赤塚が谷田部憲昭

February 14 [Sun], 2016, 16:31
天候の良し悪しは、引っ越し作業に大きな影響があります。例えば、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、防水などは徹底してくれますから、荷物が傷む恐れはないはずですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから対策は立てておいた方が良いでしょう。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。実は自分の作品だったので、ショックは大きかったです。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に業者からレンタルできる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって梱包作業が大変スムーズになるでしょう。こういうケースがないと、普通のダンボールにたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを新居に運ぶようにします。少しずつでも時間をかけますので自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。これで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。こうすると、引っ越し費用は大きく削減できます。引っ越し作業についてですが運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、会社にもよるのですが、梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。そういうことであればなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。また、なんらかの事故が起こってしまった時に責任は作業をした業者にあるとして被害があった荷物の弁償をしてくれる場合もあります。生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、日常生活の細々したことを見直すことが必然ですが、漫然と支払っているNHK受信料も考えるきっかけになります。引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料を引き落としにしている場合は中止の手続きをして、NHKに解約手続きを申し込むことを面倒でもやってみましょう。引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器は数も多く、とても面倒です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、細心の注意を払って梱包しなければ運搬中に破損する危険性が高まります。。ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、最大限の注意を払って荷造りするようにすると破損の可能性はかなり低くなります。何かとお金がかかるのが引っ越しですが、頼んだ業者によって引っ越しの費用が異なってきます。ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を見付けたいですよね。必要な料金が少しくらい高い業者でも、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったオプションサービスを実施しているところもありますから、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりと付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。引っ越し業者の選択は難しいものです。これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。色々と比較してみたのですが、サカイさんが最も料金が安かったです。不安もあったのですが、従業員さんがとっても親切で優しかったので、その時の安心した気持ちがずっと残っています。これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電にはダメージを与えないようにしましょう。新居のためのインテリアとして購入した家具であったりする場合は、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して運びましょう。お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。引っ越しプランは人それぞれながら、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。でも、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、作業を、なるべく近くで見守りましょう。もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういった荷物の運搬中に落として壊したりしてしまった場合には、業者は、約款により補償を行わないといけません。ただし、傷は引っ越しによるもの、と自分でわかっておく必要があります。国民年金の人が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、変更する手続きをしないといけません。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場ですみやかに手続きを行います。必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。もし、本人が役場まで行けないのであれば、委任状と代理人がいれば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。業者を利用しないで、自分だけで引っ越し作業をしたい場合は荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで荷物を作るようにする、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、まずはダンボールです。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると作業をスムーズに進めることができるでしょう。不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、少し多めに準備しておきましょう。ダンボールはネット通販やホームセンターで購入できます。また、スーパーなどでもらってくることもできるのですが、業者が用意するダンボールを利用するのが業者にとっても積み込みがしやすいということもって、歓迎されるでしょう。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面は同一内容の引っ越しで比べても引っ越す時期によって決まります。人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと繁忙期で依頼が重なるため全国どこでも相場が高くなります。事情が許すのであればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できると費用もサービスもお得になります。閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。引っ越し会社の用意するプランは色々あります。梱包から運搬、開梱まで全てを任せるタイプの引っ越しを選ぶともちろん、サービス分お金がかかることになります。荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、そうしたニーズにあった単身向けのサービスがありますから、それを利用しましょう。それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大きく減らすことができますから、その分、新しい生活のため使うようにしましょう。先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、えっと思うようなことがありました。荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に特別な保険が必要だと言われたのです。引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、明らかに購入価格が30万円以上のため、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。これで良かったのかいまだによくわかりません。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも新しい環境に慣れるまで何かとお金が出ていくのでなるべく引っ越しそのものは安くあげたいと思うはずです。手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。割引サービスがある場合、その条件としていわゆる引っ越しシーズンを上手く外せばかなりお安くしてくれるので閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行なう必要があります。資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。手続きに必要なものは、印鑑と加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きをします。同じ市内での転居であっても転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。先日、無事引っ越しを終えました。準備で疲れてしまったのは確かです。転居前はマンション暮らしだったこともあって大きい荷物は業者任せにしました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、大きな荷物以外は今日はこれとノルマを決め、借りた台車に少しずつ積み、転居先に運びました。台車一台で、よくも運んだものです。思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。私は引っ越し先が新築だったので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、引っ越し先が新築でなければ今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。ですから、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら名の知れた大手を使うのが少なくとも、失敗はしないでしょう。実際の会社名を挙げるとするなら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。世間でよく知られている大手、ということは、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。社員教育もしっかりしている場合が多いですし、効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、次はぜひ簡単に、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、遅すぎる場合は後から忙しくなってしまいます。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず片付けていけばきっと間違いはないでしょう。部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。ただ賃貸住宅の場合、退去時に、物件を管理する人を探してエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと問い合わせてみましょう。部屋の管理をする側としては、エアコン付の物件を次の入居者に用意できるわけですし、そのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。こういった場合ですとその分、工事費用がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。しかし、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変な作業を長時間続けてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと各人に千円ほどを気持ちとしてお渡ししています。でもふと、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。荷物の量や移動距離の違いで引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?引っ越しにかけるお金を節約するために、まずは色々と情報を集めて目安として相場を分かっておくことが必要になります。こうして、業者の見積もりを比較検討した上で、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのがおススメです。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が要因でしょう。多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にすることもありますが、様々な手続きが複雑でややこしいことが指摘できるようです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。作業だけで一日終わってしまうでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことはできるだけやっておいてください。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは忘れずにやっておいて、当日使うことが予想される荷物は、他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすくしておくことも大事です。この間の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、あとのものは自分たちで運びました。ものの移動だけ終わらせて、市役所に転入届を出しに行きました。いろいろなハプニングもありましたが、誰かがどこかで助けてくれて感謝の一言です。挨拶まわりもしてきました。荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠馬
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r3jearsitduces/index1_0.rdf