ゆみっちがペンシルフィッシュ

June 14 [Wed], 2017, 10:11
医療保険の給付対象となる医薬品としてAGAの治療薬は扱われていません。ということは、基本的にはAGA治療は美容整形のように保険適用外となり、全額を患者が支払うことになります。費用の総額は薬の種類や数、治療の方法によって大幅に変わるので参考値を出すのが難しいのですが、もっともお手頃なのはジェネリックの内服薬を処方してもらうことです。そしておそらく一番コストが高いのは植毛で、本人の希望次第では百万円以上かかった例もあります。将来AGAの症状が出やすい体質なのかどうかを検査して、医学的にはっきりさせることができるのがAGA遺伝子検査の特徴です。どんなに年をとっても遺伝子パターンが変化することはないですし、何度も検査する必要はなく、一生に一度検査すれば十分です。男性型脱毛症の治療をしている病院であれば、遺伝子レベルでの検査は普通に受け付けているものの、通院する時間がとれなかったり検査はしたいけれど出費は抑えたいという場合は、通販の遺伝子検査キットを購入すると実費だけで検査が可能です。男性型脱毛症(AGA)の治療には公的な医療保険が適用されず、治療にも長い時間を要するため、月々の治療費も相応の額になってしまいます。処方薬の中でも最近よく聞くプロペシアという薬は後発医薬品が販売されていますから、先発薬に代えて使うと医療費削減に役立ちます。後発医薬品は海外ではかなり前からいろいろ販売されていましたが、最近になって日本でもようやく国産ジェネリック医薬品が流通するようになりました。ただ、後発品の使用には医師の許可が必要です。いままでに判明しているAGAの発症要因は、男性ホルモンや遺伝的要因でしょう。それ以外には食事の偏りや好み、寝不足といった日常的なこと、仕事やプライベートのストレスも補助的要因として考えられるでしょう。とは言うものの、現状でその要因から発生に至るまでのプロセスまでもが明らかになっているのはジヒドロテストステロンによる影響です。体内でテストステロンが強い作用をもたらすジヒドロテストステロンになり、その結果、毛母細胞からの発毛と頭髪の維持を妨げているというメカニズムがわかってきました。薄毛の男性の9割がAGAと言われるほど日本では馴染み深いですが、残りは非AGAということになります。例を挙げると頭の一部の毛が丸く抜ける円形脱毛症があります。この場合は精神的な負荷がかかっている場合や免疫上の疾患の影響で発症するようです。また、今まで「癖」だと思われてきて実はストレス性のものに、毛髪も地肌も正常なのにほとんど無意識か、あるいは習慣的にぽつりぽつりと毛を抜いてしまう抜毛症(ばつもうしょう)などがあって、これは精神的な問題であると言われています。今の時点でAGA(男性型脱毛症)に対する薬効があるとわかっている物質は、最近使用度が増えてきたフィナステリドと以前からあるミノキシジルです。歴史のあるミノキシジルに対し、あとからAGA治療薬になったフィナステリドの方は、病院で処方されるプロペシアに含まれています。ミノキシジルは輸入薬のロゲインが有名で、現在は日本でも第一類医薬品ですので薬剤師がいればドラッグストアなどで簡単に買えるものの、副作用や体調をみながらの使用が求められるプロペシアは処方箋なしには買えない薬です。治療開始からAGAの状況が良くなり始めるまでの期間というと、年齢や治療前の状態によっても異なるのですが、約6か月、早い人でも3か月程度は期間を要するのが普通です。その後、見た目で薄毛が解消ないし改善されたとはっきり言えるようになるまでには何年という年数がかかることもしばしばです。髪が生えて成長する速度を考慮に入れなければいけませんから、治療は長期的です。ある程度の長期戦は覚悟して、じっくり腰を据えて治療していくことが肝心です。頭皮は髪を支え育てる土台ですが、その地肌は皮脂腺が発達しているため、洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、においやフケを招くだけでなく抜け毛の要因になります。従って普段から頭皮の衛生状態を良くすることは抜け毛防止やこれからの髪づくりに不可欠なのです。汚れを残さないシャンプー方法を工夫したり、使っているシャンプーを変えてみるなど、髪と地肌のために良い方法を選択していくというのはAGAの症状改善に役立ち、治療のサポートにもなるはずです。AGAは思春期以降であれば誰でも発症する可能性があります。何歳以上の薄毛をAGAとして扱う等の特定の判断基準はないのですが、10代後半の未成年者の薄毛でも他のどの原因よりAGAの疑いが強いケースもあります。ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、確定するには専門の病院で診てもらうことが大事です。なお、近年AGAの主要な治療薬であるプロペシアは、抗男性ホルモン薬であり未成年への使用は禁忌とされていることから、10代では処方してもらえません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モモカ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/rahiirggtnsset/index1_0.rdf