ハシブトガラスと川添

August 21 [Sun], 2016, 15:52
子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、家庭の事情があってしばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。



資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も選択肢の一つでしたが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に介護士資格を取る方法があることを知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。看護士と介護士、発音は当然同じですが、それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。以前は「看護士」が男性、看護婦は女性と明確に分けられていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、性別に無関係に使用できる「介護士」を使うことで統合されました。

殆どの介護士に共通する悩みといえば、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。
平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。
規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤で働ける介護施設に勤めれば良いので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、これを行なう介護施設がかなり増えました。
介護士の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。



能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。

介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。
新卒や既卒で介護士としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、事情によっては介護施設側が独自に年齢を理由にした不採用を決めている場合があります。



中でも30代から介護士を始めた、という方の場合はかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。
一昔も二昔も前の話になりますが、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風にイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。介護士の手にする給料というのは、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯の維持が可能なほどなのです。



こうしてみるとよくわかりますね。

介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。
いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
24時間いつでも稼働している介護施設が職場ですから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。そこで、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代しながら働く形になります。夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。

そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、得意なことを最も活かすことができる場所で働けるようになるはずです。

ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。
一般に、介護士の仕事のハードさについてはよく認識されています。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話もすべて介護士の仕事となっております。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間にナースコールに何度も応答することになったり等々、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。
国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。

なので、介護施設で勤務する介護士についても現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の利点を挙げることができます。


どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。一般的に介護士の多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくありません。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。
平均的に離職者の多い介護士という職業は、やはり、転職率も高いことが挙げられます。そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが増えています。
こうした介護士専用の転職サイトであれば、手際よく希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。

どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。
トップに位置するのは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総介護士長がトップにあたります。どういう人が出世するのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。

階級が高くなるほどに年収や待遇は良くなるでしょう。現実は、介護士が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業しなければならなくなることが多いです。

それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。考えようによっては介護士は女優みたいなものだと思います。

皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「介護士」と言えば普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、看護婦を雇う側が考慮することが大事だというのは当然の事実です。

収入の話になりますが、介護士という職業は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。介護現場という、人命のかかった職場であり、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか急な残業を断らず行なう等々、そんな介護士なら確実に給料は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。

介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、もしも離職している期間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけば五十代でも復帰できます。
たいていの場合、介護士の人間関係は良くないなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。

日常的にそんな環境に接しているとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。
少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護の仕事を行う人々というのはもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。それ故、既に不足している介護士なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。
年々多くの介護士が輩出されているのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。正社員として働く介護士もいれば、パート勤務を選ぶ介護士もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。

具体的な金額としては日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が大体の相場らしいです。

パートの仕事の割にはなかなかの数字なのでしょうが、人の命に関わる責任の重さや休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。
このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。
しかし、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。



たとえばより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、ハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。


この夜勤があるかどうかによってどのくらい稼げるかが変わってきます。勤務や休みをある程度自由にすることができ、やりたい仕事を割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。
働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。

ですから、介護士の仕事を探しているのであれば望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


最近では、介護士は足りていないと言えます。かつて介護士資格を取得したけれど、現在は介護士として勤務していないという方も多いです。では、介護士不足の原因はなんでしょう。


それは、最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。


具体的には、常勤介護士の場合の離職率は、約11%にもなります。
職場の大半を女性が占めており、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。


一般的に、介護士という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。

現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など厳しい仕事も多いですが、給料で見れば高収入を続けやすいことが目立ちます。

景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。

高給が約束された安定した業種としては魅力のある職業だと言えます。なんといっても、介護士という職業は他職種と比較して高いお給料をもらえます。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。
勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると聞くことがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最適なのだろうと感じています。

夜勤で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。
ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して収入が減ってしまう事が少なくありません。
今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。
それに、やはり患者さんの家族の方から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、介護士になって良かった、と実感します。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、辞めてしまおうと考えてしまうはずです。
当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属先の科によって、看護技術や処置の方法も異なります。
介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人介護士の前向きな気持ちも高まります。

もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、チャレンジ精神からきた動機です。

慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実務的なことの他に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も調べられているのです。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:楓
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/radad4aiewb2ny/index1_0.rdf