕シリーズの映画化。

僕シリーズ好きなんですよ〜…。
楽しみで、映画館で、「泣かないぞ!」って気合を入れたら…

しょっぱなでロボット!!(笑)
風変わりな朔の妄想や作品が、映像で見せられるのはとても奇妙で面白い経験でした。

あんまり泣かせようともしてない気がする…。

妻は、徐々に徐々に弱っていって、でも朔は単純に信じている。(信じようとしている)
毎日夢中になって作品を書く。
妻はその後姿を幸せな気持ちと、泣きたくなるような気持ちで見ている。

奥さんが朔を支えているのはもちろんですが、朔もまた奥さんを支えている。
それぞれの夫婦の形。

なんだか結婚っていいものなのかもしれないなぁ。
と、思った映画。

朔も奥さんも可愛い。
見ていてだからきゅんとなるし、この二人が迎える最後を思うと無性に切なくなる。

でも見終わった後、どうしようもない気持ちにはならない。
何だか心が温まって、ちょっと切なくて。

いい映画だったなぁ。

99点。

特攻野郎Aチーム。

March 03 [Thu], 2011, 19:05
昔の人気ドラマの映画化。


いやぁ映画館で見たかったけど、タイミングを逃しておりましたが、DVDで見てよかったかも。

というのも、嫌な意味じゃなくて、みんなでわいわい笑いながら見るのにぴったりだから、家族で楽しみました。

「うっそ〜!!?」とか、「マジですか!!!」とか「ありえないだろ〜(笑)」とか、みんなで大笑いして見てました。

前のドラマも、そういうハチャメチャな流れや設定が面白かったんだから、映画化成功?
あんまりヒットした記憶はないけど(笑)
B級作品としてはかなりいい作品なので、もっと認知度さえあればヒットしたのかなぁと思います。

笑いながら見て、あんまり内容覚えてないし(笑)誰が犯人で誰が味方なのかもあやふやですが…
もう一回みたいねぇ。

日曜洋画劇場とかで、やってくれないかなぁ☆

83点。

SPACE BATTLE SHIP ヤマト。

January 24 [Mon], 2011, 12:37

久しぶりに映画館で映画を見ましたが、超ひどかった…(汗)

何よりも、実写化に向いていない作品だと思います。

日本のVFX技術がすさまじく進化して、ハリウッドにようやく追いついてきたっていうのはわかりました。感動。

でも、作品はなぁ…。
脚本とか役者の問題もありますが、何より原作がそういう台詞だったら仕方ない…。
だからむいてないわけよ!実写化に。
台詞が薄ら寒い!!

主役も若くなきゃだめだろ…。
さすがにキムタクでも、限界があるわけで…。
そしてキムタクよ…滑舌悪すぎるだろ…。

そしてオチ!
あのオチが一番映画とかドラマで使っちゃいけないパターンです!

大体読みどおりの行動をして、それぞれの役者さんを見た瞬間に、この人はこうなるなぁ…って思った予想を裏切らないまさかの映画です。

…まぁ、キムタク主演だからここまで入ったんだよね。そこらへんはやっぱりすごいなぁ…。

50点(VFXに敬意を!)

カイジ

October 21 [Thu], 2010, 12:26

思ったよりも藤原竜也が泣きすぎで(笑)
しかも泣きながらしゃべるシーンが多いから、何言ってるか全然わかんないよ…(汗)

友達の借金背負って言い訳が多いけど、何だかなぁ…。
しかも二人が橋を渡りきった途端で一瞬停電して、テレビが着いたらなぜか松山ケンイチが落ちていった…(苦笑)
その数分間に何があったの…

香川さん最近顔芸(笑)多くないですか龍馬伝とか…。
まぁうまい役者さんですけど。

天海さん、綺麗な気の強い役やっぱはまるわ〜!

2ってぶっちゃけいる?どういう設定にすんのさ?

65点。

20世紀少年最終章 ぼくらの旗。

August 05 [Thu], 2010, 12:34
原作と結末が違うらしい…ですが、原作をまだ読んでいない人には全く気にはならないです。

ただ、長い(笑)
原作が超大作なだけに、長いのはわかりますが、映画一本一本のなかで間延びしている部分もあるかなぁ…?

20世紀少年のなかでの時系列になっているので、演者がみんな老けメイクをしなくてはならないのはわかりますが、話の無いように妙にメイクが気になって集中できないのが難点かな。

あとちっちゃい子と見るのははばかられるぐらいのグロさはあります。

なんか三部作の超大作の割には…って感じかなぁ。
堤監督とはなかなか合わないかも。

60点。
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rain_tears
読者になる
Yapme!一覧
読者になる