BMI アンチエイジング 内臓脂肪

February 24 [Sun], 2013, 14:43
BMIを計算する式はどこの国も共通ですが、数値の評価基準は各国少しずつ異なり、JASSOではBMI値22が標準、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と位置付けています。


日々繰り返される規則正しい日常生活の継続、腹八分目の実行、適切な運動やスポーツなど、古臭いとも思える体についての取り組みが肌のアンチエイジングにも役立つのです。



内臓脂肪の多い肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2〜3項目に該当するようなケースを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。顔脱毛




肥満(obesity)というのは勿論摂取する食物の栄養バランスや運動不足が素因ですが、量の等しいごはんだったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」をし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満を招く恐れがあります。


生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値に関与しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことによって、結果として膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなることで発病する自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r9ks4px
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r9ks4px/index1_0.rdf