来年のカレンダーを入手、忘れているものとは?

November 26 [Thu], 2015, 21:51
カレンダーはもらうもの?

来年のカレンダーはもらうものですか?
いまだに取引先からもらったカレンダーを
仕事納めの日にみんなに配って持って帰る。

20世紀後半の日本の年末の風物詩でした。
いまだにかたくなにその伝統を踏襲している人々もいます。
伝統を守るのは素晴らしいことなので文句は言いません。


ところで、自分の部屋のインテリアは自分で選びたいです。
カレンダーはインテリアの中でもかなりのウェイトを締めます。

そのカレンダーを人任せにするというのは
自分の生活空間を他人にゆだねるようなものです。
それでも平気な人と平気でない人がいますけど。

同じことが手帳にも言えます。
自分が一年間使う手帳は自分で選びたい。

いまだに取引先からもらった手帳を
仕事納めの日にもらって帰る。
それでも大丈夫な人はそうしてください。

私はイヤです

ですから私は自分の家のカレンダーは必ず
自分で選んで部屋にマッチしたものを予約して買います。
毎年その時期になると書店から連絡があります。

その時期とは10月末であり、
既に来年のカレンダーは決めているものを入手しています。

手帳も予約はしていませんが、すでに入手しています。
こちらも毎年使うものは決めているのです。

手帳だって仕事をする上で欠かせないものなので
自分でじっくりと選んで、便利なものを使いたいですよね。

来年のカレンダーと手帳を入手すると、
そろそろ今年も終わりかなと言う気分になってきます。
今年も残り少なくなってきました。

年末年始にするべきこと

来年のカレンダーと手帳を済ませたら気になるのが
その他の年末年始の準備です。

まだまだ手を付けていないものがたくさんありますよね。

どれから片づけていきましょうか。

クリスマスは必ず来ますが、今年もケーキを買ってきて
お家でパーティーをしますか?

子供がそれを喜ぶ歳ならばともかく、
もうそろそろお家のクリスマスパーティーを
卒業してもいいかもしれませんね。

その他にも12月にすることはたくさんあります。
買い出しにはいかないといけません。

クリスマスセールなどもあるので
必要な衣料品は入手しますよね。
家具や電化製品も傷んでいないか調査が必要です。

灯油の準備もいりますよね。

お正月に向けてお供えは注連飾りや
場合によっては門松も必要です。

子供たちが帰ってくるのならのその準備もいりますし。

そのように考えるとやっぱり年末は忙しいです。

そんな中忘れていたものがありませんか?

おせち料理はどうしましょう?

おせち料理は毎年、頭を悩ませます。
もうそろそろお家のおせち料理に変化を求めたくはありませんか?

思い切って今年はどこかに注文してみませんか?

お正月でどうしても気になってしまうのが食べ過ぎです。
カロリーが多く、塩分も気になります。

特に自分が作るおせち料理は、ついついカロリー過多になりがちです。
そして、塩分も濃い味にしたがる傾向があります。

そのような時はプロにお任せするのがいいでしょう。
多少食べ過ぎてもカロリーと塩分が控えめのお節料理です。
どうしても、おせち料理だと多めに食べてしまいますからね。

この冬はぜひ健康志向のおせち料理を考えてみませんか。
そのためには健康三彩のようなお店を調べているのもいいかもしれません。

お正月早々縁起物のお節料理で体調が悪くなるのは
どうも悲しい話ですから。

明るく健康に一年を過ごしたいものです。
 ↓↓  ↓↓