カレーライス 

December 04 [Fri], 2009, 17:45
カレーライスは、はじめ日本にイギリス料理として伝わったため、日本では長く洋食として扱われてきた。現在の日本のカレーは、この流れに基づいた欧風カレー、さらに1990年代以降急増した本格インド料理店のカレー、そしてこの2つの流れを踏まえて生まれたオリジナルカレーの3つに大別できる。福岡デリヘルフーティ


洋食としてのカレーは、イギリス海軍のカレー粉を入れたシチューの影響が大きいという説がある。

近畿地方では牛肉を使用したビーフカレー、関東地方では豚肉を使用したポークカレーが定番とされている[2]。カレーライスのルーツであるインド・パキスタン・バングラデシュでは、ヒンドゥー教やイスラム教などの影響で菜食が主流であり、豆・野菜・乳製品を使ったカレー料理が発達している。


肉を使う場合はチキン・マトンが多く、福岡デリヘルフーティポーク・ビーフは少数派である。

なお、遠藤哲夫は著書『ぶっかけめしの悦楽』(文庫版改題『汁かけめし快食學』[3])で、日本においてこれほどまでにカレーライスが普及したのは、日本の伝統食である「ぶっかけ飯(汁かけ飯)」の系譜にカレーライスが位置づけられたためだと述べている。

カレーソース [編集]

日本初のレトルト食品であるボンカレーの発売当時のホーロー看板カレーライスのうち、飯の上にかける汁をカレーソースと呼ぶ。野菜や肉などを煮込んだ鍋に、カレー粉と小麦粉を油で炒めて少し焼き色をつけたもの(ルウ)を入れ、とろみが出るまでさらに煮るというのがオーソドックスな作り方である。カレーソースにジャガイモを入れることを考案したのは、福岡人妻デリヘル結屋札幌農学校の教師として来日していたウィリアム・スミス・クラークであり、当時不足しがちだった米を補う目的だったといわれる。


クラークとカレーライスについては後述。

現在の日本の家庭では、カレー粉・油脂・福岡人妻デリヘル結屋小麦粉・旨味成分などを固形化した「即席カレールウ」を使ってカレーソースを作る調理法が主流である。

カレーソースを指して「カレールウ」「ルウ」と呼ぶ人もいるが、正確な表現ではなく、本来のルウ(小麦粉を油で炒めたもの)や固形の即席カレールウとの区別もしにくい。ただし、日本風のカレー店では「ルー増し」などの注文がカレーソースを示す言葉として一般的に用いられている[4]。

粉末の即席カレールウは、1926年に、ハウス食品が「ホームカレー粉」の商品名で初めて発売した。固形製品は、1954年に、エスビー食品が初めて発売した。


2004年度の家庭用カレールウ国内出荷額は約676億円で、各社のシェアはハウス食品約61%、エスビー食品約28%、江崎グリコ約10%と推計されており(日本経済新聞社)、ほぼ大手3社による寡占市場である。もっとも名古屋では、コメディアン南利明が「ハヤシもあるでよ」のキャッチフレーズで一世を風靡したオリエンタルのカレーにも根強い人気がある。

レトルトパウチを5分ほど湯煎するだけでカレーソースの調理が完成するレトルトカレーも、高い人気を得ている。2009年現在、福岡デリヘルフーティレトルトカレーは多くのレトルト食品のなかでも最大の3割以上という売り上げ高を誇っている。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:radiokids
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる