スジグロシロチョウだけど鈴木俊介

August 17 [Wed], 2016, 14:21
皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。



というのも、例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、体の冷えを取り除く必要のある妊活ではあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。
けれども、これまでにコーヒーをよく飲んでおり飲まないとイライラしてしまうという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日あたり3杯を限度として飲んだ方が健康的だと言えます。


実は妊婦にとっての必要な栄養素はずばり葉酸です。

葉酸が不足していると胎児の脳や神経系に障害をきたすリスクが高くなります。


では、いつまでに葉酸を摂ればよいかといったら、脳や神経を形成する時期は妊娠3ヶ月以内とされているため、この頃に葉酸を摂取する必要があります。適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によっては特定保健用食品の認定を受けているものもあり、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがあるようです。
アロマには心身のバランスを良くする作用があり、妊活にも活用されています。

待合室にアロマを使っている病院もあるようです。
特にローズは妊活中の女性に人気のあるアロマです。
ローズのアロマオイルはホルモンバランスを調整し、ストレス解消の作用があります。不安感を解消させる効果があり、女性ホルモンの分泌をよくするイランイランもオススメです。栄養素の中でも、葉酸を妊娠初期に摂るのが良いと、いろいろなところで言われています。



それに加えて、妊娠の1ヶ月前から葉酸を多めに摂った方が良いということをあなたは聞いたことがありますか?妊活を考えたときこそ葉酸のサプリを摂っていきたい絶好のタイミングです。妊活を考えている方は、葉酸の摂取は欠かせませんよ。
栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということが広く知られるようになりました。お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、妊娠中の女性の健康を維持するためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。



一番必要なのはいつなのかと聞かれるとなかなかわからないものです。



実のところ、妊娠直後に葉酸が最も多く使われるのです。
その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは良い効果が期待できます。でも、どうせ摂取するならば、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方をできるなら、さらに良いですよね。


調べてみてわかったのですが、果物には体を温める効果が期待できる種類もあるのです。具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。


とは言っても、いつでも生のものを入手できるとは限りませんよね。
そういう場合は、加工されたドライフルーツでも良いですから、ぜひ積極的に摂取してみてください。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても摂取が勧められているほどです。



葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいますよね。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。


葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。


ですから、サプリによる摂取が無くても普段通りの食事をきちんと摂っていれば、ある程度は摂取できるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひより
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r9icewolt6nhib/index1_0.rdf