ハセジュンで更紗リュウキン

January 15 [Sun], 2017, 17:59
妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)が健やかに成長するように、妊娠中の方は持ちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみて頂戴ね。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。ですが、いろんな問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをお勧めしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意して頂戴。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろのご飯に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸はいろんな食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)が神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。持ちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることがポイントなんです。葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠前から妊娠初期の期間は、普段のご飯以外に、サプリによって摂取するのが良いでしょう。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意して頂戴。葉酸を効率よくはたらかせるためにも、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。ご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大空
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる