いらっしゃいませ。ココは、片岡百萬両と西谷修一の2人がやってるお笑いユニット『百萬両ジェントルマン』の公式プログです。たまにビックリニュース更新。手を抜き気を張り更新中。片岡の日記はもう日記とかじゃないよ!西谷なかなか書かないし! たまたまこのページ見つけたアナタ〜ようこそ!もしよかったら日記の下あたりのコメントをクリックして足跡残して行ってみませんか。片岡と西谷は大歓迎です。 現在活動休止中に思われますがちゃんとやってます。どうか忘れないで。

自己紹介
やったー!
 左が百萬両で右がジェントルマン。
月により
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r1000000boy
読者になる
Yapme!一覧
夢日記はじめました。 / 2016年01月03日(日)
悪夢ばかり見てうなされっぱなしで。

ほら、夢って起きた瞬間は覚えてるけど、すぐ忘れちゃったりするじゃないですか。
いろんなヒントになるのではと、夢日記をつけはじめました。

自分自身では悪夢と思ってても、知り合いに話すと悪夢ってわけでもないそうなんですが、夢見てる時に、「ああ、これ夢だわぁ」って気づかない自分としては、どれだけおかしくても完全に現実のものと信じ込んじゃって気持ち入りまくるんですよね。結果寝起きは、汗だくだったり、泣いてたり、筋肉痛だったり。

ごそごそと動き始めましたので、デスクワークも増えてきたりしてます。
また劇場でお会いしましょう!
 
   
Posted at 21:08 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
新年のご挨拶2016。 / 2016年01月01日(金)
はじまりましたね。2016年。
皆様にとっても良い一年になりますように。もちろん自分にとってもですが。


相変わらず、マヨネーズと海老と蟹が食べられない僕ですが。今年からは大きく動きまするぞ。

そんなわけでコーヒーを飲み干して、正月から山いってきます!!


日付が変わって間もなく、毎年、欠かさず足を運んでいる神社で初詣をしてまいりました。架け橋を渡って、斜めになった石畳の階段を登って辿り着くその神社が、メジャー感はないのだけど、しかしひっそりとしたわけでもなく、人もたくさんいて、巫女さんも頑張っていて、良い感じにヤンキーもいて、警官もいて、地元の寄り合いのテントでお神酒を振る舞ってくれたり焼きそばを焼いていたり。かといってお祭り騒ぎというわけでもなく。そんな丁度いい感じのその神社が、妙に心地が良くて、自然と毎年足を運んでいるのであります。おみくじを引いて、頼りない明かりで目を通して、出店を見て歩いて、なにを買うわけでもなく、なにで遊ぶわけでもなく、とぼとぼ歩いてまた架け橋を渡って、缶コーヒーを一本買う。そんな自分にとって自然とお決まりとなった初詣。
今までと違う点は、今年は、その神社のお守りを手に帰って来た事。

同じようでも、ちょっと違う。


そのようなわけで、今年もどうぞ、僕と、今年誕生する「片岡自動車工業」をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
   
Posted at 07:02 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
2015年最後の記事。 / 2015年12月31日(木)
今年は、インプットの年にしました。

抱えていた色んなもやもやをスッとさせたり、新しくスタートする為の準備期間として。たくさんの方に応援をいただいてとてもとても励みになりました。スッとしなかったことについては、都度、解決していきます。直接対決で。

とは言いつつもやっぱり作品で物申したい。てなことで、もちろん甘えるし頼っちゃうんだろうけど、エンターテイメントのなんたるかを舞台でもっともっと発揮していきたい。頭はクールに、心はホットに!
ぜひ、応援していただければ幸いです!
すでに応援のメッセージをたくさんいただいていて、勇気をたくさんもらってます。


そして、一年以上もずっとずっと支え続けてくれた人に心からお礼を言いたくもあります。
ありがとう!
※私信でもうしわけない。



なんでもかんでも、一人だけで、なかったことにはできないぜ。
あったことを、なかったことにはできないんだぜ。
自分はそこに関しては嘘をついたこともないし、この先もそうじゃない。
いいことも、そうじゃないことも、全部ひっくるめて、ちゃんと自分に嘘付かずに正々堂々としてるやつが好きです。

悲しい事も多いけど、よくみれば足元とかそこかしこに、ほら、それ以上の楽しい事で溢れかえってるんじゃないかね!

皆様に来年も最高のHAPPYが訪れますように!
よいお年を!
 
   
Posted at 03:27 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
満月動物園「ツキノヒカリ」終了の事。 / 2015年12月27日(日)
満月動物園「ツキノヒカリ」全公演終了いたしました。ありがとうございました。

気持ちの込め方を工夫して変えて試して、リラックスの有り様と言いますか、舞台に立つにはしっかり力んで臨むんやで!みたいなそういうのとは、全然違ったテンションの掛け方が要求されるような作品だったのかもしれないなぁ。

ベタな言い方をすれば愛に溢れた現場であって、作品そのものも愛で溢れかえった挙句の物語。僕は少し歳をとって、いろんな景色がちょっと見えるようになってきたけど、座組みにおいて、自分はどうあるべきか、みたいな事とかも考えてみたり、こんなにも愛で溢れてるんだから、むしろ愛を雑に扱っちゃうくらいがいいんじゃないのか、みたいな事も考えてみたり。

現場に入るまで、通し稽古の回数が半端なかった。そもそも稽古スケジュールの時点で「なんやこれ!」って思うくらい多かったんですが、そういう稽古日程が出た時に、どうしても欲張りな自分は、何回失敗できるか、に挑戦したくなってみたりもして、演出の戒田さんや、相棒役死神演じる河上さんにはさぞご迷惑をおかけした事だろうと、心の中で詫びながら稽古に勤しんでおりましたが、よくこんな暴挙に出る役者を見続けてくれるものだなぁと思います。チャレンジし続けてもし続けても、正解っていうのにたどり着けないから、演劇という世界に居続けているんだなぁと再確認させられた事もありました。

演出に、何回「それなしで」と言われた事かぁ!
それを受けて喜ぶ自分もいい感じに狂ってると思いますけど。

悲しみにまみれた内容なだけに、稽古以外の時間はなるべく楽しく。
という演出の大きなスローガンががっちりマッチした公演で、エンターテイメント脳の自分は、この演出のハマり方が見事過ぎてかぶってもないのに脱帽の気持ちでいっぱいでした。


思うようにならない体を突かれる事も、心が緩むような気にもなったり。とにかく関わらせていただいて本当に誉な公演でした。ありがとうございます。



さて。
いよいよ告知スタートいたしましたが、新ユニットを立ち上げます。
ユニット言うても当面は一人なんですけどね。
ユニット名は、片岡自動車工業。
第一回公演は「ゼクシーナンシーモーニングララバイ」
出演者は来年1月に発表いたしまする。
劇場はインディペンデントシアター2nd。

演目自体はミジンコターボ時代に上演したものなんですけど、もっと見てもらいたかったり、自分自身のスタートラインとするには相応しい演目だなぁと思ったりもいたしまして。かれこれ4ヶ月くらい改訂し続けています。

ちょっとだけ雑談とすると、劇団はもうちょっと続ける気持ちでいたので、次回作品の内容まで考えてたりして、ショートショートなんですけどね、「面白劇団解散公演」っていう演目考えてたんですけど、本当に解散しちゃったもんで、出すに出せなくなったといいますか。笑い事じゃありませんね!
自虐にならない風潮や時代になったらそれも上演したいな、とか考えておりますが、まだもう少し先かもしれません。

生傷から瘡蓋みたいな感じ。
そういえばクリスマスでしたね!
そしてもうなんだかんだいって年越しですね!

皆様、よい年越しを!

また書きます。
更新頻度はあがってまりまぁす!
 
   
Posted at 15:29 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
ちょこちょこと。 / 2015年12月07日(月)
満月動物園さんの稽古稽古。終わってみればくったくたになっている。
充実の日々です。こんばんわ。どうもー。


数日前に心に染み渡るような出来事があったので、自分用にメモのような、そんな記事になるかも。



ずいぶんな時間が空いても、誠意というものを感じる事がたくさんあって、こんな気温の低い日だってのに、心は温まったりした。そんな風に接してくれる方がいるなら、もうちょっとの間、悪者に身をやつしてもいいんじゃないかと思った一日でした。


満月動物園さんの稽古は、個人的な課題は山積みなんだけど、進んでいる。もがくって言葉はあんまり相応しくないけれども、演出の戒田さんを中心に、輪郭も骨格も、肉づけも日々成長している気がします。

圧巻なのは、河上さん横田さん西原さん。女優の凄まじさというか繊細さというか、すごみを肌で感じる日々。自分なりの全力を以って、共鳴したり反発したり、どんどんしていきたい。

新作なので、もちろんドキドキしますが、こういう緊張感を、しっかり楽しんでいきたいと思ったような寒空。
また書きましょう!
 
   
Posted at 03:37 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
別にええねんけど。 / 2015年12月05日(土)
唐突なカミングアウト。

有り体に言って。
正体不明がまかり通ってしまうこのネット時代に、ある種のアレルギーのようなものを感じて、呟きであったり、その他、ありとあらゆるSNSであったり、そういうものから目を背けるような時間を過ごしておりました。
……それをネットで書くのも矛盾しているような気もするんだけど。

プライバシーだったり匿名だったり発言の平等性であったり、一昔では「卑怯」と言われても仕方のなかったような事柄が、なんだったら正義と勘違いされがちな現代社会の風潮には、発言に一切の責任が伴わないおかげで、暴力的、攻撃的ともとれる言動や書き込みが飛び交っていて、もはや暗黒時代とすら感じる今日この頃で。

こんなんじゃ、被害者と思い込んだ加害者が、新たな被害者と加害者を生むというような悲しい連鎖は留まるところを知らないんじゃないかなぁ。


個人的に、匿名の一番都合いいところは、言いっ放しに出来るって事だと思っていて。
それを受け取った者が、どんな気持ちになるのかというところに考えてが及んでいない浅はかさと言うか、仮に考えが及んでいたとしても、相手を傷つけてやろうとか、説教してやろうとか、詫びをよこせ、を、一方通行でやっちゃえる事に、「思いやり」とは全く逆方向のベクトルを感じざるをえない。


そんなもんはどこまで行ったって、行き着く先は虚しさしかないと思うんだけどな。




今夜はそんな事を考えながら、BGMはTHE BLUE HEARTS。色々蘇る。


ではまた。
ごきげんよう。
 
   
Posted at 03:23 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(1) / トラックバック(0)
満月動物園さんに出演します的な日記。 / 2015年11月16日(月)
ずいぶんご無沙汰の記事になります。前回の日記が2月でした。どれだけあいとるねん、言う話ですが。

ちまたでどうもレアキャラ化しつつあるらしく、久々に連絡を取った演劇の知人から「死にかけたって聞いたけど大丈夫?」と言われちゃいました。……ええ、まぁ、前回の日記から今回までの間で手術台には乗せられました。局部麻酔で先生に「頑張りましょうね」って言われたんですが、そんなもん手術する人間に対してお医者さんはお決まりの文句なんだろうとタカをくくっていたところ、身体的にも精神的にも結構頑張らなきゃいけないようなオペで、心構をしておくべきだと、手術台の上で思い直しました。オペは無事成功だそうです。
やや、いつか明確に事の顛末をお知らせできればいいなと思いますが、まだまだ油断ならない状況だそうなので、追い追い、という事で。

現在邁進中の稽古は、今年最後のステージとなる満月動物園さんの観覧車シリーズの最終章の作品です。

この記事を書いている今日、初通しでした。本番一月以上前に通し稽古が出来る環境っていうのはなかなかないので、今日の手応えや反省は、糧として本番までの道標にしたいなと思っています。

そして気がつけば、ミジンコターボ時代、絶大な信頼を寄せていた川端優紀との初共演作品にもなります。案外、外部では共演してなかったもので。役者として稽古をしている彼女の姿を見ると少しだけタイムスリップしたような感覚に陥ったりもします。ぜひ見にいらしてください。

戒田さんの演出はやっぱり鋭くて、共演する女優さん達の姿勢も光ってて、とてもいい現場だと思っています。演出と役者の関係性ってこうじゃないとなぁみたいに思ったり、稽古と稽古の間の休憩中のささやかな会話も舞台に乗るんだなぁと思いながら過ごさせてもらっています。たくさんたくさん無駄な事をしようと改めて思ったり。

理不尽な事が多いと思う中、それでも現場で血を通わせる事ができるのはありがたい限りです。



先日、もうこんな呼び方はできないけれども、永井君と二人でお茶をして。
永井君はやっぱり永井君のままで、これまでも何度か二人でお茶してたんですけど、いつも通り話に花が咲いたり、おやおや、そんな事を当たり前だと思っていた数年前の自分に、すべての事は当たり前なんかじゃないんだから、しっかり向き合いなさいよって思いながら悦びを噛みしめてました。ありがとう永井君。


自分は、自分の持つ物差しというかモラルというか価値観というべきか。これだけは曲げてなるものかっていうのが昔からあって、人と触れ合う事によって、それは揺れたりもするし、変化した自分も楽しんでいけたらなとも思うけど、ここだけは!って部分は絶対にあるんだから、それを信じて胸を張ってたいですね。

では、まだ書きます!
 
   
Posted at 03:34 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
はがゆさ。 / 2015年02月18日(水)
公演、無事終了しました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。自分なりに色々闘った公演でした。勉強にもなりました。

芝居を愛している事と、いい作品を打つと言う事は、すごくすごく遠い事だと再確認できました。

所帯や座組が大きくなればなるほど、責任や、あらゆる部門への負担は、どうしても大きくなるし、人事を尽くす事の大切さと心意気はまた別のおはなしでもあると思いました。

ハテナが飛び交う場面もたくさんあって、自分には反面教師にするしかないとは思いつつ、上原日呂という人物が本当によく持ちこたえてくれたなぁとつくづく感じました。自分が劇団時代、どうしても客観視できないような時、助けてくれたのは上原日呂で、アドバイスもたくさんくれたし、叱咤激励ももらいました。そうやって日呂さんだけでなく色んな人に成長させてもらってきたのに、自分はもしかしたら、その反対ができていなかったんじゃないかとも思い、色々振り返ったりもする中で、手を差し伸べる事が、救いになるとは限らず、自分の周りには「怒ってくれる人」「ピンチを知らせる人」「チャンスをもらたす人」が、たくさんいたんだと感慨深くもなりまして、今回の現場にいたっては、主宰者のまわりの環境が決してよくはなかったのだとも感じました。これ以上、言わないでっていうオーラが出てるのもあまりよくないんですが、そこを突き破って意見を出せるような間柄の人間関係を築く事はとても大切な事でもあったりしますね。

バラシの時、衣装の積み降ろしで車で運搬してたんですが、一仕事終えて劇場に戻ると、キャストは2名だけになっていて、打ち上げもなく流れ解散になっていたのが非常にまずいことだと感じました。

酒を飲みたいわけでもないし、演劇の議論をしたいわけでもないし、騒ぎたいわけでもないんだけど、区切りとして、今回の座組の中で次の仕事に繋げていけるチャンスが、打ち上げのそこにはあるわけで、そのチャンスを根っこから切り落とされたような感覚。社交辞令というか、ビジネスの場でもあったりしますからね。その場を不必要と判断したなら、その現場からは人もおのずと遠ざかっていくんじゃないでしょうか。成長すればするほど、作品だけ良ければいいなんて、ますます絵空事ですから。「お疲れさまでした」と言えなかった公演は、終わった気もしないし、これはじめてだったんじゃないかな。とにかく辛かったな。

昨年は、関わらせて頂いた公演は全部、人脈をとても大切にする人たちの公演ばかりでした。幸せな事だ。そうでないような公演に関わった場合に、自分はどうするべきか、もっと考える必要があるかもしれません。もはや感謝や愛しているという言葉でさえ奇麗事に聞こえてしまったら、それはきっと、心が壊れる寸前だったのかもしれないな。ただ、今の感覚は大事にしたいです。

ありがとうございました。
 
   
Posted at 04:06 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
0から! / 2015年02月12日(木)
0から始まった事が1になって、100にも200にもなって、いつの間にか、その数がプレッシャーや守らなきゃいけないものだって思い込んでしまっていた。間違っていないんだろうけど、それに捕われるばかりでは、先はないんだなぁと思った。

自分は0に戻って、それこそ、どこまでいけるか、やってみたいと思いました。


浮遊許可証は劇場入りしています。
良い座組だと思う。俳優陣に至っては心躍る方ばかり。ところが必ずしも「良い座組=良い作品」とはならない場合がある。少しでも良いモノをお届けできるように、役者の役割からはみ出してみようかどうかとも思ってます。悩む時間はこれでおしまい!
 
   
Posted at 17:35 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(3) / トラックバック(0)
ガンバレ。 / 2015年02月10日(火)
毎日、心が忙しい。浮遊許可証「君はあかつきの星」の稽古稽古の毎日です。なんとも忘れられない日々を過ごしているような感覚です。

今日(昨日2月9日)は、共同演出でもある上原日呂の誕生日だった。真利亜さんの提案でサプライズを決行する事になりまして、ケーキを用意したり、取り皿やフォークを用意したり、みんなであれこれ分担作業。喜んだ顔が見れてとても嬉しかった気もする。とにかくおめでとう。知り合って10年以上も経って、誕生日をお祝い出来る事はすごく素敵なことだと思った。

浮遊許可証の稽古ははじめましての方もたくさんいて、だからこそ面白い要素もあるけど、それに伴うリスクのようなものもある。チャレンジと無謀の違いもわかった。やみくもってこともわかった。

座組はこれまでになく大所帯。しかも共演者の皆さんは全員頭がキレる。もっと愚か者になれればいいのにとも思う。鈍感力も必要なのかもしれない。正解がない世界に身を窶しているんだからこそ、迷う事も当然だと思う。効率ばかりを追い求めるのは愚かな世界なのかもしれない。人はみんな、経験を得て成長するんだと思う。昨年末に出演させていただいたばかりの満月動物園さんの公演で痛感したばかりの事だ。全部血肉になっている。

座組がいいものをお客様に届けようと必死に足掻いている姿は、例え修羅場であろうとも、美しいと思う。


「今できることってなんなんだろうね、俺、こんなんで。」
っていう台詞を昨年、ある作品で頂いたんです。
「ああー神様ー!」
っていう台詞を昨年、別の作品で頂いたんです。
「うわー、おもしろいー!」
っていう台詞でさえ、頂きました。
「自分の物差しで計るんじゃない!」
っていう台詞は、自分で生み出しました。

全部全部、今、自分への自問自答に還ってきている。そんな状態。




自分が行き詰まってて、迷ってて、悩んでて、どうにかしたいのにどうにもなんなくて、それでもやっぱり、突破口になれるのは、自分自身なのかもしれない。青臭いけど。


やさしさだけじゃ 人は愛せないから
ああ なぐさめてあげられない
期待はずれの 言葉を言う時に
心の中では ガンバレって言っている
聞こえてほしい あなたにも
ガンバレ!

THE BLUE HEARTS 「人にやさしく」 より
 
   
Posted at 06:09 / 片岡百萬両の普通日記 / この記事のURL
コメント(0) / トラックバック(0)
P R
2016年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
コメントとか
アイコン画像r1000000boy
0から! (2015年12月05日)
アイコン画像ほらふき王女
0から! (2015年11月29日)
アイコン画像ほらふき王女
0から! (2015年03月31日)
アイコン画像片岡百萬両
近況。 (2015年01月16日)
アイコン画像ほらふき王女
近況。 (2014年12月15日)
アイコン画像jinthony
漫画の話と母の入院。 (2014年11月30日)
アイコン画像r1000000boy
決意とかなんとか。 (2013年12月12日)
アイコン画像シズエ
決意とかなんとか。 (2013年12月07日)
アイコン画像片岡百萬両
準備。 (2013年03月25日)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!