竹田和夫だけど辻野

January 03 [Tue], 2017, 10:48
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タイト
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/raaicrwfarydat/index1_0.rdf