精神看護とは

October 19 [Sat], 2013, 0:39
こういったことから心のケアに対する需要はどんどん高まっているのも納得できてしまいます。精神看護学はそういった事から看護学における心のケアの重要性に対しリハビリ看護を中心に現代のニーズにあった研究に熱心に取り組んでいます。
でも、精神を病んでしまった患者さんは、時に暴言をはいたり、暴力的になったり安定しない人も大勢います。治療の成果がはっきり目に見える外科や内科とちがって進展が見えにくいものですし、完治を目指す事が難しいものでもあるので、精神看護は奥が深いし難しいものでもあります。逆に言えば自分自身が成長できる診療科でもあるといえます。
とても懐の深い学問だといえますし、精神看護にもきっと同じことがいえます。
なかなか回復も見えない場合も多く、大変ですがコレからさらに需要が増えてくると思います。
精神状態が悪い患者さんももちろんたくさんいるので暴言や暴力、自傷や自殺未遂、無断で病院から出るなどそういった看護もしないといけませんし、セルフケアの援助もあります。
精神看護は、そういった時代背景からもどんどん需要が増えていくでしょうし、必要になってきます。毎日の生活で自然にストレスを解消できる事が一番ですが、溜め込んでしまう人も多いんでしょうね。自分自身でケアしつつも、気をつけたいものです。
他には精神保健福祉士や精神対話士、精神科認定看護師等があります。精神科認定看護師は日本精神科看護技術協会による認定資格で、精神看護のプロであり精神科での看護ケアの向上を図ってます。
自分自身もそういった患者さんと接していく事で何か新しい事に気づく事も多いと思いますし、成長できるとてもいい経験になると思います。もちろんとても大変な仕事ですし、精神を患っている患者さんと接するのは並大抵のことではできません。
アルコールや喫煙には注意を
健康管理も大事だと感じます
たばこは肝臓癌になる可能性も
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r6gbyjt
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r6gbyjt/index1_0.rdf