成松のヨコシン

March 24 [Fri], 2017, 12:25
物件を購入した後で、買い手側が通常気付かないような欠陥を見付けたという時は、その修繕を売り手側に要求できるという瑕疵担保責任があります。売り手側が不動産会社の取り引きでは、適用期間は最低限2年間(2年間以上)というルールが決まっています。でも、個人と個人の取り引きであった場合は決まった期間が存在しません。むしろその期間が全くないことも頻繁に見られます。不動産を売却する際、権利書の提出が必須です。権利書によって、土地の登記が既になされていることを判断することができ、登記済証が正式名称です。もしも、どこにいったかわからなくなったり、何も読めないような状態になったとしても、再度発行することは出来ないものなのです。ただ、弁護士の先生、土地家屋調査士、司法書士の先生を代理人とし、絶対に本人であることを証明できる情報を提供すれば、対応してもらえるでしょう。不動産売却を検討し始めた人なら、築年数のことがどうしても気になるでしょう。築年数で売却価格が上下するのは確かです。仮に築10年の戸建てを査定に出せば、 多くの場合で建物の査定価格はゼロになり、土地の価格だけがつくのが普通です。なお、マンションの売却でも築年数が浅ければ浅いほどベターですから、状況は戸建てと同様で、一種の境界線として築10年があります。文字通りですが不動産物件は売るのが難しく、売却段階にかかる費用も様々あります。主要なものとしては、仲介業者に対して必要な仲介手数料、不動産登記に関して司法書士が作成する各種書類に対しての報酬や譲渡税、住宅ローンが残っている物件の場合は繰上げ返済費用も必要です。どこの仲介業者にするか決める際、可能な限り抑えた仲介手数料で依頼できれば、コストダウンの一歩になります。新居購入を機に住宅ローンを組むと、融資が始まるのは建物完成後であることが大半のケースです。つまり、例えば工事の着工金などのように、注文住宅購入後から建築中に生じた経費はローンとは別に手元に準備しなければいけません。元々住居としていた物件を売却したお金があれば都合をつけられるでしょうが、買い手が見つかる前にお金が必要になるかもしれません。つなぎ融資なら、そんな時に一時的な融資を受けることができます。不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙税がかかります。不動産の売値に応じて段階が変化することにより、印紙代は高い場合は数十万円にもなります。加えて、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、双方に印紙代がかかってしまいます。とは言え、この際の税額は先ほどとは違う金額別の基準が設定されていますので、十分に確認する必要があります。知識不足を感じることも多そうな不動産売却の場合は、専門家の知恵を借りるのがスマートな方法でしょう。例えば、仲介だけではなく不動産会社でコンサルティングをしてくれることもあるのです。見逃しがちな物件の価値なども所有者に代わって専門家が探し出してくれたり、目一杯の価格をつけて売るためのメソッドを教えてくれるはずですよ。無料コンサルティングが受けられる不動産会社もあるため、ぜひ視野に入れてみてください。売りたい不動産物件を好印象に導くにはきれいで明るくて広いという感じに見えるようにしましょう。内覧が昼でも室内にある明かりはつけて、いらないものは捨て、いるものは片付けて、極力部屋が広く見えるように努力して、細部まで入念に掃除することを心がけます。特にオススメなのが、水回りに水滴を残さないことです。日常的にやるのは面倒ですが、内覧前には拭き取るようにしてください。こういうことを押さえておくだけで、印象というのは大きく異なるものです。訪れる人がどんな風に考えるかを想像して売りたい物件のお手入れをやり続けていきましょう。不動産売却を検討するなら、大抵は不動産業者に価格の査定をしてもらうのが第一歩になりますが、清潔でキレイな状態に整えてから査定をしてもらうのが肝心です。キレイな状態にしておくと、マンションなら特に印象が俄然よくなります。加えて、購入希望者が下見をしたがったときにももれなく掃除を行っておき、広い部屋に見せるためにも必要最低限の物だけを出しておくようにしましょう。資産をお金にできるのが、家を売る上で1番のメリットと言えるでしょう。また、売却する物件にかけた災害のための保険料、貸付の保証料などは契約した残り期間分の残金が返却されるはずです。これは売却完了の際、保険会社などが自主的に返金してくれるものではありませんから、手続きを自分からしなければなりません。売却が決定したら、忘れないうちに契約会社に連絡を入れましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:哲平
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる