13年ぶり連ドラ主演 脂乗った中谷美紀と渡部篤郎の

December 08 [Mon], 2014, 16:31
来年1月スタートのドラマ「ゴーストライター」(フジテレビ系)で、13年ぶりに連ドラに主演する女優の中谷美紀(38)。今作の役柄は、才能に限界を感じ、アシスタントのライター(水川あさみ)に“ゴースト”をさせている小説家。佐村河内守氏のゴーストライター騒動を彷彿させる内容で、中谷は役づくりに際し佐村河内氏の2時間35分もの謝罪会見を動画で全て見直したそう。「一度過ちを犯すと後戻りできない苦悩、そして最後まで本当の心情は分からないというところが参考になりました」と話している。役のイメージを膨らませ、髪もショートに切ったという。

 1976年、東京都出身。アイドルグループ「桜っ子クラブさくら組」出身で、モップ片手に「わぁキレイ」と歌い踊る日石のCMへの出演や、坂本龍一プロデュースの楽曲「砂の果実」をヒットさせた後、98年からの映画「リング」シリーズの高野舞役で脚光を浴びる。99年の「ケイゾク」でTVドラマ初主演後、映画「電車男」「嫌われ松子の一生」「ゼロの焦点」と話題作に出演、2011年には初舞台で1人3役をこなし、今年はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などで安定した演技力を見せている。

■自己プロデュースで地に足

 芸能ライターの話。
「篠原涼子や菅野美穂と並び、アイドルから女優に転身して成功したひとりです。日石のCM出演の頃、『この子は何もしなくていい』とマネジャーが言っていたのを覚えています。本人は目をキラキラさせていた。マネジャーの言葉は育てたり、売り出したりしなくても仕事は舞い込むというものですが、実際、彼女は好奇心旺盛というか、フットワークが軽く、自分で自分をプロデュースし、キャリアを築いていった印象です。20代でパリに長期滞在してフランス語を習得したり、インドひとり旅を本にしたり、海外での経験から日本文化の勉強の必要性を感じたといって、古美術や茶道、着物の研究までしている。いわゆる芸能人、タレントっぽさのない、地に足がついている感じがあります」

 私生活では俳優の渡部篤郎(46)との交際を報じられ、「事実婚」と芸能マスコミ関係者の間で囁かれている。

「『ケイゾク』での共演が出会い。渡部がRIKACOと結婚していた頃からの付き合いで、今は都内の中谷のマンションで同棲しているようです。酒豪の中谷は、渡部がオーナーの中目黒にあるレストランに通ってPRにも一役買っているそうです」(事情通)

 入籍も近そうだ