リアルレッドアイアルビノトパーズで北井

September 22 [Thu], 2016, 10:27
労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、年間を通した平均収入の額ですと明らかに看護師の方が多いです。医療に関わる職場において一定数以上の需要が常に見込まれるので、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの専門職らしい長所もあるのでした。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、こうした専門学校に合格するための予備校に通う人も増えています。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが重要です。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。ノーメイクとも違いますから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わることは間違いないでしょう。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、金額的に少々不満です。転職活動の場面においては、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、昨今では、看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったシンプルな仕事でもないため、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って転職を希望する場合があります。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみると不安材料となります。子供の就学前であれば数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。そのため、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。看護師の人間関係は、構築が難しいといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。そんな職場の人間関係がわかってくるとあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことはわかっておけば、冷静でいられるでしょう。平均的に離職者の多い看護師という職業は、やはり、転職率も高いことが挙げられます。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが多くあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?実は、食事休憩をとりますよ、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていて便利に多用されているようです。働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に医療や介護など、様々な場面で求められています。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丹念に当たってみるなら、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近頃ではインターネット上に求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで左右される場合もあるかもしれません。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。看護師の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は看護師の代表的な仕事ではないでしょうか。好んで注射や採血をしてもらうような人は少数派でしょうが、実際に打たれるとしたらベテラン看護師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。階級が高いものは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。どのようにして階級を上げるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが大切なようです。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、様々な他職業と比べても、随分と高給です。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などが間違いなくもらえる、というのも大きいです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか仕事の虫で、残業も苦にならない人の給料をみると、そうでない人たちより高めになります。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。とはいえ、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進します。具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も多くなっていますので、正看護師も役職的には上の立場になるわけです。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。我が国の法律で、看護師は医師の診療を補助する役割と定められています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。とはいえ、急変時や、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。することは多く、責任は重く、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、給金という形で手に入るのが当然なのです。世間から見ると、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など厳しい仕事も多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて高収入を続けやすいことが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師はメリットの多い職業だと言えます。資格取得の難しさですが、看護師資格の場合はどれ程のものなのでしょう。看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%前後となっています。内容も専門学校や大学の講義を理解していれば難なく合格できるものですから、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。看護師の勉強をするための学校には一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。他方、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。公務員看護師になるには、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける職業として人気なのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばもっと安定性が高まりますよね。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的なメリットです。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、看護師としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり見られています。人間的な良さを知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも意外と多いのです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Karin
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/raemanmbfilinr/index1_0.rdf