そんなの嘘

February 19 [Sun], 2012, 1:39




最初からわかってた。






何をやったって自分はダメだと。





そして失敗して怒られて・・・





結局何がやりたかったのかもわからなくなってる。





昔大好きだったマット運動も今はできないし、







もし、自分がこんな病気にかからなかったら・・・






もし、自分がもっと賢かったら・・・・・





もし、自分が頼られたら・・・・・・・





そんなどうでもいいことを考えて、勝手に落ち込んで・・・






お母さんに甘えたかっただけなのかもしれない。








そんなおととい





お母さんに甘えてみた。







昔は何でも出来たのに、今は何もできない。





自分がしたいことが分からない





って






ばかじゃないの?





って言われた。





そう返されるのはわかってた。






でも、そのあとの言葉が痛かった。








そんな事考えるなら家出ていって







こんな子知らん。








って。














え?








何?








私は無言のまま布団の中で大泣きした。







このまま泣き疲れてれ死ねばいいのにと思った。









お母さんがこんな事言うと思わなかった。






今まで、あんなに優しかったのに・・・・






心ではずっと私のことうざいと思ってたの?









私は泣きながら何ども問いかけた。








目が腫れるまで泣いた。










そこらへんにあった薬を全部飲んだ。













吐き気が止まなかった。








学校も休んだ。








行かなきゃ留年するかもしれなかいのに・・・










それでも行きたくなかった。











今日久々に切った。









みみず腫れになった。










怖かったんだ。最初から・・・











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りさ
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント