手術によってインプラントを埋め込

January 21 [Sat], 2017, 21:19
手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動(適度にしないと、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は控えることが望ましいです。



血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動(適度にしないと、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)になってしまったり、体力が衰えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聴き、再開時期を確認しておけばベターです。



1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。



口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンス(行う対象物によっては、それなりの専門技術が必要になることが多いです)は自分の歯より楽と思ったら大エラーです。



傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンス(行う対象物によっては、それなりの専門技術が必要になることが多いです)を受けることが必要です。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もまあまあ自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療をおこなえなくなる点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、一旦削ったところをさらに深く掘ることになるのです。それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。多彩な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果をみて、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、捜すことが必要です。
インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。



できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。



インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害するはたらきをします。

この治療ができるだけ早く終わってほしいと考えるなら、思い切って、治療が終わるまでの間は頑張って禁煙に励みましょう。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。



あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

年を追うごとに進化をつづけるインプラントの技術。近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっているんです。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。



高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とまあまあの手間がかかるためです。



あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかりすべての治療をとおした費用はまあまあの額になります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっているんです。


治療開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療がしゅうりょうしても定期的なメンテナンス(行う対象物によっては、それなりの専門技術が必要になることが多いです)を受けなければなりませんのでその都度、費用が掛かります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンス(行う対象物によっては、それなりの専門技術が必要になることが多いです)を受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみればいいでしょう。
標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。



これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。



周辺の歯に影響を与えたくないと願望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でまあまあ治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせない所以で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンス(行う対象物によっては、それなりの専門技術が必要になることが多いです)を忘れることはできません。



けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れません。



さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと言われるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと言われるものがあります。この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでまあまあの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みがつづくことはまずないでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる