イルトコロニーTOUR09 

June 12 [Fri], 2009, 13:54


6月11日(木)曇り

午前中は、雨が降っていたが家を出た時から曇りで
ライブが始まる夕方前には夕陽なんてのも見えた

今回のライブは、初の横浜BLITZ
ライブタイトルは、RADWIMPS "イルトコロニーTOUR 09"
前回の2008年8月30日に横浜アリーナで行われた「セプテンバーまだじゃん。」
から約9ヶ月ぶりに参戦したRADライブ

初の横浜BLITZは最高でした
毎度のこと2階席ですがステージがめっちゃ近いです
後ろから2列目の座席だったけど近い
今度のライブも是非、横浜BLITZでやっていただきたい


13時半、友人と横浜駅で合流
歩いてBLITZまで
グッズ販売は15時からだったけど
欲しいものが売り切れだと悲しいので早めに並ぶ。
13時50分頃、BLITZ前に到着
すでに50人くらいは並んでいた。
自分たちが並び始めてからも着々とRADファンの列が長くなる。
みんな同じものが好きで同じものを求めてやってきた。
そんなことを考えて並んでいると毎回、なんだかワクワクしてくる

15時。
グッズ販売が始まる。
今回は、タオルとTシャツの各サイズのサンプルがハンガーに掛けられていて
買う前にサイズをチェックできる感じで良かったと思う。
ま、自分はXSとか一番小さいサイズでOKなんだかww
XSとか買う人そんなに居ないから
こーいう時にはちっこい体で良かったと思う。笑
みんな欲しいものがゲットできたのか笑顔がちらほら…
ジャックのグレーバージョンのTシャツは前日に売り切れてしまったのか
自分が買うときにはMサイズだけ売り切れでした
確かにジャックのグレーのTシャツ可愛いもんね
なんだかユニクロのおしゃれTシャツのコーナーに売ってそうなデザインでした
ほら、アーティストとコラボ的な感じの…笑
ジャックのグレーと迷いましたがライブ行く前から狙ってたピンクのTシャツにしました
今回は、そのほかにキーホルダーとストラップをゲットです

さてさて…だいぶ長くなりましたが
そろそろライブの中身に行きたいと思いますよ

開演時間を10分くらい過ぎた19時10分頃
会場の照明が静かに落ち
ステージが青く暗い照明で照らされる
メンバーがステージの各ポジションまで歩いて行くのがかすかに見え
会場のお客さんが皆、騒ぎ出す

洋次郎が「すうっ」と息を吸う音が聞こえた
1曲目の曲が始まる…

1.タユタ
洋次郎の所だけ照明が照らされていた
しかし、その照明の色は暗くムードがある感じでタユタの曲とピッタリだった
  お客さんも皆聞き入っていて
  生で聴く久しぶりの洋次郎の声とタユタの歌詞の内容に涙が出そうになった

  歌い終わって会場が一瞬静まり返る。
  その後、アルバムを聴いている方にはお馴染みのノイズが…

2.おしゃかしゃま 
イントロが流れ始め会場が盛り上がる
アルバムの流れと同様。2曲目は「おしゃかしゃま」でした
お客さんはノリノリでジャンプありーの一緒に歌いーのって感じ
洋「さぁ無茶しよう そんで苦茶しよう」
客「二つ合わさって無茶苦茶にしよう」
洋「さぁ有耶しよう そんで無耶しよう」
客「二つ合わさって有耶無耶にしよう」
洋「だからなんだって ダメになったって 先があるんだって言うんだ」
客…片手を上げてジャンプしーのってなんじでノリノリ
洋「なぜになんだって ポイしちゃっといて 次は何だって言うんだ」
客「だがしかしbut けれどけれどyet」
洋「何をどうやっていいんだ」
よーじろーとお客さんの掛け合いがイイネ

3.バグパイプ
歌詞の一番最後、
「Do I? Do I?…」
「Am I? Am I?…」 の後は、
客「MI MI MI MI…」みたいな感じでみんなで大合唱
よーじろーが四拍子の指揮を数回行いキレイに歌い終わる。

…MC…
洋「横浜ただいま!!」

客「おかえり〜!!」

洋「横浜はうちらが出会ってバンド始めた場所だし…なんちゃら(覚えてない)…」
・横浜は自分たちが出会った場所だし思い出深い場所。
・横浜は今日でファイナルだけど、まだライブ続くけど…
ファイナルみたいな感じで盛り上がっていくよッ!!
客「わぁッ!!!!!」みたいなこと言ってました。
↑喋ってたのはグーの音の後のMCだったかもしれない。

洋「横浜〜!!すごく楽しいよ〜。みんなも楽しんでるうー!?周りに具合が悪そうな人とか具合悪い人とか顔色悪い人とか顔が悪い人いたら助けてあげてね〜!!」
客「笑」
洋「返事はッ!?」
客「 はぁーーーーいッ!!」
洋「優秀ッ!!」

その後、桑原くんがシャウト…笑

桑「ウォー!!」
客「ウォー!!」

洋「次の曲やりますッ!!マジックミラー。」

4.魔法鏡
洋「声はちゃんと聴こえているのに 僕の鼓動は」
客「揺れぇーーないのぉッ!!」

洋「失くしたくても失くせやしないよ 僕は僕を」
客「止めれぇーーないのぉッ!!」

魔法鏡が終わり懐かしい音が…

5.05410-(ん)
「おかずの〜」からの曲です。
前回のライブを思い出しました。

客「これで5度目の別れ話です でも今回はどこか違うんです いつもの『忍法・記憶喪失』も なぜか今回は効かないんです」

洋「もう いやだ」って思っていたんなら それでも僕はいいけど 「さよなら」って言ったのは君なのに なんで泣いたの?」

客「おおおッ!!」

今回も「なんで泣いたの?」と「おおおッ!!」の所は叫んできました。
この曲、聞くたびに色々思い出す。

05410-(ん)が終わり次の曲を期待していたら…
やっぱり来ました!!例の曲ッ!!

6.遠恋
05410-(ん)の次は遠恋…これも前回のライブと同じ流れ
そして、この曲の目玉…
ライブDVDを何回見ても盛り上がる
桑原くんと武田くんによるギターとベースの掛け合いッ!!
お客さんもみんな2人の掛け合いに盛り上がってました。
でも、前回のライブ、DVDの方がいい掛け合いしてたと思う。
2人が掛け合いしてる時によーじろーは会場に背を向け水分補給してました。笑

遠恋が終わってMCへ…
桑「はいッ!!ここでみんなに問題ですッ!!答えて下さいッ。」
客「はぁーーーいッ!!」
桑「見ると殺されてしまう食べ物ってなぁーんだ?」
客「…?」
客「…??」
客A「みたらし団子…?」
客B「みたらし団子ぉぉッ!!」
客C「みたらし団子ッ!!」
客Aが一番最初に答えたが声が小さかったらしく
客B、続いてCが叫ぶ。
桑「正解ッ!!」
客がざわつく…笑
洋「…なんで?」
桑「見たら死 団子」
洋「なんかねぇー…」
客「もう一問ッ!!」
桑「もう一問!?(汗)」
桑「じゃぁ、もう一問出すけど…これはちょっと許してね…(汗)」
桑「自転車に乗ってお茶を飲みながらやるイベントってなぁーんだ?」
客「チャリティーッ!!」※即答でした。
桑「正解ッ!!」
洋「…なんで?」
桑「自転車チャリでお茶はティーだから。」
再び客がざわつく…笑
客「もう一問ッ!!」
…出題されることなく次の曲へ…
洋「謎謎ッ!!」 

7.謎謎
曲の初めに流れてるキーボードの音あるじゃないですか?
ライブでは、武田君が小さいキーボードでその音を演奏してました!! 
レアな感じ

洋「それは光っていた 見上げると光っていた」
洋「眼の前に降ってきた」
客「それはまるで それは 君は〜」
洋「真夜中に架かる虹のように 昼間に輝く虹のように」
洋「夏に降り注ぐ雪のように」
客「それは それは 新しかったぁー☆」

洋「そうだ 出会ってたんだ あの時出会ったんだ」
洋「すべてになったんだ」
客「それはまるで それは 君は〜」

8.メルヘンとグレーテル
謎謎からすぐに演奏された。
客「「君」は7画で 「僕」が14画で 恐いくらいよく出来てる」
客「僕は僕の半分しか 君のことを愛せないのかい」

洋「…「恋」と読み 「僕」と書いて「愛」と読もう」
洋「どこかの誰かが指す道しるべに流されぬように」

洋「ありがとう。」
客「ありがとうッ!!」
「君」と書いて「恋」と読みって歌詞は飛ばしました。
他の会場に行った方のレポートも読みましたがわざと歌わないようです…。

…MC…
智「こんばんはッ〜!!」
客「こんばんはッ!!」
客「おめでとーーッ!!」
 (おめでとうコールが始まる)
智「ありがとーッ!!そうなんです。ありがとうございます。
子供はまだ居ないけど、野球チームが作れるくらい欲しい。がんばります。」
客「頑張れッ〜!!(笑)」
智「いや、やっぱりバンドできる位頑張る(笑)」
客「頑張れッ!!(笑)」
※智君は、いつもの笑顔で嬉しそうに報告してくれた。

武田「みなさん楽しんでますか?こっからも気合いを入れます!!
  次の曲に行く前に掛け合いをしましょうッ!!」
洋「以外かもしれないけど叫びに関しては武田なんだよね」
武田くん緊張…笑
洋「武田はマイクで喋ると緊張してるようだね。マイク無しの方がいいかもね。」
客の笑いを誘う。
武田くんが覚悟を決めステージの端に来て人差し指を口の前に当て「シーッ」と言い
会場が静かになり武田くんに注目する。

武田「横浜行くぞぉーーーーーッ!!」
客「おおおおおッ!!!!

9.One man live
洋「今までの悲しさなど 楽しく思えてしまうほど」
客「誰か ただ ただ 気付いてと振り絞るけど」

洋「君を守るためにそこにいたんだよ」
客「ならば もう もう恐いものはないんだと」

洋「このまんまるい地球を客席に 君は君自身をそのステージに」
客「そこで掻き鳴らされるその音に 鳴り止むことない拍手が響く」
 
10.ギミギミック
これまた「おかずの〜」からの曲。
やっぱり生で聴くギターの音とベースの音がカッコエエ。
お客さんもみんなノリノリで楽しそうだった。

11.トレモロ
「満天の空に君の声が〜」って歌い始めたら
客が「わぁ〜」って少し騒いだ。
一緒に行った友達がトレモロが好きなので
思わす友達の顔見て反応をうかがってしまったよ。笑

洋「真実とはね それだけで美しいんだと 言って」
みんなも一緒に「言ってーーーーー!!」と叫んだ。。

洋「ほら 僕の鼓動も確かに刻み始めた4拍子 ほら」
客「ほら」
洋「ほら」
客「ほら」
洋「ほら」
客「ほら」

12.グーの音
よーじろーが手であおっていたので
みんなで「オーオー♪」って歌いました。
グーの音は、全部英語だし早口で歌われてますが
なんであんなにカッコよく歌えるんでしょうね?笑
改めてグーの音のカッコよさを知りました。

…MC…
洋「そっか。横浜アリーナでやったのは一昨年か。」
洋「またやろうね。」
客が盛り上がった。
洋「楽しんでる?」
客「楽しんでる!!」
洋「俺の方が楽しいし!!」
客がどわッと笑う。
洋「まあ別に勝負とかないしそもそも勝ち負けなんてないですから。」
客「再びどわッと笑いがあふれる。

会場が静かになって聞いたことないメロディーが流れ始めた

………

「言いたい事は特にないけれど 知りたい事は沢山あるんだ・・宇宙の始まりや君があの時飲み込んだ言葉とか…(その後の歌詞は不明)
言いたい事は特にはないけれど 行きたい場所は沢山あるんだ・・世界の果てや…(その後の歌詞は不明)

言いたい事はなかったけれど こんな僕にも一つや二つ 伝えたい事はあるんだ・・・大好きだよ横浜」
「大好きだよ横浜」のところがとても優しくて心に響いた。
涙が出そうになった。
そしてすぐ13曲目へ…

13.七ノ歌
客「Cuz I wanna be with you」 ×3

洋「地球で一番大切な人の」
客「地球で一番大切な人になれた俺は地球で一番ッ!!」

客「Cuz I wanna be with you」×3
客「Until I die」

14.オーダーメイド
歌い始めるとスクリーン(メンバーが立っているステージの壁)に
オーダーメイドの歌詞にそった人間の絵が映し出された。
キレイとか可愛いっていう感じの絵ではなく
子供が描いた絵みたいな感じだった。
でも、ちゃんと歌詞の内容が伝わってきたし
人間の体についてる口とか眼とか心臓の数、涙の意味…
改めて考えさせられる映像だった。
なんともRADらしい表現の仕方だ。
感動しました。

オーダーメイドが終わりドラムの音がリズムをとる。
「ダン!ダン!ダン!ダン!…」

15.ます。
生春巻きの「イーディーピー〜飛んで(略)」から「ます。」
にかけての流れと同じ感じのドラムと客の盛り上がりでした。

洋「暴れていこうぜッ〜!!」
客「うおおおッ!!」
オイオイコールがヤバイね。超盛り上がってる☆

洋・客「迷わずYOUッ!!!!!!」
客「アイ!アイ!」

16.叫べ

客「「叫べ」というこの確かな心を 「またね」というその不確かな言葉も〜」
洋「無くさぬよう 忘れぬようにいられるように」

客「「叫べ」というこの確かな心を 「またね」というその不確かな言葉も
 叫べ〜tu-lu tu-lu tu-lu tu-lu tu-lu」

…MC…
洋「次で最後の曲になります。」
客「え゛ー!!」「嫌だぁー!!」その他色々…
洋「みんな…本当にありがとね。この2年間色々あってメンバーの中で解散とかの話も出てたけど…音楽やってて…大好きだからこそ大嫌いになっちゃう事もあるんだって知った。曲作ってこうしてライブやったりして…俺らもツアーの最初は、久し振りのライブにとまどったりもしたけど、こうやってみんなに会ったりすると楽しくて。やっぱり俺は音楽好きだって、ハハッて笑えてる自分がいた。未来の事はわからないし、いくらでも変えられるものだけど…でも、このメンバー4人が出会えた事って言うのは変えようのない過去なんだよね。だから…4人が出会えた横浜の地を大切にしたい。これからも4人で音楽やっていけたらいいと思います。そして音楽やっててよかったって、やりたいって、そう思わせてくれるみんなも本当にありがとう。」
客「ありがとうー!!」
洋「ありがとうッ!!」
客「ありがとうッッー!!」
洋「これ以上はキリないから俺のありがとうで終わりにしよう(笑)」
洋「ありがとう。」

………
また、聞いたことないメロディーが暗闇の中に流れた

「君がいなくなったらきっと世界は止まる
だって世界は君の中でしか回れないから
君が笑えるんならきっと世界も変わる
だって世界は君の中でしか生きれないから
君がいなくなったらきっと僕も消える
だって世界は君の中でしか回れないから
僕を救ってくれないか」

17.37458
上記の歌が優しくしっとりと歌われた後、すぐに37458の曲に変わった。
曲が変わったというより37458の未発表の前奏な感じで
違和感なく「このなんとでも言える世界がいやだ」って曲が繫がった。

洋「大丈夫だから もう誰もいないから」
洋「歌って聴かせてよ」
洋「だから」
客「このなんとでも言える世界が嫌だ 何の気なしに見てたい ただそれだけなのに〜」

最後まで歌いきってからよーじろーが静かに
「fu−…Woo…」と歌い始めギターの音を優しく奏で始めた。
武田くんがお客さんに向かって礼をしてステージから消えていった。
その後、智之くんも静かに席から立ち一礼し消えた。
桑原くんも一礼して消えていった。
そして、最後によーじろー。
30秒くらいの間隔で1人ずつ消えていった。
お客さんは武田くんが礼をしてから全員が去るまで拍手していた。

メンバーがステージを去って30秒くらいして恒例の「もしもコール」が…
BLITZに来ていたお客さんは新しいファンばっかりだったのか
「もしも」を歌う人が少なかった…。
自分はしっかり歌いましたが。笑
友達にも歌うことを教えてあげてだんだんコールが大きくなってきて
会場が「もしもコール」で包まれた。
「もしも 本当にもしも
君も僕の事を思ってくれてたら
なんて考えてる僕を
どうか 叱ってやってくれないか」
みんなで何度も何度も繰り返し歌った…。

数分後…ステージに照明が向けられた。
お客さんがみんな騒ぎ始め「もしもコール」は消えた。

メンバーが水の入った大量のペットボトル大・中を抱えて現れた。
そして、お客さんに投げますッ!!
洋「みんなで分けて飲んでねッ!!」
中はキャッチした人が持って帰るとして
大のペットボトルの中身をみんなで分けろと…?笑
お客さんも笑ってた。

洋「アンコールありがとうッ!!歌っちゃっていいですか?いいんですかぁッッ!!?」
客「いいんですよッッ!!」と「イエーーイッ!!」的な反応。
いやいや、RADファンならここは「いいんですよ」で返すトコやろッ!!笑

18.いいんですか?
みんなで拍手してリズムをとる。PVみたいな感じだね。
客「いいんですか いいんですか こんなに人を好きになってもいいんですか?」
「いいんですか いいんですか こんなに人を信じてもいいんですか?」
洋「いいんですよ いいんですよ あなたが選んだ人ならば」
洋「いいんですよ いいんですよ あなたが選んだ道ならば」

洋「例えば999999回ずつで最期の瞬間を迎えたとしよう「 ありがとう」の勝ちはもう?」
客「間違いないッ!!」
洋「必ずや到達するよ?」
客「1000000回ッ!!」

洋「もう一曲やっていいッ!?」
客「やってーやって!!」
客「あと2曲ッ!!」
客「もっとやってッ!!」
などと騒ぎ出す。
洋「え〜??あと2曲ッ!?」
洋「じゃー次の曲のみんなの頑張り次第かな?」
客「イエーーーイッ!!」
客「ウオッッ!!」

19.有心論
洋「僕は嬉しくて」
客「泣く泣くッ!!」

洋「ただ中毒性がございますッ!!」
客「用法容量をお守り下さい!!」

洋「隅っこ探して」
客「泣く泣く!」

客「息を止めると心があったよ そこを開くと君がいたんだよ 左心房に君がいるなら 問題は無い 無い 無いよねッ!!」

洋「そんな君はもういない」
客「いない いない いないけど」

洋「ありがとーッ!!じゃあ…もう1曲ッ!!」
客「イエーーーイッ!!

洋「なんちって!」

20.なんちって

洋「なんちってー!嘘でーす!」
客「俺もなんだかんだっていつもビビッてんでーす!」

洋「say yeah!」
客「yeah yeah!」
洋「say woo!」
客「woo woo!」
洋「say yeah!」
客「yeah yeah!」
洋「say」
洋・客「bibidebabidebooboo!!」

桑「いや別にね 嫌いなわきゃないんだよ 君の歌 だけどさ もうちょっと 穏やかな言い方っていうか なんていうかさ…
はぁ、やっと喋れる…ここが唯一俺の居場所みたいな。ふー…あのね、ライブ終わった後にその日録音したやつとか聴くんだよね。録音した自分の声とかも。それ聴くとさぁ…俺の声って…何かあんまかっこよくないんだよね…思ってた感じと違う…。」
桑「なんか上手く喋れない…もう喋んない方がいい?喋んない方がいいかな?(汗)」
客「喋ってッ!!」
桑「もう曲いっちゃう?曲いっちゃおうかッ!!」
メンバーとお客さんがシーンとなった。笑
桑「なんか…」
洋「とか言われちゃったりなんかして〜!うっせ〜!」

洋・客「シェイシェーーイッ!!ダーンケーシェーーーーンッ!!!!」

客「なーんちってねッ!!」
洋「よくできましたッ!!」

会場内が拍手で包まれた。
ステージが暗くなりライブ終了のアナウンスが流れ
スクリーンに「THANKS」の文字が現れた。

お客さんからの拍手で包まれた会場。
そして、たくさんの笑顔と熱気に包まれた中、横浜BLITZでのライブが終了した。

アンコールの「なんちって」の時が一番盛り上がってたと思う。
それは、お客さんだけではなく
メンバー全員も。

みんなで盛り上がれて
いい笑顔があふれてたと思う。

今回も、素敵なライブをありがとう
また、ライブで会いましょう

プチ情報
自分が行った日に
大竹しのぶサンと娘のIMALUサンが参戦してたらしい。
ライブ終わって出待ちしてる人の横を通った時に
「大竹しのぶサンにサインもらったッ!!」って騒いでる子がいた。

今回のライブ、他の会場でも
結構有名な
女優サンとかモデルサンが参戦してたみたいだね


SET LIST

01:タユタ
02:おしゃかしゃま
03:バグパイプ
04:魔法鏡
05:05410-(ん)
06:遠恋
07:謎謎
08:メルヘンとグレーテル
09:One man live
10:ギミギミック
11:トレモロ
12:グーの音
13:七ノ歌
14:オーダーメイド
15:ます。
16:叫べ
17:37458

ENCORE
18:いいんですか?
19:有心論
20:なんちって

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たか^・ェ・^
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月9日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-RADWIMPSの曲を聴くのが好きw
読者になる
RADWIMPS2133のHP
こちらまでhttp://www.freepe.com/i.cgi?radwimps2133

ライブ参戦記録

2007/3/28【zepp Tokyo】TOUR 2007 "春巻き"
2008/8/30【横浜アリーナ】 セプテンバーまだじゃん。
2009/6/11【横浜BLITZ】RADWIMPS "イルトコロニーTOUR 09"

ライブ参戦予定
現在なし。
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像たか^・ェ・。
» 宣伝でん。 (2009年05月06日)
アイコン画像DANNY
» 宣伝でん。 (2009年05月06日)
アイコン画像たか^・ェ・^
» RADが新聞にッ!! (2009年03月15日)
アイコン画像DANNY
» RADが新聞にッ!! (2009年03月15日)
Yapme!一覧
読者になる