妊娠における葉酸の効果が認められてから

October 27 [Thu], 2016, 20:37
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が勧められているほどです。

葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどがよくわかりますね。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食生活を送っていれば、ある程度の葉酸は補給できています。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事でとることです。

葉酸はさまざまな食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では枝豆、納豆(大豆を菌で発酵させた食品ですね。
苦手だという人も少なくありませんが、好きな人もまた多い日本独特の食べ物です)といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが大変だという方は、無理をせずサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。サプリなんて、と感じる方も居るかも知れませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をたくさん含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かも知れませんので、気を付けて頂戴。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、十分な葉酸の摂取が正式に厚生労働省が推奨しています。



なぜなら、十分な葉酸をとることで赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大切なポイントだと言えますね。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。

特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へつながることがありますので推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。



しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。葉酸サプリを活用すれば、摂取量も誰でも管理できて、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。精子や卵子は、おやじさん・ママの栄養をベースにして創られるのですから、食生活が劣悪だと活発な卵子・精子は期待できませんね。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

健康的な食生活を続けていくことが大切だと思います。いわゆる不妊症の原因というと、排卵が上手にいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性の方での問題と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性のほうに起因するものが想定されます。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、両親いっしょに受診して検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。



葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素であるとご存知ですか?とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しくなりますが、そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取は葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。


私がしる限り、妊活の際に一番、気を付けてほしい事は、食事ですね。妊活をしている方ならば、大げさかも知れませんが、本日にでも妊娠の可能性があるという訳です。


ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。

この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素というと、葉酸でしょう。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からオナカの中の受精卵が成長を初めています。早い段階で葉酸を摂取し、胎児の成長を十分にできる体を作っておくことが良いと思います。


妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に記載されていました。



胎児が健やかに育つために大切な栄養素だそうです。


野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、葉酸のサプリを飲んでもおすすめだそうです。


葉酸サプリはさまざまな会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを捜して健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。
妊活中の話でしょうが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。

本に載っていたように、排卵日を特定した後上手にタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。



妊娠が発覚した後、性別が判明するまで少し心配もしましたが、女の子でしたから、主人持とても喜びました。



産み分けをして良かったと思っています。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸のはたらきは最も重要なものだと言われていて、日本の行政機関である厚生労働省も妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果がよくわかります。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿とか汗で流出します。


そのため、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうでは無く、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。


葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、指示された用法を守って摂取するようにして頂戴。


友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと以前教えてもらったことがあったので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、ゲンキな赤ちゃんが生まれるといいなと思っているんです。


ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでオナカの中の赤ちゃんに葉酸が働聴かけることで、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが科学的な研究によって、明らかになっています。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。
こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがあるようです。葉酸の摂取期間についてお話しします。


皆様ご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそれはちがいます。葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。
なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日向
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/raeibba8nnmngy/index1_0.rdf