運転車のブレーキ操作

October 10 [Thu], 2013, 0:22
富士重工業の新システムアイサイトは走行車線両側にある。角栓を認識することで新しい機能を提供するそうです。自動車専用道路を時速65キロ以上で走っていて車線からはみ出しそうになった場合と車線中央を維持機能従来の形保温と表示の逸脱警告に加えて、車線逸脱抑制というステアリング放射線ない側に向けるようにする機能の二つを実現しているそうです。また、ステレオカメラの死人確認やし赤くがそれぞれ40%拡大しているそうです。このことにより、衝突する可能性が高いにもかかわらず、ドライバーの回避操作がない場合のプリクラしブレーキ、運転車のブレーキ操作を衝突の危険性がある状況で、アシストするシステムの作動領域がそれぞれ良くなっているそうです。またこの他に新しい機能として、危険回避アシストなどが追加されているそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r9mw48de
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる