Scream of Japanese Crusher。

March 25 [Sat], 2017, 0:58
5年前のアルバム「日本沈没」をテーマにした東北ツアー。
まず過去のアルバムツアーを改めてやれるという事の嬉しさと今回のテーマの重要性とどう自分が向き合うかと。


ツアーを終えて本当の意味でやっとアルバムが完成したなと。




当時はまだなかったライブハウスもあり、そこでこのアルバムの曲達をやれたのも大きな意味をもったんじゃないかと。


この問題ってかなり難しいし正解なんてないから。


思い出したくない人もいるだろうし忘れてはいけないからとずっと言い続ける人もいる。


テレビかなんかで見たけど一本松というのがあってそれは震災の時に唯一残ったものらしくて。




地元の人はそれを絶望の木というらしい。
そうでない人達は希望の木というらしい。




間違ってたらごめん。


捉え方次第だけど一つ言えるのは現地とそれ以外のとこではここまで温度差があるし

なんならそもそもこの話すらどこまで本当か分からない。


だからこそ自分の目で見て感じる事に意味があるなと。


そのきっかけにR指定がなってくれたら幸いです。


復興してないところを見るといろいろ思った。


あれから5年も経つのになぜまだここまでしかできないのかとか。


真相は全然分からいけど、募金が全然使われてないらしいとかいろんな手続き上、俺らには分からない事もあるやろうし。


でも一つ思ったのは当時なんでもかんでも自重しろと騒いだ人達とそれにビビりすぎた人達に復興が遅れた原因の一つじゃないのかなと思った。


自重ムードがいろんな人の仕事を奪い、経済をマヒさせる。


自重って本当に何も産まないなと思います。
まぁ事によるだろうけど。


綺麗事をいうつもりはないけどいろんな事考えさせられたツアーでした。


どう受け取って処理するかは自分次第だしいろんな考えがあるし、分からないなりに考えるきっかけになったし、何より考える事が大事だなと思いました。


賛否よりもその過程が大事。




そして何より来てくれた皆の笑顔が見れて幸せでした。


本当にありがとうございました。