言い掛かり

September 14 [Fri], 2012, 16:44
尖閣譲渡バブル時代には350億円提示も地権者実弟明かすmediaid125こういうのを見ていると、所有者がお金で政府に売ったというのはちょっと違うんだろうなと思う。
国を背負う気持ちは何も政府、政治家だけではなく、一人一人の国民にあるもの。
特に、尖閣諸島みたいな政治的に微妙な島を所有するのは気持ちの込め方が違うのではないだろうか自分の判断でその後の情勢が変わるという事は、歴史的な意味合いも含まれる。
そこを忘れて迂闊に物事を進められない。
そんな面倒な島を本音では手離したいと思っていても不思議はない。
しかし、約束とはそれを上回る程に重い物なのだ。
今地権者がどういう思いを持って動いているかはわからない。
だが、胸中はかなり複雑だろうと。
その中心にあるのはやはり約束。
そして歴史的な重みではないだろうかそれが、お金より大切な心なんじゃないかと。
今、その尖閣諸島の地権が政府に移る訳だが、政治家の方々にもよくよく心を大切にして運用して頂きたい薄桜鬼 greeものだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r9i689nrbj
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r9i689nrbj/index1_0.rdf