さとさとだけど宇津木

February 05 [Fri], 2016, 18:05
妊娠する前の段階で葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に掲載されていました。
葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。
野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでも良いそうですから、ちょっと安心しました。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。
安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、充実した妊活ライフにしたいと思っています。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。
普段から妊活を頑張っている方は、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。
中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。
出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
二児の母です。
妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。
上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。
産み分けをして良かったと思っています。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番興味あるみたいです。
私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。
仲良くしている友人が彼女が妊活をしている時によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。
漢方だったら安全に服用できると思います。
その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かりました。
ずっと頑張っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
妊娠に大切な葉酸は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。
それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。
葉酸を過剰に摂取すると、発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、規定量を必ず確認しましょう。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そんなことはありません。
赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。
妊活中の女性において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。
そのうえ、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。
ですので、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも多くの効果が見込めるサプリだという事です。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温計測から始めてみましょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。
普通の体温と違って基礎体温は、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、それを守ってつけていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。
とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方もいらっしゃいますよね。
万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。
ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は摂取できているという事ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/raiezldedaheae/index1_0.rdf