みかしーでキベリタテハ

October 13 [Thu], 2016, 0:24
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というのが大まかなプロセスです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は他の歯科治療と比べても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが負担が大きくなる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくら
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる