運動などについて勉強した

August 20 [Sun], 2017, 21:37
勉強をしました。いきなり激しい運動をおこなうと、筋肉や関節や心臓に急激な負担がかかり、けがや心臓発作の危険があります。スポーツ中の運動は、日常生活よりはるかに激しいので運動の前には、必ず軽いジョギングや体操で体を温めたあと、ストレッチングをおこなって柔軟性を高めることが大切です。また、運動のあとには使った筋肉のストレッチングや軽い運動によってクールダウンをおこなうと、疲労の回復が早まります。高温下で運動をすると汗が出て、体温の上昇をおさえます。しかし、汗で失われた水分を補給しないまま長時間運動を続けると、脱水状態になって体温の上昇をおさえられなくなり、熱中症になる危険性があります。また、血液中の水分が減少するため心臓の負担が増加し、同じ運動でもきついと感じるようになります。暑いときの運動は短めにして休憩をとり、運動前にあらかじめ水分をとっておくとともに、休憩中や運動中に水分を補給することが大切です。1時間をこえる激しい運動では、0.2%程度の食塩水(1リットルの水に塩2g)をとるのが望ましいです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リツハタケ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる