満9ヶ月 

2006年09月11日(月) 10時31分
ものすごく久しぶりの更新となりました。


出てこなかった息子ちゃんは、12月11日に誕生しました。
出てくるときもなかなか出られなかったのよね。
お母さんの運動不足が原因だったのか・・・。苦しかったね。お疲れ様でした。


生まれたときはふにゃふにゃでとっても小さかった息子ちゃんも、
今では離乳食をもりもり食べて、ずりはいも上手になりました。
言葉らしきものも発するし、笑顔もたくさん、泣くのもたくさん。


そんな息子ちゃんがどのように生まれてきてくれたのか、記録しておきたいと思います。


---
陣痛らしきものが始まったのは、9日の夜10時ごろ。
その前から生理痛のような痛みがあったのですが、そのあたりから規則的になりました。
「これが陣痛なのかなぁ」と思っていたけど、我慢できないほどでもないので、とりあえず寝ることに。


ところが、いざ寝ようと思ったら、感覚が5分くらい。
まだそんなに痛くないけど、一応病院に電話。
看護士さんも迷っていたようですが、とりあえず診察してもらって決めることになりました。


診てもらうと、「入院しましょう」と言われ、でも子宮口は1センチ開いているかな~という程度。
とりあえず陣痛室?だったかな。なんという部屋か忘れましたが、分娩室に入る前の部屋へ入ることに。


まだお産になりそうではなかったので、いったん旦那サマにはお家に帰ってもらいました。
その後も5分から10分間隔でやってくる陣痛。
しかし我慢できないほどではない。


朝の8時半くらいにいつもの担当の先生が来てくださいました。
陣痛が進まないようだから、促進剤を打ちましょうということに。
まずバルーンと呼ばれる、子宮口を開くものを中に入れます。
これが痛いというか、腰がへろへろになって診察台から立ち上がれなくなってしまいました。
看護士さんに支えられながらなんとか歩ける状態。
普段から生理痛がほとんどないため、こういう痛みには弱いようです。


そしてまた陣痛室へ。
ここで点滴で促進剤を投与されました。
徐々に痛みが増すのか?と思いきや、そうでもない。
看護師さんが様子を見ながら、少しずつ量を増やされたようです。


そしてここからが長かった。
この時点で10日の9時半とかそんなものだったと思いますが、
息子ちゃんが生まれたのは、翌日の午前2時半。
長い長い出産が始まったのです。

出てこない・・・ 

2005年12月08日(木) 18時56分
12月2日と7日に健診に行きました。

とうとう40週に突入。しかし赤ちゃんは変化なし。
厳密に言えば、どんどんお腹の張りは強くなっているし、痛みらしきものも出始めているので、
もうすぐなのかな?という感じではあります。
でも痛みがあってもそれが定期的になるというわけでもなく。
陣痛はいつどのように来るのか、来ないのか・・・。はぁぁという感じです。

毎日散歩を2時間くらいして、気がついた時にスクワットをしてみたり。

しかし、結局は何をしても赤ちゃんの気持ち次第のようです。

7日の健診の内診で、初めて出血。今までの内診よりかなり痛かったです。
でもその内診の後から、より強くお腹が張るような感じになってきて、
少しは促進されているのかもしれません。
でもまだ本陣痛は来ない。。。

9日、つまり明日の朝また病院に行って、今後どうするかを決めるのですが、
なるべく自然に待ちたいなというのが本音です。
なかなか難しいです。

男の子だから、なるべく自分の力で出てきて欲しいような。
それとも赤ちゃんは準備できているのに、私の体が準備できていないのかしら。
うむむ。

いずれにせよ、みんなが「まだ?」状態なので、もったいぶってないで早く出ておいで〜

出産準備 

2005年11月27日(日) 18時16分
いよいよ近づいてきた出産。
里帰りはしないので、義理の母にいろいろとお世話になることに。
昨日は義母が家の説明を聞きにきてくれました。

洗濯機の使い方、掃除機の場所、台所の使い方などなど。
たぶん今日だけじゃ覚えられなかったと思うけれど、使ってもらううちにわかってもらえるでしょう。

実家の母親も来られないことをすごく気にしていて、
来られないけれども、心配だというメールを送ってきます。
うーん、仕方ないじゃん。心配してくれるのは嬉しいのですが。
まぁ、仕方ないのです。
とりあえず生まれてきたら、顔を見に来てくれるし、大丈夫でしょう。

赤ちゃんのために使う道具もそろそろ箱から出してセッティングしないと。
何をどうしたらいいのかわからないんだけど
そのうちわかるようになるのかしら。

今のところ願うのは、無事に生まれてくれることと、母乳がちゃんと出ることくらい。

旦那さまは旦那さまで、ビデオの撮影や編集を今一度復習中。
DVDへの記録の仕方もばっちりできたみたいで、満足気です。
家事もたくさん手伝ってくれて、本当に良い旦那さまです。
今日は実家の母が来たときのためのお布団干しをやってくれて。
マッサージに行くのを遅らせて、取り込みまできちんとしてくれました。感謝感謝

次回の健診は12月2日。
もう少し子宮口が開いているといいなぁ。
がんばって運動しよう
 

妊婦健診 

2005年11月27日(日) 18時10分
11月25日。38w4dです。

いよいよ予定日まで2週間をきりました。
今日も赤ちゃんは順調でした。大きさは2900グラムと出ていたけれど、先生が「ちょっと大きめに量りすぎたかもね~」と言っておられたので、実際には2700から2800グラムくらいなんじゃないかな?

それにしても最初の4ヶ月の頃はものすごく小さくて、画面に体が全部映ってたのに、
今では顔が映るのがやっと。大きくなったもんだね~。感心感心。

そして今日の内診。痛かった〜。ううう。
2,3センチ開いてるものらしいんだけど、多目にみて1センチだったらしい。。。
大丈夫なんだろうか。予定日までには生まれて欲しいなぁ。

そういえば、お腹の赤ちゃんに旦那さまといつ生まれてくるのか聞いてみました。
すると私たちの予想に反して、答えは12月3日だとか。
予定日より2日早いけど、本当かな?偶然だったのかな?

誕生日がいつになるのか楽しみだね。

妊婦健診 

2005年11月27日(日) 18時05分
11月16日。37w2dです。

いよいよ正期産の時期に突入です。
今日から内診があるので、どきどき。痛いし血もでるらしいけど、どうなんだろう。

赤ちゃんはいたって順調でした。
大きさも2600グラム程度と大きすぎず小さすぎず。よしよし

内診も思ったほど痛くなくて、安心しました。
思えば順調なほどに順調すぎた妊娠経過。
糖尿病の精密検査はあったけれど、貧血も病気もなく、健康そのものでした。

あとは無事に生まれてくれることを願うだけです。

妊婦健診 

2005年11月11日(金) 14時08分
ずっと「妊婦検診」と書いていたのですが、「妊婦健診」の方が正しいようです。。。


今日は36w4dの健診。

昨日寝坊して、大慌てで出かけていった旦那サマ。
そして昨日の夜はPCが壊れた?ようでその対処におわれた私たち。
おかげで寝るのが遅くなって、今日も寝坊。
朝、8時、8時半、9時前、9時、、、、と起こしてみるものの、まったく起きる気配がないので、
私も眠いし、放置しました。「あとは自己責任だからね」と言ってから私も眠ることに。
最近急に寒くなってきたから、きっとそのせいで起きられないのかも。
昨日の夜も旦那サマは寒い寒いと言って、おじいちゃんのように靴下をはいて寝ていました。
そろそろ下に毛布を敷くシーズンかもしれません。

さて、というわけで寝坊して11時まで寝ていた旦那サマ。
12時半からの健診だったので、病院まで送っていただきました。
タクシー代が浮いた♪
しかし毎日遅刻して会社の人に変に思われていないのだろうか・・・?

健診ですが、
いつもの女医さんに診ていただいて、順調ですねと言われました。
大きさも標準で、大きすぎず小さすぎずということです。
まったくもって言うことなしのわが息子。よしよし

「あんまり大きくならないでね。でもちゃんと育ってね」とわがままな話しかけを続けた結果なのでしょうか。
息子にストレスになってなければよいのですが。
「とにかく元気で生まれておいで」
毎日祈ってます。



妊婦検診 

2005年11月04日(金) 15時13分
11月2日。35w2dの妊婦検診です。
今週から1週間ごとの検診になってます。

赤ちゃんの様子を診てもらうと、どうやら標準よりもちょっと体重が足りないらしいです。
2度大きさを測定してもらいましたが、どうも推定体重2250〜2300グラムのよう。
本来ならこの頃は2400グラムあるらしいです。
でも、この時期の標準範囲は1800グラム以上らしいので、心配することはないとのこと。
太り過ぎないように間食をやめたり、普段のようにお腹いっぱいまで食べないようにしているのがよくないのかな?
とりあえず、もう少しだけがっつり食べようと思っています。

私自身の体重は妊娠してから+4.3〜+4.9の間をさまよっています。
もとの体重を考えればこれがベストだと思うのですが。。。どうなんでしょう?

というわけで検診おわり。
次回はちょっと遅めの11日金曜日。
いつもの先生に担当していただけるようにお願いしました。
今さら違う先生はちょっと嫌だし。

この後貧血検査などの血液検査のために採血。
以前の糖尿病精密検査の時のおばさんだったので、ほとんど痛くもなく終了〜。


この日の帰り道。お腹がすいたのでパンを買って帰る途中。
オマタにじょろじょろした感触が。
え??破水??と思い焦りましたが、よく考えたら病院にいた時からトイレをちょっと我慢していたので、家に帰って用を済ませると落ち着きました。
ふぅぅぅ。焦ったよ。今生まれてきたら低体重児な上に、なにより私の心の準備ができてないよ。

しかしよく考えたら再来週からは正期産なのよね。
もう心の準備をしておかないといけないのかも。うー、ちょっと怖い。
でもがんばらないと。

妊婦検診 

2005年10月26日(水) 17時46分
早いもので34w2dです。

そろそろ妊婦から本当にお母さんになる日が近づいています。
最近では、「本当に母親としてやっていけるのかな、子どもを精神的にも肉体的にも傷つけてしまうような親にならないだろうか・・・」なんていうネガティブな考えがまた頭に浮かぶようになってしまい、なんとかポジティブにしないと・・・と思っています。

今日はいつもどおりの検診。
今日も赤ちゃんは逆子にもならず元気な様子。
大人しくしていました。

この赤ちゃんは恥ずかしがりなのか、それとも私が緊張しているかもしれないからなのか、モニターに映るときはほとんど動きません。
今はぐにぐに動き回ってるのに

大きさも2100グラムくらいで、ちょうどいい大きさだそうです。
順調に大きくなってくれて良い子だなぁ。

今日の検診は12時からの予約だったのですが、どうも患者さんが少なかったらしく、12時より前に呼ばれました。前回はかなり待たされたので、今日は楽々

それにしても妊娠期間につわりもその他の異常もまったく見られない我が子の成長ぶり。
嬉しいことは嬉しいのですが、その分生まれた後に大変なことが待っていそうで不安です。

どうやら今はネガティブ思考になってしまう時期なのかも。
もうちょっとのんびり構えてみよう。

誕生日プレゼント 

2005年10月18日(火) 0時58分
先日旦那サマが「今年の誕生日は何が欲しい?」と聞いてきました。

旦那サマがそんなことを聞いてくるなんてめずらしーと思っていたら、
「だって誕生日プレゼントをお前だけにあげるのは今年が最後だと思うから」だって。
そんな〜

まぁ、それもそうかもしれません。
私の誕生日は12月7日。
そして赤ちゃんの予定日は12月5日。
そう。2日違いなのです。しかも初産なので、後にずれ込む可能性

もしかしたら一緒の誕生日になって、一緒にお祝いされることになるのかも。

しかしそれはそれで息子はかわいそうなのでは?なんとなくね。
私は誕生日は自分だけの日だとは思っていませんが、なんとなく家族の中では自分だけの日って思いたい人なのです。
そしてそれはなんとなくきっと息子も同じなのではないかなと。

一緒にお祝いされるのはいいんですが、日にちだけは自分だけの方がいいなって。
変でしょうか?

でも一緒の日なら一緒の日で、きっと喜びやお祝いムードも2倍になってくれるのかもしれません。
こればかりはなってみないとわかりませんね。

ただ、私は生まれる時、予定日が10日だと教えられていたのに、3日早い7日に生まれました。
こういうことって同じになることが多いらしいので、もしかしたら、息子は12月2日に生まれてくるのかも。
ちなみに旦那サマの誕生日は2月22日。まさに2並びの日。
息子も2の多い日に生まれてくるのかも。
私は密かにそう思っています。

ところで、私が旦那サマにお願いした誕生日プレゼント。
初めは、最後の誕生日プレゼントなら普段使いできるネックレスがいいかなぁ〜と思いましたが、出産でお金もかかることだし、旦那サマの金銭的負担は軽減させて、作業してもらおうと思い、

「赤ちゃんの出産記録ムービー

をお願いいたしました。
旦那サマは「そんなのはもっと早く言ってくれないと!」と言ってましたが、出産だけでいいのよ〜。それでも大変かな?でも記念になるし、ちょっとがんばってみて

ベビーグッズ 

2005年10月18日(火) 0時50分
ベビーグッズはだいぶ揃いました。あとはベビーベッドや沐浴のための小物を買うくらいでしょうか。ベビーベッドは場所を取るので最後に買う予定です。

しかしいくら計画的に、お金をかけないように努力しても、私には到底無理なようです。
今までの経験から言って、安いものを買うとどうしてもすぐに壊れてしまうという思いがあるため、ある程度安心できそうな価格を求めてしまうのです。

とはいえ、赤ちゃんの肌着や洋服はほんの一時期しか着られないものなので、もう安くてもいいから使いやすいものにしようと思い始めました。
でも肌着や洋服は実母や義母に既に買ってもらっていて、買う必要がないのですが・・・

きっと今回の経験によって、次に授かるかもしれない赤ちゃんに生かされることでしょう。

そういえば、まだ1人目も無事に生まれてこないうちから、もう2人目はいつがいいかな、なんて考えています。

お腹の赤ちゃんは男の子だということがわかっているので、次は女の子かなと思いつつも、やっぱり男の子なのかもしれないなという気がしています。
というのも実母がしきりに「あんたの子どもは次もきっと男の子のような気がするわ」と言い続けるので・・・。

どうやら子育ては同性の方が楽だそうです。
よくわかりませんが・・・。でもやっぱりどっちでもいいかも。
女の子だったらどんな顔の子が生まれてくるのかという興味はあるけれど、ただそれだけです。
どちらでも授かれば嬉しいでしょう。
P R
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
*書き手と主な登場人物*
racoo(書き手 ママ 20代後半 仕事:一応大学院生)
旦那サマ(パパ 30代後半 仕事:会社員)
赤ちゃん(お腹の中でぬくぬくしとります)
最新コメント
http://yaplog.jp/racoo/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:racoo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる