洗い流さないトリートメントで冬の髪の乾燥・パサつきに、もう悩まない!?

November 10 [Tue], 2015, 23:59



冬が近づくと何かと乾燥が気になって来ますよね。

私の髪はどうも乾燥に弱いみたいで
冬になると髪が静電気でくちゃくちゃになるし、
毎朝直すのにものすごく時間がかかります。

とりあえず、縮毛矯正はしているものの
それでもぼわ〜んと浮いたりして・・・

こまめにトリートメントをすればいいのだけれど
寒くなるとトリートメントが染みる時間が待ち切れなくて
ついついトリートメントから遠ざかってしまうのです。


洗い流さなくてもいいトリートメントがあったら・・・


ズーットそう思いながら髪と格闘していたのですが、
ある日、何気なく友達と髪の悩みについて話していたら
「洗い流さないトリートメント」がうってることが分かったのです。


早速、買って試してみたら・・・
朝、起きた時の髪のパサパサ感はなくなり、
サラサラつやつやの髪が待っていたのです。

今まであんなに苦労して手入れしてたのは何だったのだろうって
思いました。


髪をいつものようにタオルドライしてから
毛先から頭皮に向かって軽く揉み込むだけで
朝、起きたら手ぐしでOK状態なのです。


寝ている間にじんわりと染み込んでいくみたいです。


更にこの「洗い流さないトリートメント」は、
ノンシリコンなので環境にも優しいです。


私はうるおってまとまる「クリームタイプ」を愛用してますが
つややかでサラサラな仕上がりがお気に入りの人には
「オイルタイプ」もあるみたいです。


枝毛・切れ毛や髪の毛の感想やダメ―ジが気になる方、
パーマやカラー、アイロンやコテなどを頻繁に利用する方、
そんな方にお勧めです。


この「洗い流さないトリートメント」が気になる方は、
下記の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。
↓  ↓  ↓



洗い流さないトリートメントの付け方とは?

November 10 [Tue], 2015, 23:59

洗い流さないトリートメントは、
正しいつけ方をしないと返って髪を傷めてしまう事もあるので
注意が必要です。です。


<トリートメントの量>

・ショート〜ボブ・・・0.5プッシュ〜1プッシュ

・ミディアム・・・1.5〜2プッシュ

・ロング・・・2プッシュ〜2.5プッシュ



<トリートメントの付け方>

(1)シャンプーの後、タオルでしっかり水気をとり
  髪を左右半分に分けます。

(2)使用する量の半分を手に取り、
  ムラのない様にその半分にしっかり伸ばします。

 (内側から手をいれ、毛先から中間に向かって
  握るように揉みこんでいきます。)

(3)もう片方も同様に行います。

(4)最後にクシで根元からとかすと
  均一にトリートメントがいきわたります。

(5)この後、普段どおりドライヤーで乾かします。



ここで1つ、必ず守って欲しいことがあります。
それは、トリートメントを「絶対に頭皮につけない」ことです。

頭皮につけると、
頭皮の炎症やニキビ等の原因になるので
気をつけて下さい。


この付ける量と付け方を守れば、
いつもサラサラの髪をキープできるはずです。


トリートメント、洗い流すと洗い流さない・・・どっちが効果的!?

November 10 [Tue], 2015, 23:58

最近は洗い流さないトリートメントも
いろいろと発売されるようになりましたが
洗い流すのと洗い流さないのと、どっちの方が効果があるのでしょうか?


<洗い流すトリートメントの場合>

トリートメントはリンスと違って表面だけではなく
内部に栄養を浸透させて痛みを防ぐ役割をしています。

なので、時間をかけてから流さないと浸透率が悪くなり、
効果が十分に得られない場合があります。

また使用後は、よくすすがないと浸透率が悪化する
可能性もあります。



<洗い流さないトリートメントの場合>


付けたあとに洗い流さないので、
一晩中トリートメントの成分がじっくり髪に浸透して
翌朝の髪をつややかにします。


また、保湿・保護成分が髪に残り続けるので、
ドライヤーや紫外線などの日中のダメージからも髪を守り、
美しさを1日キープします。


洗い流すタイプと洗い流さないタイプは
それぞれ役割が異なるので、
一番いいのは併用して使うことみたいです。