数が交渉の際に優先される薬剤師会「容易ではない

June 01 [Wed], 2016, 12:50

ジョーヤンヨン委員長「十分な根拠に薬局経営難強調 ""

来年度暮らし向きを計ることができ、交渉の最初の走者に大韓薬剤師会が出たが、表情が尋常ではない。薬局の数が減るなど、最悪の景気後退を乗り切る機会にすることができた印象を楽しみにして国民健康保険公団と第1回交渉を行ったが、「容易ではない」という判断である。

薬剤師会兆ヤンヨン保険委員長は17日、公団と一時間が過ぎても、1次の数が交渉を行ったが、「今年もまた容易ではないようだ」と口を開きながら「それでも薬局の困難な状況を十分な材料を持って説明した」と述べた。

薬剤師会_公団_1次交渉

ジョーヤンヨン委員長は、「1回交渉で公団は、私たちの説明は聞く立場だった」とし「健康保険が最大の黒字ではあるが、国家的に財政管理を厳格にする雰囲気のためにすることができ調整が思ったより容易ではないだろう」と見通しした。

しかし、薬剤師会は、これまで主張してきた人件費の上昇とカード手数料の負担などの薬局だけの問題点を根拠資料として提示しながら公団に薬局の厳しい経営状況をアピールした。

ジョー委員長は「6年制OTCを優先して行う薬剤師が排出され、人件費が多く上昇して薬局経営圧迫要因となっており、カードの使用頻度が増え、手数料の増加の問題も説明した」とし「これまでの数が交渉で1位という成績は表面のみ明らかになった華やかな姿であるだけ、実際の診療費の増加率では、薬局が組むか」と説明した。

続いて、「まだ公開することができませんが、薬局が医療保険財政削減に寄与することができる方法で準備しておいた戦略がある」とし「部隊の合意とは別に薬局の交渉で十分と主張するものであり、以下の交渉で公団の意見を聞く予定だ」とと述べた。

OTC薬剤師会は、今回の交渉を開始して来る24日午後3時30分に2回目の交渉に乗り出す。

一方、薬剤師会に続いて、今日(17日)午後の病院協会と大韓医師協会が相次いで工業団地との第1回交渉を進めている。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いふげけんぜぜて
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r1km3bj13fhrmg/index1_0.rdf