温和な性格で豊臣政権を支えたナンバー2秀長

February 10 [Mon], 2014, 17:23
1月28日のNHK「知恵泉」では、豊臣秀吉
の弟秀長を取り上げていました。

豊臣秀吉は、天下人の座についてからは、
専制的になり、話にくい人物になりました。

そこで、温厚な性格のNO2が秀吉に代わって
ナンバー2として、豊臣政権の窓口になる
ことが多かったようです。

例えば、九州の大友宗麟が島津に攻められ
豊臣家に助けを求めた時も、秀長が対応
しました。
秀長は、「大友家のためになるように考える
から何でも相談するように」と述べたそう
です。
この秀長の優しい対応に宗麟は感激した
そうです。

私は、職場に気難しい性格の上司がいて
話しにくくて悩んだ記憶があります。

しかし、その上司に話を取り次いでくれる
優しい先輩がいて助けられました。

豊臣政権で秀長が果たした役割は、ちょうど
この先輩の同じだと思います。

秀長のような温和な人物は、派手さは
ありませんが、職場の人間関係を良好に維持する
上で欠かせないと思います。

管理人のお役立ち情報!三菱東京UFJ銀行カードローンを利用する際の審査に在籍確認があるので事前にどんなないようか知っとけば安心です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうと
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/r7xdpfm0/index1_0.rdf