maybe.........

October 15 [Mon], 2007, 0:35
Maybe I can't continue this blog during I am
in France.
I found my new appartment last Friday,and I moved there
yesteday.Sorry for make you worry about me.

There is no internet connection in my new appartment.
But I will try to see the site mixi,blog sites and write emails as far as I can.

I hope that every my friends are well and
understand my horrible situation.
Chao

again

October 03 [Wed], 2007, 9:23
I can't access internet again.
In fact,I lost my house.yes,it's true.
I don't have any luck in Bordeaux,why?
I don't know when,but I will explain you after I would be fine.

Wish me luck.......

つれづれメモ

September 25 [Tue], 2007, 1:03


・肌寒い・・でも蚊が昨日夜中3匹も。なんでや

・コーヒーよく飲むようになった。完全に紅茶派だったのに。
 しょっちゅううちに来る友達が、ここにあるコーヒーメーカーで、
 一杯目より2杯目の方が濃くておいしいとのことで
 私に一杯目をくれるため、つきあって飲んでたら、結構はまった。 
 紅茶もいいけどコーヒーもいいねぇ

・ ショーウィンドーの赤ちゃん、めちゃかわいいポンチョ着てるぅ!!
  思わずパチリ↓
 
 ちなみにお値段32,90ユーロ
 (約5000円)!
若い人もお年寄りもこちらは
 手編みする人多いから、
 買う人おるんやろうか・・・。
 でもかわいい!!
 撮影場所は、三宮センター街
 のボルドー版(でも屋根ナシね)
 「rue St.Catherine
  (サン・キャトリーン通り)」
 ヨーロッパ内最大の歩行者天国
  ショッピングストリートということで、
  一応名物。
 
・ どっか行きたい・・・行きたいところいっぱいあるのに、
  もう夏が終わってしまった
  リヨン・ニース、モナコ等南仏あたり・・あとはアルザス
  地方のクリスマスマ-ケット狙い

・ミクシのコミュニティってすごい。めちゃかわいい動物の写真やら、
 美しいコトバの数々やら、昔なら本買わないといけなかったような
 ことが、ネットで簡単にあふれるようにいっぱい情報更新される。
 ほんと長年登録してなかったけど
 最近、泣いたり吹き出して笑ったり、結構楽しんでる

・ネットで仰天ニュース発見かつて滞在した懐かしの
 中国山東省済南市内の、ある社員食堂で、注文した料理内に
 ねずみの赤ちゃん混入事件
 客に指摘された料理長が「肉だよ、肉」とパクリと平らげ、証拠隠滅。
 真相究明は不可能になったものの、現場にいた人全員が現在
 吐き気と食欲不振に陥ってるとのこと。
 オゲーーーーーっ!!!!!!厨房の写真付きで紹介されてて、
 さらにオゲーーーーーーーーーっ!!!!
 
  (↑rue St.Catherine)

よかったね

September 22 [Sat], 2007, 21:30
またまたラグビー。たぶん日本ではどこ吹く風
やと思うけど、こっちでも私にとってもやっぱ外せない

昨夜パリでフランス対アイルランド戦があって、街の中心部を流れる
ガロンヌ川沿いの大スクリーン前で何万?何千?
と集まってるボルドー市民とともに大観戦
幸い日中暑くて寒くならない夜だったし、何より熱気ムンムン
この1週間アイルランド戦の記事がいっぱい新聞にも
載ってたし、なんだかピリピリしてた。

   
  (↑野外の巨大スクリーンを食い入るように見つめる観衆)

先週末、先々週末とボルドーのスタジアムでアイルランド戦があった時は、
街中にあふれるアイルランド人に対してウエルカムムードだったのに、
さすがに一転。ちなみに先週末のアイルランド戦後の様子。
後ろは市内で一番大きいアイリッシュパブ↓

         こんな人いっぱい・・

去年サッカーのワールドカップの準決勝・決勝をボルドーで見た時よりさすがに
ちょっと規模は小さかったけど、(場所も前回は川の対岸で、変わってたし)
それでも愛国心・ラグビー熱の高さには感心。


やっぱり何回見ても、何回説明されても
イマイチルールと得点法がよく
わからんけど、とにかく私の応援してる
O'gara選手とドンちゃんも
よくがんばっていた
フランスチームも強烈な容姿で有名な
セバスチャンくんが吠えまくって
フランスチームの勝利(だったみたい。得点とか
全然見えんもん・・・)。
私は両方応援してたから、どっちが勝ってもよかったよかった


(意外に試合中は自主的に整然としてるフランス人)

こんなに国民に熱狂的に応援してもらえるイギリス・アイルランド・
フランスのラグビー選手達は幸せやねぇ。
火曜日はボルドーで日本対カナダ戦やけど、ここまで熱狂
してもらえるとは思えないし。

今日は雨
来週からはぐっと寒くなりそう

おいしいパテ

September 20 [Thu], 2007, 3:22
友達のミク日記やブログでは、「今日の献立」や
「今日カフェで食べたモノ・飲んだモノ」として、頻繁においしそうな
ごちそうケーキパンなどなどの写真がてんこもり。
とってもうらやましい
前に書いたごはんネタも、なぜか結構好評だったので、今日は
負けじとおいしいもの紹介。

といっても、最近毎回御用達のアジアンスーパーがしつこく
バカンス(?)のため(ずーっと閉まってる)、もうお米がきれてしまって、
夜ごはんもおかず+バゲット状態が続いてるこの1週間。

今日はバゲットのおとも、フランスでは欠かせないパテ

    

見た目フォアグラみたいなもの、このようにパッケージもいろいろ。

バゲットを準備して・・・


切ってぬりましょう


おわり
とんかつといっしょにドーン


BRAVO!

September 16 [Sun], 2007, 7:42

家から歩いて2分の大劇場 Grand Theatreでクラシックリサイタル
を見た。大劇場は、ボルドー名所のひとつ


           ↓夜景


なんとなく敷居が高く、縁がない場所だと思っていたけど、
たまーに無料のオペラやコンサートが行われる。
3月の無料公演を逃したあと、マメにチェックするも、
その後機会は訪れず、今に至ってしまった。

しかし、発見した昨日のリサイタルは、もちろん()無料、
しかも、「日本人若手アーティストによるバイオリン・ピアノコンサート
ということで、さっそく配布チケットをもらいにいき、初Grand Theatre
入場。ワンピースなど着てしまった

巨大な外観のわりに舞台は小さく、観客席も少なく、5階層で
なんかぎゅっと締めつけられたような気持ちにさせられる小ぶりさ。
ヨーロッパのサロン!という感じ。
どっかからマリオネットとか飛び出してきそうな



最初1曲目のフランス人男性は、「学生やろう?!」
と言いたくなるほど、とにかく平べったいつまらない演奏。。
曲自体もなんだかまったく理解できない、たぶん現代クラシック?
「おいおい、練習中ちゃうで」と言いたくなったけど、「いくら
由緒ある劇場リサイタルでも無料だけに、こんなもんか・・・。
文句は言えまい」と、延々続く20分の演奏がすごく長く感じられた

もともとあんまり期待してなかったし、一回ぐらい大劇場で観賞できたら
思い出になる程度やったし、1曲目がこの有り様。
さてさて若手日本人やいかに?というお気楽目線が、
いきなりぶち壊された

めちゃくちゃ美しい〜!!!!

バイオリンソロ佐藤俊介さん、ピアノ伴奏、菊池洋子さん
という演奏形態。バイオリンソロ演奏をナマで見たのは初めてだったけど、
バイオリン1本の響きがこんなに美しいとは

3曲の選曲も申し分ナシ曲自身も
すばらしさやまとまり感があって、
3曲とも違った曲調を持っていて、
かつ2人それぞれの魅力を充分に
引き出せていた

見た目高校生みたいで、入場時、弱々しく
ぽつんと所在なげに舞台中央に立ち、
姉御の菊池さんに付いていってるような
印象だった佐藤さん。。
惜しみない素晴らしい演奏で、その
印象が豹変したということはなく、
なんとなく控えめなスタイルは最後まで。
繊細な響き、挑戦的なピアノなしのソロ、雨だれのような弾けるような爪弾き

プログラムを見ると、1984年生まれの23歳。若すぎ!
笑顔の美しい菊池さんは77年生の30歳。二人とも輝かしいキャリアがありそう
やけど、長い詳細はフランス語のためボンヤリしかわからず。。
交響楽団といっぱい演奏してるみたいな感じ。
(ちなみに一人目のフランス人演奏者もなにやら経歴はよさそうだが・・)
うー、知らんかったなぁ・・・。有名な人たちなんかなぁ?

終了後は拍手が止まずアンコール2回、その2曲もアンコールにふさわしい
小品。。なんと粋なしかもラストは、小鳥のさえずりと川のせせらぎが
聞こえてきそうな曲で、まじにうっとりした
観客も大拍手で「ブラボー!!
本場の生「ブラボー」を初めて聞いた夜だった。
若い日本人がこうやって絶賛されるとなんだか誇らしいね
自分じゃないのに。

夜9時開演から11時近くまで存分に心地の良い夜を過ごさせて
もらった。なんと安上がりなゴージャスな夜

(←ゴージャス観客席)
 あまりに気分がよく、そのまま夜の風
 にあたりに外を歩いていたら、
 アイルランド人が翌日のボルドー
 でのラグビー戦のために
 もうお祭り騒ぎトラムのなかで
 じゃんじゃんブラスバンド
 演奏!!!!!!公共の狭い
 乗り物内がギネス片手に
 アイリッシュパブ状態ほんまに強烈。
 強烈過ぎて私もトラムに飛び乗った!
 商店街ではなぜか大合唱!!!
 住民乗客みんなノリノリ
 それにしても試合の前日なのにすでにできあがってる・・・。

日本人のみなさん、ヨーロッパの人たちは陽気に元気いっぱいです

情報源

September 14 [Fri], 2007, 4:01
自分の部屋にTVがないのでとてもいやだ
今やTVなくてもパソコン上で見れるんやけど、古い型のためか?
私のでは見れないし、フラットメイトも「勝手に使っていいよ」と
言ってくれるけど、さすがに気兼ねする。
中古を買えばいいんやけど、フラットメイトに聞くたび
「買わんでもここで見ればいいやん」の一点張りのため
「買うなということか?」と解釈したまま今に至る

ということで、私の頼みの情報源は地元無料新聞。
ここに引っ越してくる前は、TVどころか、ネットすらも使えない、
ラジオしかない昭和初期並?の生活を送っていたので、
とにかくこの無料新聞を重宝したこれらがなかったら、
ネットのなかったあの時期、私は日本やフランスの情勢どころか
自分の周りのボルドーの地域情報すら全くわからず
過ごしてしまうことになったと思う。

今日朝早く、いきなりアポなし訪問してきた友達との会話。
(アポなし訪問されるの、結構いいもんだね〜
Y:「日本で大ニュースあったよ。」
R:「首相の辞任のこと?」
Y:「あんたTVないのになんで知ってるの?」
R:「だって昨日の夕刊紙に大きく載ってたし、今日ももう朝刊見た。」
と、このように、新聞大活躍

この無料新聞というのは、町の至るところに置いて
あったり、配布してくれたりする。
朝の通勤時のトラム内は、乗客ほぼ全員がいずれかの
新聞を手に読んでる光景が

朝3紙 「Bordeaux7」「Metro」「20」
夕方1紙 「Direct soir」の計4紙。

  

Bordeaux7:「Metro」「20」が国内各地で地方版発行され
          てる新聞である対して、「Bordeaux7」のみは
          ボルドーだけっぽい。

Metro    :一番お気に入り。数字や統計でうまく目を引く
          ようにしてあるし、読者の声もよく載せてあって
          わりと読みやすい。
          
20       :一番小さいこぶりちゃん20分で全ページが
          読めるというところから付いた名前らしい。
          
Direct soir:ゴシップ系。写真も異様にでかく、内容がない
         記事が多いし、なんだかつまらない・・・ので、
         手に入らない日でも別段困らない。

週末土日が休刊なのは別にわかるんやけど、バカンス期間
ずーっと休刊だったのには閉口した7月3日頃から8月28日頃まで、
ロ〜ングバカンス!!!!それを知らなかった私は、「もしや??」と
気づく7月下旬まで毎日毎日、各地配布場所へ通って、
探しまくっていた
新聞がバカンスとは夢にも思わず、「観光客が取ってしまうから
すぐなくなるんやろうか・・・」とか「発行部数が減ったから朝早く
行っても手に入らんのやろうか・・」
と、なんとも良心的な考えだった私
はっきり確信したのは、いきなりまた町中に新聞があふれはじめた
8月下旬。「やっぱり」と

ここ数日、日が暮れるのが早くなったわ〜

熱狂中継

September 12 [Wed], 2007, 4:07
ラグビーワールドカップが金曜日からフランス国内で
開催されていて、ボルドーも会場となるスタジアムがあり、
ホストシティーのひとつということで、賑やか賑やか

町を走るトラムもこんな感じ↓


トラムの駅も↓(ちなみに券売機まで!)


どう贔屓目にみても日本ではメジャーなスポーツとは
言えないラグビー。私の知識も神戸製鋼が有名というぐらい。。
しかし、イギリス、アイルランド、フランスでは
サッカー同様かなり熱狂的支持のあるスポーツらしい。

特にアイルランドはサッカーが強くないからか、ラグビーは
第一スポーツやと思う。去年滞在中、かなり影響受けた
家々の窓、車、オフィス街、どこでも地方チームの旗が
至るところにあり、試合当日は、巨大スクリーンのある
スポーツバー、パブがはちきれるほどパンパンの人人人だった。

そのアイルランドチームが、おとといの日曜日の試合と
今週土曜の試合のために、ボルドーに滞在中
去年応援してたRonan O'Gara選手と、Donncha
O'Callaghan選手は是非とも見たい!!
新聞に滞在ホテルと練習場所書いてたから(遠くないし)
行くかも・・・・・
ボルドーの町も、トラムの中も、市内に数件あるアイリッシュパブも
最近は観戦にきたアイリッシュと思われる人でいっぱい
(緑色の服だからすぐわかる。)


(←大会初日のフランス戦観戦の様子)

アイルランドのドンチャ選手
(すごい名前・・・)の親は、
なんと私が去年お世話になった
Corkの英語学校でホストファミリーとして
学生を受け入れているのだ
受付で働いていた時、彼のお母さんが
「いつもお世話になってます」と菓子折りと、
息子のグッズを持参して挨拶に来たときは、腰が抜けそうだった。
あまりに大きく、顔も選手にそっくりで!!

運良くドンチャんちにホームステイしていた、日本人学生
さんによると、ドンチャ選手は普段は実家暮らししてないらしいけど、
もちろん時々顔出して、何度も会って話したとのこと。
気さくな感じがすごいね〜

といっても、未だに私はルールがよくわからん。。。
得点の仕組みがよくわからず、結局勝った負けたしか
わからんので、人々の歓声にまったくついていけず
サッカーよりさらに相手選手との接触率が高いから?か、
とにかく応援が雄叫びと、汚いコトバ連発の熱狂的としかいいようがない。
初日、フランスは惜敗して、出鼻をくじかれた感じで
ちょっとかわいそうだった

ちなみに日本チームもボルドーで試合がある予定!
なので、市役所、観光案内所、レストラン、パブ、バーなど至るところで
日本の国旗も

(←観光案内所)

日本から応援に来るほど熱狂的なファンはいるのかな。
とりあえずみんなのお祭り騒ぎに乗って、一応
フランスとアイルランドチームを応援しようと思っているところ

アルカッションU

September 11 [Tue], 2007, 3:51
ヨーロッパ最大の砂丘、有名なピラ砂丘
(Dune du Pylat)紹介。
写真は6月に近くに住む友人宅へ行った時訪れた時
のもの


標高100m以上あるので、
上がるときはこんなに急な坂。
去年来たときは、海側(写真の反対側)
から砂丘を斜めに斜めに歩いてあがって
いったので、頂上に着くまで
そんなに高いとは気づかんかったけど、
さすがに階段をあがるのはかなり
息切れ


砂丘を囲むようにどこまでも広がる広大な松林、
目の前の青いアルカッション湾、
暑い日もひんやり柔らかくて気持ちいい砂、
高くそびえたつ巨大な砂丘
標高の高さが鳥取砂丘とは全く違うと思う。

   

土曜日のミニクルーズは、写真右手の湾を廻る
ツアーだった
パラグライダーやってる人もいっぱい

夏が過ぎていってしまうのはやっぱなんか寂しいな。。
日本はまだ暑いんかな?

最近はボルドー名所の写真を撮りまくり
ここで紹介したいというのもあるけど、冬に撮った名所の写真を
見ると、枯れ木に空もどんよりして、どう〜も暗い。

今年がそういう良くない天候なのかもしれんけど、
予想外にアイルランド並によく降る雨、暑い日の少ない夏を
経験して、「夏のうちに明るい写真を撮っておきたい!」
と。撮った写真を見ると、やっぱり緑が生い茂り、
空も透き通るばかりの真っ青で、冬の写真とは比べ
もんにならな出来なので、また近々少しづつ載せます

   
(↑みんなで残した思い出の手形)

アルカッション

September 09 [Sun], 2007, 21:05
好天が続き、この週末は27,8度になるということで、
最後かも?と思って、土曜日無理やり海へ泳ぎに今年2度目。
大西洋岸ではあるけど、前回のビーチより車で10分ほど北、
今回はArcachonアルカッションという国内で有名なリゾート地

アルカッションはボルドーから電車で約50分車で1時間半弱ぐらい
で、牡蠣と砂丘と高級住宅地+別荘地で知られた町で、
いつ来てもなんだかトロピカルな雰囲気



おいしくて新鮮な牡蠣がボルドーの市場に並び、魚介類
のダメなボルドーの人も牡蠣だけは好きという人が多いのも
アルカッションが近いおかげ。
巨大な砂丘は今回は行かんかったけど、前回行った時の写真は
次回紹介

まだまだ観光客はいっぱいで、海辺のホテル、カフェやレストランに
わんさか。リゾート地定番のでっかいカジノもこの通り



アルカッションは栓抜きのような形の大きな湾になっていて、
湾をめぐる約2時間のミニクルーズの出発時間に
ちょうどタイミングよく着いたというのもあるし、
去年乗りそこなったので今回こそは!と飛び乗った。

見渡す限りのクルーザー
  

「故ダイアナ妃とアルファイド氏か?」と自分の目を疑った
ほんまにゴージャスなバカンスがおびただしく目の前に。
とにかく半端な数じゃなく、やっぱりこの手のレジャーも
地元の人には普通らしい。


ミニクルーズのあと、ビーチで泳いだけど、
やっぱ海水は冷たかった・・・・
なんでこんなに冷たいの。
そして前回の大西洋とは違って
遠浅ではなかったなぁ。
周りの人みたいに、寝っころがってウトウト

さすがに今までトップレスの人を見たこと
がない私だったけど、今日見た
豪快なおばあちゃん!!
孫2人と楽しそうにはしゃいでるなぁと思ってたら、
陸にあがってきて、私の目も点
目の前をノシノシと通りすぎていった。すごい迫力!!
さすがにカメラを構えることはできんかった・・・・・。
(撮りたかったけど)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るみお
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Fumika
» again (2007年10月22日)
アイコン画像みどり
» maybe......... (2007年10月16日)
アイコン画像tomo
» maybe......... (2007年10月16日)
アイコン画像Rumi-tomo
» maybe......... (2007年10月16日)
アイコン画像tomo
» maybe......... (2007年10月15日)
アイコン画像Rumio
» again (2007年10月15日)
アイコン画像Yoonkyoung
» again (2007年10月12日)
アイコン画像match
» again (2007年10月09日)
アイコン画像ともりん
» again (2007年10月07日)
アイコン画像るみお→ともりん
» おいしいパテ (2007年09月28日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/r5u6m3y/index1_0.rdf