あなたにごっつんこ 

2006年05月19日(金) 10時10分
この物語は
2006年4月24日にはじまった。

ふたりの間に横たわる距離は約8000キロ
太平洋の東と西

波に任せて、世界を旅するのが夢だというエンジニアのsyunと
いつまでも夢を夢見てるnaho

顔も声も知らないまま、11時間の時差の中で、毎日会話が続いた。
「昨日のあなたと今日のあたしが会話」

「恋愛は墜ちるもの、きっかけは足元の小石、つまずいたらいつのまにかこけている。
墜ちる瞬間はわかる。」
syunはそう言った。
nahoは「恋愛は、こころの別行動」そう答えた。

3日後、彼の声を聞いた。
彼は菜穂が好きだと言い、好きな理由を13項目もあげた。
そして
欲しいものは「移ろいゆく人の心」だと・・・至難なこと
心に響く会話がしたい・・・ふたりとも同じ想い

P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rabisurazuri
読者になる
Yapme!一覧
読者になる