薬剤師のアルバイトだったら…。

April 20 [Mon], 2015, 15:42


1月過ぎというのは、薬剤師については、賞与後には転職しようと思って行動を始める方や、新年度の4月に決めて、転職の予定を立てる方の数が増える頃であります。

薬剤師の夜間アルバイトだと、どんな職場があるかと言えば、最近多いのはドラッグストアみたいですね。深夜まで営業中の店が各地にあるためだと思います。

大学病院に勤めている個々の薬剤師の年収が安い事は確か。そうであっても、この仕事をする意味は、別の現場だったらまずできないような体験もいっぱいできるからといえます。

病院で職務に当たっている薬剤師なら、患者さんへの服薬に関する指導以外にも薬歴の管理業務、お店に勤めるならば在庫管理と管理のシステム、会計管理業務とそのシステムというスキルも必須なのです。

医療分業によって、調剤薬局の店舗の数というのは、コンビニの数よりさらに多いようです。調剤薬局事務での技能に関しては地域による差がないと言えるので、再就職をしようというときも生涯の技能として活用することができます。



薬剤師のアルバイトだったら、それ以外のアルバイトと比較すると、アルバイト代は想像以上に高額になります。平均時給にすると、薬剤師アルバイトは2千円近い額とのことですから、なかなかいいアルバイトでしょう。

ドラッグストア関係に関しては、薬剤師さんに向けての採用枠に関してはまだまだあります。関心を引かれたのなら、ネットで募集案件情報も検索しておきましょうね。

正社員またはパートやアルバイト等、自分が望む雇用形態を規定して検索をかけることも可能であり、ハローワークについての薬剤師求人に関しても同時に探すことができます。未経験でも大丈夫な職場、給与や年収から調べてみることも可能です。

説明を簡単にすると、調剤薬局における事務は「薬剤分野」これだけを網羅すれば大丈夫なので、難関でもなく、プレッシャーも少なくチャレンジしやすいと、注目度の高い資格です。

以前のように障害なく転職を成功させられるとはいかないので、最初に何について最優先にしていくべきかについて検討をして、薬剤師の転職という場面においても抜け目なくことに当たる事が重要です。



ドラッグストアでの仕事で経験値を上げ、独立をかなえお店を構える。商品開発に関わるエージェントという選択をして、企業との契約で高額な報酬を得る、というキャリアプランを作っていくことももちろん可能です。

せっかく薬剤師免許があるから職場に戻りたい。と言っても、正社員になって仕事に出る職場は無理。そういった場合に検討してほしい仕事が、パートやアルバイトの薬剤師ですね。

ドラッグストアに勤めてスキルを重ね、その先は独立して店舗を構える。商品開発を手伝うエージェントを選び、企業との契約で高額報酬にもっていく、などのキャリアプランを練る事も無理ではありません。

相当な思いで得た知識或いは技能を無駄にするようなことなく、転職後も薬剤師が保持している資格を役立てられるように、労働条件を改善していくことが常々求められてきています。

医療分業化の影響により、調剤薬局の店舗の数というのは、コンビニの店舗数を上回っているということらしいです。調剤薬局の事務に必要な技能というものについては全国で共通のため、再就職の際など永遠の仕事の技能として役に立てることができます。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r2z6itk
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r2z6itk/index1_0.rdf