古市でウェルシュ・コーギー

December 14 [Wed], 2016, 12:00
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。看護師といえば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室が置かれている企業もあり、沿ういう場所で働く人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でもおこなう仕事と思って下さい。



看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。


月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。



病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長つづきしない所以のひとつだと思われます。


日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。

ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
修学旅行やツアーなどに供に行って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。

既婚で子供のいる人は週末に休めたり、夜勤なしの職場を願望しているものです。病院以外を職場とするのであれば、その職場に適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお薦めです。ナースむけの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことが多数あります。
しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。
こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。産業看護師は健康に働けるように従業員に保健指導をしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。

産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワーク等で見つけるのはほぼ不可能です。興味を持った人は看護師専用の転職サイトがありますから、それをご利用下さい。


看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。



看護師の国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90パーセントと非常に高い水準を保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる