株主優待

【奥播磨】きもと純米「誠保」ひやおろし火入 720ml

  • 2010.06.23 [Wed] 18:52
【奥播磨】きもと純米「誠保」ひやおろし火入 720ml


【奥播磨】きもと純米「誠保」ひやおろし火入 720ml


価格: 1,523円


販売元: 荒井酒店




[蔵 元]下村酒造[区 分]きもと純米酒[産 地]兵庫県[原 料]米(精米55%)、米麹兵庫県産「夢錦」100%、多酸酵母使用[AL度]18度[備 考] [保存方法]冷暗所にて保存下さい生もと、生酉元先人への誠を貫き、伝統を保つ奥播磨のきもと純米ひやおろし 「山廃の奥播磨」が数年前から密かにチャレンジしていた『きもと造り』による純米酒「誠保」(じょうほ)が、蔵元で秋までじっくり寝かせた「ひやおろし」として再登場です。 心持ち熱めの燗で、腰の据わった酸味と複雑な味わいをお楽しみ下さい。






「久保田・萬寿」「八海山・純米吟醸」720mlセット【お急ぎOK】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

  • 2010.06.22 [Tue] 17:30
「久保田・萬寿」「八海山・純米吟醸」720mlセット【お急ぎOK】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】


「久保田・萬寿」「八海山・純米吟醸」720mlセット【お急ぎOK】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】


価格: 7,329円


販売元: 地酒の加登屋




ギフト対応に関してのご説明です。クリックしてご確認下さい。 ギフト対応 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 銘酒「久保田・萬寿(純米大吟醸)」「八海山・純米吟醸」720mlセットを「超!お買い得価格」でご用意させていただきました。お世話になってるあの方へ是非どうぞ。\(^o^)/店舗へはコチラからどうぞ!掲載 地酒 460点 !!銘酒「久保田」はこちら数に限りがございます、お急ぎくださいませ。★現在、ご注文後 → 2営業日以内に『発送』できます。あの方へ・・感謝を込めて・・この銘酒!






これぞ最高級の大吟醸墨廼江 600K 大吟醸原酒1800ml【限定品】【大吟醸酒】

  • 2010.06.21 [Mon] 19:50
これぞ最高級の大吟醸墨廼江 600K 大吟醸原酒1800ml【限定品】【大吟醸酒】


これぞ最高級の大吟醸墨廼江 600K 大吟醸原酒1800ml【限定品】【大吟醸酒】


価格: 6,700円


販売元: 旨い地酒&焼酎 「酒味の店」




こちらはクール便(別途210円)でお届けいたします。 墨廼江 大吟醸原酒600-K 1800ml 墨廼江酒造株式会社 【大吟醸酒】 【600Kg仕込み】【冷や】 日本酒度+4酸度1.3原料米特A山田錦精米歩合40%使用酵母宮城酵母 ●ひとことメモ・・・・・ 墨廼江の技術を集結し総米600Kgで仕込んだ大吟醸。気品ある香りと奥深い味わいを御堪能ください。 ◆オススメの飲み頃(温度) 【花冷え・・・・10度程度】【雪冷え・・・・ 5度程度】 【fathersday_2009】 墨廼江酒造株式会社「墨廼江」 太平洋と北上川の接する河口に開けた町 “石巻”は、その昔伊達藩の米の積出港として栄え、また千石船が多数往来する海路交通の拠点地でした。現在では東北きっての漁獲高を誇る港町として有名な所です。その北上川西岸地区一帯は江戸時代、墨廼江町と呼ばれており北上川支流の墨廼江川が流れ、水の神様を祭った墨廼江神社がありました。澤口家の初代・澤口清治郎は、仙台・河原町の旧家で呉服反物問屋と造り酒屋を兼営する『泉屋』に生まれ、成人すると米の積出港として栄えていた石巻にその息子・安治と共にやって来ました。そして『泉屋』より分けてもらった財産を資金に海産物問屋と穀物問屋を始めるに至りました。その後、若くして他界した父に代わり事業を継いだ二代目・安治がどんどん事業を拡大していき、海産物問屋としては、三陸漁業権の七割を確保し、また本場静岡焼津より職人を呼び寄せて、石巻では初めて鰹節を製造し、ラッコ船にまで手を広げていきました。当時、墨廼江には、その地名“墨廼江”をそのまま酒名にして酒造りを行っていた井上家という商家がありました。初代・清治郎の代より井上家に酒米を納入していたご縁もあって、造り酒屋を譲り受けて創業いたしました。1845年弘化二年のことでした。ただ酒造りの方はあくまでも副業的な存在で事業の柱は海産物問屋、穀物問屋だったようです。酒造りが本業になったのは三代目・清治郎の時代と言われております。その後四代目・安五郎、五代目・安右衛門と酒造り一筋に専念し、現社長・康 紀が平成11年10月に六代目に就任するに至っております。 今後も、酒造りの心と技を後世に伝え、伝統産業の新たなる創造と発展の為、一生懸命努力している蔵元です。 墨廼江の酒造り 宮城県の酒造りは全国でも高級酒の生産比率が高いのが特徴です。 具体的に申しますと、“吟醸酒・純米酒・本醸造酒”と呼ばれる特定名称酒の生産比率が全国随一の水準にあります。弊社墨廼江でも造りの8割強がこの特定名称酒の造りになっております。また墨廼江で使用する原料米は、兵庫県産・山田錦、福井県産・五百万石、秋田県産・吟の精、宮城県産・蔵の華、広島県産・八反錦、岡山県産・雄町等をその酒ごとに使い分け、北上川の伏流水と宮城県酵母を駆使して、全社員一力となっての丁寧な酒造りを行なっております。“綺麗” で “柔らかく” “気品” ある理想の酒を造り、一人でも多くのお客様に感動と安らぎを提供していく事が出来ればという考えのもとに酒造りに取り組まれております。






〆張鶴 月 本醸造 1800

  • 2010.06.20 [Sun] 18:29
〆張鶴 月 本醸造 1800


〆張鶴 月 本醸造 1800


価格: 2,450円


販売元: 地酒ワタナベ




〆張鶴の定番酒、月、本醸造1800です、飲み飽きしないお酒です! 原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 酵母 アルコール分 保管方法 % % 要冷蔵






19BY奧播磨 誠保 生もと純米生原酒 1800ml

  • 2010.06.19 [Sat] 18:53
19BY奧播磨 誠保 生もと純米生原酒 1800ml


19BY奧播磨 誠保 生もと純米生原酒 1800ml


価格: 3,045円


販売元: おおさかや




熟成用にたっぷりと仕込みました。お奨めです。19BYから生もと純米が誠保(じょうほ)という名前で発売になりました。本来奥播磨といえば山廃の代名詞のような蔵で、生もと仕込みの一歩手前からの作業をずっとやっていました。したがって生もとはどの蔵よりも身近にあったはずでが、蔵人にとってはその一歩前の作業がじつに過酷であり、また蔵元にとっては時間とコストが大変で、日本酒業界では山廃へそして速醸へと主流が移ってきた経緯があります。今後は生もとを徐々に増やしていく方針だそうですから、これは経営的な決断以外に蔵人間の熱い志での合意が形成されたということだと思います。ということですから奥播磨ファンにとってはちょっと見逃す訳にはまいりません。とてもおいしいです。