ウミガラスとボマちゃん

January 05 [Thu], 2017, 16:35
看護師が転職しようとする理由には多様なものがあります。

最新の医療に触れ、より難度な医療技術を習得するとか、見聞きだけでなく、多く体験するために、もっと専門性の高い病院に勤めたいなどの事例もあるでしょう。

それと、結婚や出産に伴って起こる生活環境の変化に合わせて転職を選択するケースも珍しくありません。

看護師の年収は多いと思われている方もいるでしょう。

しかし、ナースは夜勤がないと収入を増やすことができませんから、もらえる月給が不十分ということがあります。

それで、独身時代は定期的に夜勤がある医院で働いて稼いで、婚姻後は夜勤をしなくていい病院に再就職する人も多いです。

病院へ行くと次から次に患者の人がくるので、看護師はいつも忙しい様子です。

手際よくこなしていたり、声を大きくして名前を呼んだり、患者さんに説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないかなり大変な職業だと思います。

ただし、その分、非常にやりがいがある仕事だと感じました。

規模に関わらず、医療機関にとって、看護師は欠かせない大切な人材です。

ですが、看護師の処遇はあまり良いとはいえないでしょう。

看護師は夜間の仕事もあり、休暇が少ないという厳しい労働環境で、受け取る給料も高くないのです。

退職率が高いのも、当たり前のことなのかもしれません。

残業をした場合、きちんと残業代が出るのは至極当然です。

でも、これが看護師の場合、時と場合によっては残業代が十分に出ないといったことがあります。

中でも、転職をしてきたばかりで新しい医療現場にまだ慣れていない時は、残業申請を出しづらい雰囲気があるものです。

看護師の労働環境を改善するためには、きちんと残業手当がもらえるようにする必要があります。

看護師さんは大変な仕事が多いですね。

くれぐれも過労死をしてしまわないように自らを気遣ったほうがいいかもしれません。

条件が希望に沿っていなければ早期の転職を念頭に入れてみてください。

長期の通院を必要とする病気になれば、働くことすら、厳しくなります。

ご自身の体は周囲の誰も守れません。

私の顔見知りの看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。

ラクそうな職場だったのに、どうして転職をしたの?とその理由を聞いてみると、「あまり忙しくなかった。

ということでした。

出来ることなら働きたくないと考える人が多い世の中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。

看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、ステップアップするには様々な手段があります。

今の医療機関から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも方法の一つでしょう。

他にも、最新の技術とか幅広い知識を体得するために看護にちなんだ資格を取得するのも1つのスキルアップの方法といえます。

看護師として仕事をしながら経済的な余裕を望むなら、アルバイトがあります。

仕事がない日を利用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増えてきています。

副業の利点は、仕事をしていない時間を有意義に使うことが出来て、別の仕事をすることで気分転換にもなる事です。

看護師って医療関係者で手堅そうな職業ですが、相当、ハードな仕事の割には報酬はたいしたことはないです。

婦長クラスにまで昇進したらともかく、その他の多くは大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。

割に合わない安月給に嫌気がさして退職してしまう看護師も珍しくありません。

看護師は今も人手不足です。

人手の不足を改善するには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の仕事をしていない方に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じます。

ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なように、医療機関が悪い部分を改めていくべきなのです。

世間一般では、看護師の仕事はハードな職業だと認識されています。

これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により働く時間が長引いてしまう傾向が原因です。

労働時間が長いことに加えて、月に何度か組み入れられる夜間の勤務があるため、常日頃から疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。

時として、看護師は非正規雇用でパートやアルバイトで働くこともあります。

その際、重要度が高いのが時間給です。

基本的に、パート、アルバイトの看護師は正規雇用と比較して待遇面で劣っている事が多いですから、やはり、時給が高くないと労働意欲が下がります。

なるだけ、時給は高いほうがいいものです。

顔見知りの看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、ついに先月、病院を退職してしまいました。

このようなご時世、看護師を新たに採用するにも看護師のなり手が少ないそうで、病院側は対応に苦慮しているとのことです。

看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのような状況に陥る前に、看護師に配慮すればいいのにと思います。

看護師の初任給は低いと思います。

実際に入院してみて一日、看護師をみていると、重病な患者が入院していない日には、一定の業務をこなすだけですが、それだけでもかなり大変です。

重篤な患者が入院している際には、さらに大忙しになってしまい、ストレスで精神的にシンドイでしょう。

どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。

仕事を円滑にこなしていくためといった理由である業界でしか通じない言葉が使われています。

医療の現場で働く方でも同じようにその職にしか、使えない言葉が使用されています。

一例として、心マは心臓に刺激を与える、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、多くのその仕事でしか通じない言葉を使って会話しています。

看護師が病院や医療施設などで仕事をする時、配属先は、とても大切なポイントです。

例えば、同じ医療施設で仕事をするケースでも任命される科によって、大きく異なる仕事内容になります。

自分が志望していた配属先ならトラブルが生じるケースはありませんが、不得意と考えている配属先だと仕事をなかなか理解できない事例も考えられます。

ナースの仕事の内容は入院患者の治療だけでなく患者さんの身近なお世話まで、やっています。

クリニックで、看護師くらい多忙なスタッフはありえないと思います。

だから、忙しい看護師さんのみあった待遇にしてあげてほしいですね。

看護師は医師からの指示により医療行為をするケースが多いですが、簡単な医療行為であれば、医師から指示がなくてもすることができます。

であるから、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師がいる時は、本当に心強いと思われます。

以前は男の看護士に限って、士という文字が使われていました。

けれども、現在は男性のケースでも女性のケースでも、看護師という仕事に従事している人ならば、師という漢字を付けるようになっています。

看護師と看護士の両方を使用していると、曖昧で分かり辛いので、改善されたのだと思います。

退職金に関心を持っている看護師ももしかしたら、多いかもしれません。

国立や県立の病院だと、たくさんもらえます。

次に、退職金が多く支払われるのは、大学病院です。

規模が小さい医療施設の場合には、退職慰労金も少ないです。

夜間に勤務することが多いので、大分部の人にとっていいとは限りませんが、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が処遇が良好といえます。

急な交通事故で、救急搬送された際に、医師が見落としてしまった鎖骨の骨折を見つけて処置を施してくださったのは若い看護師さんだったのです。

入院中に、知りましたが、かなりお若いのに看護師長だったのです。

能力評価が正当にされた結果だと感じます。

看護師の仕事に就くとすると、知識や技術だけにとどまらず、「医療界に貢献していくんだ」という強い意思が重要になります。

やはり、専門職であるから、通常のOLなどよりも収入はよく、働き口に困ることもないです。

だけど、日常ではほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。

日本中の病院や様々な医療機関の現場では、これまでの間ずっとナースが不足している状況が続いています。

そのため、就職、転職に関して看護師はカンペキに売り手市場といえます。

看護師資格を取得していれば、自身の希望や適正に合った職場を比較的簡単に選択することが可能です。

看護師が転職する時には履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。

書き方としては、重要なことがいくつかあるのです。

第一に、写真については、三ヶ月以内に撮影した古くない写真を使用しましょう。

また、住所、氏名等の項目は間違わずにきちんとした文字で分かりやすく丁寧に書き記すことが重要です。

派遣という立場で、看護師が仕事をする際には、良い点や悪い点があったりします。

利点としてはそれほど長期にわたって働く必要がなく、都合や条件に合わせて自由に他の職場に移れることです。

デメリットは昇給や賞与がないので、同じところで長期的に勤務するには向かないことでしょう。

看護師の業務内容は幅広いです。

通常、医師の診療がスムーズに行えるようなサポートするのが基本的に、主となる業務内容になりますが、患者さんのケアや手助けがあります。

入院病棟か外来か、どっちなのかで、業務の方向性も変わってきます。

一般に、仕事量が多いのは外来よりも入院病棟でありますので、とても負担が大きいでしょう。

フルタイムで、看護師として勤務する際、辛くないといわれているのが、外来の勤務形態です。

もちろん、人命を預かるということでの責任は同様ですが、夜に勤務する必要がない、休みやすい等の理由で外来勤務希望の人も増加してきています。

看護師は医療機関が勤務先ですが、医療に関する作業だけしていればいいわけではありません。

疾病や傷害で動けない患者さんの身の回りの支援もしなければならないので、医療関連の施設の中でも忙しく就労している方だと思います。

激務の割には、収入は良くなく、体を壊してしまうほどのストレスを感じることもあるらしいのです。

看護師の就業人数が足りないという病院も多いため、再度務めることはけっこうなことです。

とはいえ、退職からの期間が長いとあまり安心できませんね。

転職を紹介してくれる先などをちゃんと使って相談ができる制度を使うのがいいでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ノア
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r6ej8atnuws1bl/index1_0.rdf